乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


『乳ガンのQandAコーナー』では、乳ガンや乳腺の疾患に関する質問を募集しています。
皆様からの質問に、日本乳癌学会専門医、指導医の田澤篤先生が回答をしております。
皆様が質問する事で、同様の悩みを持つ「全国の他の誰かの疑問を解決するかもしれません。」質問は下記のフォームから送ってください。
当ホームページにて回答をいたします。
よろしくお願いいたします。

【お問い合わせフォーム】
乳がんや乳腺の疾患に関する質問は、こちらをクリックしてください。


***再質問(2回目以降の質問)の方***
「再質問」をされる方は、
原則として、1週間程度空けてから質問をしてください。


また、前回の回答が公開されているページの
「管理番号」を必ず入力してください。

 
 

***脇のしこりが気になる方***

まず、管理番号4917を見てください。
管理番号4917「右脇のしこり」(女性:40歳)
それでも、本当に「脇のシコリ」が気になるのであれば、「それからQ」しましょう。
 

○5449もご覧ください。
5449:右脇のしこり(女性:30歳)
 
 
 
 

***生理と関係なく、胸や脇が痛い方***

まず、下記の記事をご一読ください。
「生理と関係なく、胸や脇が痛い」方は、QandA「左胸と背中の痛み」
管理番号:5154 左胸と背中の痛み

 
 
 
 

***自己検診に悩む方***

まず、下記の記事をご一読ください。
管理番号:5316 乳がん 恐怖 検診のペース

 
 
 
 

***授乳中の「乳輪下の米粒大のシコリ」や「痒み」については***

まず、下記の記事をご一読ください。
管理番号:5336 乳房の痒み

 
 
 
 

それぞれ5~10件程度の質問を受け付けます。
曜日 午前 夕方
月曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
火曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
水曜日
木曜日 18時から質問受付
金曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
土曜日 8時から質問受付
日曜日 8時から質問受付
祝日・その他の指定日

 
 

 

過去の『乳がん Q&A』の一覧

 
 

 
 
【新たに管理番号を採番した50件 <タイトル 要旨>】 はこちら

 
 

【管理番号 1~500 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 501~1000 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 1001~1500 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 1501~2000 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 2001~2500 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 2501~3000 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 3001~3500 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 3501~4000 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 4001~4500 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 4501~5000 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 5001~5500 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 5501~6000 <タイトル>】 はこちら

 
 

 
 

更新時間の新しい『乳がんQ&A』 30件 

乳癌

半月前に乳癌の宣告を受けました。 石灰化でカテゴリー4、乳腺外科でマンモ、エコー、触診、細胞診、MRIを行なった結果、初期の乳癌ではないかとの事です。 質問は、細胞診の結果は1日ででるのか?クラスを聞くと4か5かな?との事。 針生検は行なっていません。 行わないのか聞いても、細胞診で乳癌は確定しているし、石灰化が広範囲にあるので、全摘、同時再建を勧められました。 <女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

抗ガン剤が必要か

主治医からは転移のない初期癌である事やホルモン治療が良く効くタイプで術後はホルモン治療のみを進められました。 ただ両胸に癌があった事や右胸のKi67が33.7%だった事も少し悩ましいが、抗ガン剤をしても上乗せ効果は5%未満で、副作用と天秤にかけて考えても、あまりオススメはしませんと仰いました。 私も考えた末にホルモン治療のみを選択し、4日前からタモキシフェン20を毎朝一錠服用しています。 質問は、抗ガン剤をしなかった選択は正しいのかどうか.....田澤先生ならばどうなさったのかお聞きしたいです。 <女性:44歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後の治療選択について

田澤先生でしたらやはり抗がん剤を勧めますか? 過去に私と酷似した病理結果の方(男性)の回答に、本来抗がん剤が勧められるが(ルミナールタイプなのだから)ホルモン療法単独でも問題ないとありましたが同様でしょうか? もし化学療法をした場合の上乗せ効果は何%位でしょうか? その場合は担当医と同じECが最適でしょうか? TCでは?との質問に私の場合はECの方がより効果的かとの事でした。 <女性:57歳>

回答はこちらをクリックしてください。

境界悪性葉状腫瘍の追加手術について

質問なのですが、境界悪性の場合、皮膚は取らなくてもいいのでしょうか。 担当の医師に尋ねたところ、境界悪性以上の葉状腫瘍の患者は手術したことがなく、皮膚を取る必要があるのかわからないと言われましたが、 追加手術をする以上、最大限の注意を払うため、皮膚も取って欲しいとお願いしました。 <女性:48歳>

回答はこちらをクリックしてください。

非浸潤乳腺管がん疑い

1.生検は石灰化の所見でもエコー下マンモトームでよかったのか? (確定診断されると思っていたのですが、マンモトーム生検で確定されなかったので。) 2.一度マンモトームをしているが、これからステレオガイド下モンマトーム生検は可能か?外科的生検でなければならないのか? 3.主治医は、外科的生検をして石灰の多いところを採取し、非浸潤乳腺管ガンが確定された場合、そのまわりの石灰化も悪性なので全摘するとのことだが、全摘する必要があるのか?まわりの石灰化もガンなのか? <女性:49歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳がんの事で教えて下さい。

先生に聞いたら 術後の病理検査で調べて その後治療方針を決めましょうと言われましたが… 不安になり手術前にわかるように お願いしました。 この結果だけですが… 先生からみて 私の状態は どんな感じだか 教えていただけないでしょうか? 温存と全摘どちらがいいかも 悩んでます。 <女性:51歳>

回答はこちらをクリックしてください。

全てがスッキリしなくてどうしたら良いのかわかりません

カテゴリーも教えて貰えないまま(無知でカテゴリ判別あることも知らなかった)大学病院にて再マンモグラフィー撮影し、こちらでもカテゴリ判別も教えて貰えずマンモトーム生検予約を取り、昨日結果聞きに行くも非浸潤癌というだけで、病理判定データも何ミリとかも貰えず、癌の広がりを見るためのMRIもまだなのに、今日中に方針決めて帰って欲しいと癌専門看護婦に言われ、全摘、一時再建前提に話を進められ困惑しています。 <女性:50歳>

回答はこちらをクリックしてください。

線維腺腫

こんにちは。田澤です。 勿論質問者がどなたかは知っています。 診察中にお話ししたように、全く心配ありません。 「17歳」という年齢も重要(癌を心配する必要がそもそもありません)だし、私自身 がエコーしているのだから余計な心配は一切不要です。 今まで3年間毎年(前医で)経過を見ていた経緯から、「1年に1回継続」してはいま すが、私は全く心配していません。 <女性:17歳>

回答はこちらをクリックしてください。

単孔性分泌物について

○片側 単孔性であっても乳黄色、ベージュか透黄色の分泌物であれば心配ありませんか?(おっぱいでしょうか?) ○透明、透黄色になってきていたのに、また、乳黄色ベージュに戻るなんてことあるんでしょうか? ○出産後3年近く分泌物が続くのは異常では無いでしょうか? <女性:36歳>

回答はこちらをクリックしてください。

多発乳癌グレード3の再発率

質問です。 ①田澤先生は私の化学療法とホルモン治療をした場合の10年再発率はどのくらいとみますか。 ②また、術側の胸のアンダー下の肋骨や皮膚の痛みがあります。 局所的に押すととても痛いです。 エキスパンダーのせいかと思ってましたが、 抜去したあとも痛みがなくならないのは転移していると考えられますか? 多発、リンパ転移有り、グレード3と増殖能力が早いのに何年も浸潤を放置していて全身に回ってるのではと気が気じゃありません。 <女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

手術後の治療について

予後の治療としてタモキシフェン5年 リューブリン2年 と提示を受けています。 (タモキシフェンは飲み始めていて、リューブリンはまだです) 田澤先生であればどのような治療をすべきと御考えになられますでしょうか。 後、MYL制のタモキシフェンを使用しているのですが、どこかのブログに重大な副作用の症例を報告していなかったと見ました。 他の会社のに変更した方が良いでしょうか? <女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

質問

①分泌物はモンマトームの影響なのか。 ②この状態で全摘ではなく、温存で問題ないのか。 ③術前に乳頭についての検査を追加する必要はないのか。 ③浸潤?している場合、最適な治療法の順序(手術、放射線、薬物療法)はどうなるか。 (現状、温存手術→放射線→薬物療法を予定。) ④手術は急いだ方がいいのか。 について先生のご見解を賜りたく思います。 <女性:37歳>

回答はこちらをクリックしてください。

硬化性腺症について

再度針生検を行いました。 (この時は針も太く、電動でしこりの部分を吸っている感じでした。) 先日結果が出て、硬化性腺症と診断されました。 そのため今後は経過観察または局所麻酔にて切除、どちらかと言われたのですが判断に迷っております。 切除というのは、よく先生がおっしゃっている「外科的生検」ということになるのでしょうか? 気がかりなのはそもそも細胞診でクラス5が出たのに、針生検で良性となることはあるのでしょうか? <女性:34歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ステージについて

主治医は「この程度であれば乳癌初期の状態。まずは手術してから検査し、治療方針を決める。おそらくホルモン療法になると思う」と言っていたそうです。 ステージの説明はなかったとのこと。 遠隔転移を覚悟していたので結果にはホッとしたのですが、腫瘍が5センチあり皮膚浸潤を伴っているので、乳癌初期の状態という説明はおかしい気がします。 ステージ的には3Bの局所進行乳癌に該当するのではないでしょうか? それとも、潰瘍を伴っていても広範囲でなければあまり気にすることなく、腫瘍径5cmと腋窩リンパの転移という点でステージ2b程度と判断されたのでしょうか? <女性:68歳>

回答はこちらをクリックしてください。

手術とその後の治療について

■田澤先生への質問 ①術後に抗がん剤をしない場合、ハーセプチン単独になりますが、ハーセプチンは抗が ん剤を併用して効果が十分に発揮できると読んだことがあります。 ハーセプチン単独でも問題ないでしょうか。 ②リンパ廓清について、先生は「サンプリングだけで手術しないで帰ってくるかも」という表現をしたのですが、どういうことでしょうか。 ECが奏功したからといってレベル1廓清をしないという事に不安があります。 <女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後の治療について

術後補助療法 ホルモン療法:ノルバデックス(内服)5年間 ゾラデックス(注射)2年間 放射線治療:5週間 ※上記に加えて、化学療法(抗癌剤)TC療法:4サイクル を行うかどうか家族で話し合って患者さんの考え方で決めてくださいとのことでした。 そこで田澤先生に伺いたいのですが、このような場合は抗癌剤治療をした方が良いのですか?  副作用に耐えてまでする価値はありますか? <女性:47歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後の病理結果について。

質問としては ①前院でのHER2は、非浸潤のため参考値、のように書かれていました。 転院先では提出したプレパラートを見ていただき、あとはマンモとエコーしか受けていないの ですが、この状況でもHER2が陰性に変わる事があるのでしょうか。 <女性:52歳>

回答はこちらをクリックしてください。

根治が難しいと言われた乳がん治療の方針について

当方は両方乳がん、左はステージⅢb、T4の局所進行がんと診断され、現在化学療法(FEC)の2クール目です。 (右はステージⅡb、左からの転移ではありません) 担当医からは根治の可能性は1%と言われ、それならばいっそ緩和のみとも考えたのですが、セカンドオピニオンのアドバイスで、局所(左乳がん)をしっかりコントロールしないと、化学療法による副作用以上にQOLが著しく低下すると言われ、治療をスタートしました。 <女性:51歳>

回答はこちらをクリックしてください。

いつもありがとうございます。

①今年の7月に、自分でしこりを発見して近所のクリニックを受診したところ、エコー・マンモグラフィでは、ともに大きさは1.2cm程度との診断でした。 ところが、紹介先の病院のMRIでは、拡がりが4.2cmもあるとのもあるとの診断でショックを受けました。 病理検査の結果、浸潤径は4cmでした。 本当の大きさはMRIでしかわからないそうですね。 私の場合は、まさに今が『見つかるタイミング』だったのでしょうか? <女性:57歳>

回答はこちらをクリックしてください。

オンコタイプdxについて

ki67の数値もギリギリグレーゾーンに入るくらい(ルミナールAと言い切っても問題ない値ではあるとのこと)で、ホルモン治療単独でも問題はないと思うが、年齢も考慮し個人の遺伝子を細分化したデータを見て納得して治療できる方がいいのでは、と言われています。 副作用もあるので、可能であれば不要な抗がん剤治療は避けたいとの考えもあります。 オンコタイプdxには中間リスクもあり、もしそうなった場合の判断が不安ですが、このまま不安をいだいたままどちらかの治療を選択するより、検査を受け数字化されたデータで確定できるのはやはり有益でしょうか。 <女性:44歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳癌検診

2年ぶりの乳癌検診に行きました。 以前より石灰化が有り乳腺症と診断されていた者です。 今回、右乳房に小豆くらいの硬いコロンとしたしこりと脇の突っ張り感が少しある事伝えました。 石灰化が以前のMRI(7年前)より緩やかだけど増えている事。 しこりに関しては新生癌かも知れないと慌てた様子ですぐMRI撮りましょうと言われて、本当は今日でも良いんだけど予約がいっぱいで、、、 次の生理と日を合わせて予約入れましょう。 その結果生検しますと言われました。 <女性:50歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後補助療法、術前化学療法奏功率の低さなど

術後のホルモン治療を、しなくて良いのか? ホルモンER(1+1)から術前抗がん剤の後に、ER(0)へ変化。 ※8段階中の2でぎりぎり陰性とのこと。 主治医は、ホルモン治療はしないとの判断でした。 ホルモン受容体をもつ癌が、ケモによって、「消えた」のか「一時的に抑えられたのか」それはわからないとのこと。 私としては、ホルモン受容体を元来持っており、それがほんの少しの再発予防の上乗せであっても、ホルモン治療を受けたいと思うのですが、やはり、ホルモン治療は効果ないのでしょうか? <女性:37歳>

回答はこちらをクリックしてください。

浸潤性乳管癌について

浸潤性乳管癌ですと確定診断、告知を受けました。 右胸乳頭の右斜め下あたりにきひつれがあり、しこりの大きさは4ミリです。 確定診断の方法は針生検で、診断後癌の拡がりを見るための造影MRIと術前の全身診断の為の単純CTを受けました。 手術方式と日にちはMRIとCTの結果を見て、(中旬)日の金曜日に決めましょうかと言われていますが、来月頭辺りになるかなと予想しています。 手術を受けるにあたって主治医に確認しておかなければならない事はありますでしょうか? <女性:46歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術前の化学療法の必要性と妊娠

今後第二子をと考えていたのですが、主治医には卵子凍結をするために排卵誘発となると、ER値が高いと癌が増殖するリスクを高めてしまうと言われてしまいました。 術後のホルモン療法も5年かかると言われ、抗がん剤をすると卵巣の機能も低下してしまうとも言われました。 結局、二人目は諦めるしかないのですか? <女性:33歳>

回答はこちらをクリックしてください。

多形性小葉癌 トリプルポジティブの全身療法について

全身療法についてアドバイスをお願いします。 1 どのような抗がん剤が好適か? 主治医から抗がん剤(&ハーセプチンとホルモン剤)の使用を勧められ説明を受けましたが、種類が多くどうしたら良いのか分かりません。 先生ならどのような抗がん剤をお考えになるでしょうか。 2 抗がん剤を使わないことは考えられるか? 吐き気、下痢に弱い体質であること、口内炎も心配です。 仕事を続けるということを考えると、できれば抗がん剤を使いたくないと思っています。 分子標的剤+ホルモン剤のみ、というのは私の病状から考えて妥当な治療と言えるのでしょうか。 <女性:46歳>

回答はこちらをクリックしてください。

粘液癌

質問 術前と術後の検査でこれほどにも大きさがかわることがあるのでしょうか? 子供が一歳手間まで混合で母乳もあげていました。 母乳から癌が子どもに流れることはないと言われてますが、とても心配なので先生の意見も伺えますでしょうか。 腋窩郭清は抗ガン剤治療後、放射線治療前に腋高郭清すると言われています。 術中や術後に腋高郭清はするものと思っていましたが、主治医の意見としては抗ガン剤治療をして3週間後からとのこと。 この場合、腋高郭清が必須なのでしょうか。 <女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

マンモトーム生検の中止について

田澤先生は「マンモで写っている以上、(大変かもしれないけど)かつて取れなかった石灰化は無い」と仰っていましたが、私のように石灰化が淡く1方向からしか写らない場合でも取れるのでしょうか。 (胸の厚みが足りない件は、他の方への回答で理解しました) 転院を検討していますが、この3ヶ月で何度もマンモグラフィの放射線を受け(20回近く)、再び同じ経過を辿り結局マンモトーム生検を受けられない事態を考えると、気持ちが沈んでいます。 <女性:40歳>

回答はこちらをクリックしてください。

妊娠中のマンモトーム

先生はおそらく乳腺症ではないかと思うと歯切れの悪い?言い方でした。 (現在12週になり、産科の先生にマンモトーム 受けたい旨を言うともう受けて大丈夫と言われました。) また以前のこちらの質問にて、マンモグラフィーで見えて超音波で見えないものの中に非浸潤性乳がんもあると記載をみつけました。 もし非浸潤性乳がんの場合、1年後の経過観察でも大きさは変わらないでしょうか? それとも大きくなって浸潤性乳がんになってしまいますか? <女性:33歳>

回答はこちらをクリックしてください。

骨転移について

左乳房の治療に専念するためにも右も組織診を実施しました。 その結果はまだですが、待っている間に、骨シンチ、造影CT・MRI、血液検査を実施しています。 骨シンチでは右脛骨骨幹に淡い集積増加があるとのことです。 骨転移の好発部位ではありませんが、骨転移の可能性が高いのでしょうか? 多分MRIなどを行えばはっきりするのかもしれませんが、MRIはまだ未実施です。 ですが、不安でたまりません。 もし転移ということであればステージⅳ。 ですよね? つぶやきのようになってしまいましたが、シンチで転移以外に集積する可能性と転移の可能性について教えてください。 <女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

脇の下のしこり

ここにきて脇の下に大きめのしこりに触れたので急に不安になってきました。 田澤先生が脇のしこりの説明で書かれているしこりの場所も①と思いたいけれど②のような気もします。 柔らかいと思いたいけれど硬いような気もします。 触ろうとするとつるっと動きます。 皮膚に近いというよりは奥にあるように思います。 外から見た感じでは変わった様子はなく、痛みもありません。 <女性:31歳>

回答はこちらをクリックしてください。