乳がん手術は江戸川病院・東京

『乳ガンのQandAコーナー』では、乳ガンや乳腺の疾患に関する質問を募集しています。
皆様からの質問に、日本乳癌学会専門医、指導医の田澤篤先生が回答をしております。
皆様が質問する事で、同様の悩みを持つ「全国の他の誰かの疑問を解決するかもしれません。」質問は下記のフォームから送ってください。
当ホームページにて回答をいたします。
よろしくお願いいたします。

【お問い合わせフォーム】
乳がんや乳腺の疾患に関する質問は、こちらをクリックしてください。

 
 

それぞれ5~10件程度の質問を受け付けます。
曜日 午前 夕方
月曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
火曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
水曜日
木曜日 18時から質問受付
金曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
土曜日 8時から質問受付
日曜日 8時から質問受付
祝日・その他の指定日

 
 


***再質問(2回目以降の質問)の方***
「再質問」をされる方は、
原則として、1週間程度空けてから質問をしてください。


また、前回の回答が公開されているページの
「管理番号」を必ず入力してください。

 
 

 
 

 

過去の『乳がん Q&A』の一覧

 
 

 
 
【新たに管理番号を採番した50件 <タイトル 要旨>】 はこちら

 
 

【管理番号 1~500 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 501~1000 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 1001~1500 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 1501~2000 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 2001~2500 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 2501~3000 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 3001~3500 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 3501~4000 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 4001~4500 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 4501~5000 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 5001~5500 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 5501~6000 <タイトル>】 はこちら

【管理番号 6001~6500 <タイトル>】 はこちら

 
 

 
 

更新時間の新しい『乳がんQ&A』 30件 

手術後の治療法について

ルミナールAと言われ、放射線25回照射、タキシモフェン五年間の服用となりました。 手術前は、8ミリと言われていたのに1センチでした。 しこりに気付いてから、手術までの1ヶ月で大きくなったのでしょうか? 田澤先生でしたら、どのような治療法を選択されますか? 脂肪組織に浸潤とは、深刻なのでしょうか? 切除断端、頭側20ミリとは、どういうことでしょうか?20ミリまで腫瘍があったと理解すればよいのでしょうか? 組織グレード2とは、どのようにとらえたらよいでしょうか? <女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

非浸潤がん摘出後の腋窩腫瘍について

先日人間ドッグのエコー検査で腋窩に腫瘍がみつかりました。 左側わきの窪み少し胸よりに1cmほどで、触っても膨らみはなく、 形は平たくなく、丸くボコボコした所があります。 2011年12月に左側非浸潤がんで全摘しています。 範囲は3×8cmでした。 センチネルリンパ節切除で転移なし、 切断面?陰性、ホルモン陽性でしたが、 ホルモン治療はしないで、無治療です。 右側は嚢胞が見られますが 異常なしです。 先日の細胞診でクラス4、主治医はリンパか乳がんかわからない、 次回ct検査で判定するそうです。 前手術のとりのこしなのか、転移リンパ節なのかとても不安です。 副乳だと何か皮膚に乳首の名残のようなものがあるが、それは無いとのことでした。 全摘時には腋のエコー検査でのチェックはしないらしくいつからあったのかも分かりません。 1年半ほど前からすこし左腕のむくみがあり、その時相談に行ったのですが、手術後の後遺症だということでした。 この腫瘍は何だと考えられますか? <女性:49歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳管分泌液

相談は両側性多孔性分泌液です。 ★右側 3箇所から薄い黄色の分泌液が絞るとでます。 ★左側 3箇所ですが.... ①薄黄色 ②薄黄色の時が殆どですが、たまに緑黒色 が出ます③どろっとした油様の山吹色が1滴→数回絞ると、薄黄色になり、透明になり、出なくなる。 先生のお話から、継続が重要とのことで 恥ずかしいことなのですが、心配性でして ここ数年間、毎日、2時間くらい、皮膚が捲れるくらい強く、絞って、分泌液が出ていないか?チェックしてしまいます。 <女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

どうしたらいいか悩んでいます。

先生は良性っぽい所もあるけれど、含まれている可能性もあるから、ひらかないとわからないグレーゾーンと言われました。 選択は 1.経過観察(ただ、見つかった時はある程度ひろがっているかも) 2.乳頭の上を3センチ切った 検査手術(癌がみつかった場合二、三ヶ月後に再手術) 胸の変形が軽度でおさえられる ただ、再手術になったら傷が広がる 3.癌に準じた手術 胸の脇を7センチきる手術 癌に準じた手術なので、大きくとる軽度から中等の変形がおきる 一回の手術でおわります。 もし、悪性の場合は、抗がん剤はなしで、放射線だけで大丈夫といわれてます。 病変は8ミリの特殊な粘液乳がんの疑いだそうです。 まだ決まった訳ではありませんが、良性の確率もあるみたいで… 7センチをきるのを選択したのですが、もし、良性だと傷が胸のわきに7センチ、胸の変形、痛み、傷がのこると思うと辛いです。 なので、今は3センチの外科的生検にしようかなと揺れています。 乳がんの判定は難しいんでしょうか? MRI、CTは確率はあたるのでしょうか? <女性:34歳>

回答はこちらをクリックしてください。

全摘手術後の皮下出血

3月中旬に右胸全摘手術を受けました。 現在ホルモン療法にて治療中です。 (センチネルリンパ節の郭清・化学治療・放射線治療は行なっておりません。) 術後より2ヶ月ほど過ぎた先週になり、摘出部傷口とドレーン挿入跡との間に5cm×7cmほどの皮下出血がみられるようになりました。 腫れはなく内出血のの範囲もそれ以上に広がるということもありませんが、押さえると痛みがあります。 術後右手に過度の負担が掛かるようなこと(スポーツや重い荷物を長時間持つなど)は特に行なっておりません。 (利き手なので日に5時間ほど日常的な家事を行なう程度です) 術後何ヶ月も経ってから突然傷口周辺に内出血が起きるということはよくあることなのでしょうか。 <女性:58歳>

回答はこちらをクリックしてください。

セルフチェックした後に大きなしこり

当時テレビの報道もあり、セルフチェックをしていたのですが、その3ヶ月後に急に大きなしこりに触れてステージ3との診断を受けました。 大きさは触診で硬くなっている範囲でも7センチ近くあるとのこと。 リンパ節もlevel2まで転移疑いありでした。 ホルモンはどちらも90% ki60% グレードやkiが高値の場合、3ヶ月程の期 間でも一気に非浸潤から浸潤癌になることもあるのでしょうか? それとも大きさとリンパ節の状況から、かなり前からあり気付けなかったということですか? しこりが分かりにくい浸潤癌のタイプもあるのでしょうか? (私は脂肪も少ないし、あんな硬さならば触ればすぐ気付くと思います…) 最近のQ&Aで、先生のご経験上、再発しやすいのはごろっとした大きなしこりの方が多いとありました。 私の場合は明らかに当てはまってしまいますよね? 自分でチェックしていたのにショックです。 <女性:33歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳がん検診でしこりあり

医師に念のため…とのことで組織診(コアニードル針生検)をすすめられました。 いくつか疑問があります。 1、10年前のしこり発見時はエコー→マン モ→細胞診だったのに(同じ病院で同じ医師)これらの検査を飛ばしていきなり組織診をするのは、それなりの疑いが強いということでしょうか。 2、母親も4年前に乳がんになりました。 早期発見でしたが、遺伝も考えられますか。 3、既往歴に婦人科系の疾患があります。 また家族にも多く、乳がんや子宮がんもいます。 関係ありますか? 組織診を受けて、医師からは特に何も言われず、ただ結果を待つようにと言われました。 結果まであと5日ですが、いろんなことを考えてしまいます。 <女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

非浸潤がんと病理診断について

主治医の意見 右のしこりの手術と一緒に取りたかったが、悪性の診断が出なかったので、無治療 カンファレンスでの意見 悪性の診断ではないので、無治療 質問 切除生検を担当された先生(主治医ではない)に良性、 悪性の区別がつかない時点ですでに良性ではないと言われました。 良性ではないものを無治療のまま、経過観察のような対応でよいのでしょうか。 <女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

胸骨傍リンパ節の腫れについて

管理番号6361「胸骨傍リンパ節転移について」の先生の回答に気になる点があり質問させていただきます。 「・転移以外の理由で胸骨傍リンパ節が腫れることはあるか?」 ⇒考えられません。 ①こちらなのですが 胸骨傍リンパが腫れている=がんの転移に間違いない←って事になるのでしょうか?(>_<) 風邪やただの炎症で腫れるという事はありえないのでしょうか? 私も術前の検査で胸骨傍リンパが腫れていて、術前化学療法でその腫れが消えたらがんの転移と考える。 消えなかったら手術の際にそこの細胞をとって検査する、と言われました。 術前化学療法で腫れが消えなかったので(乳房全摘、腋窩リンパ郭清の腫瘍は消えていました。)手術で胸骨傍リンパの細胞をとって検査した結果 →転移なし、癌細胞の痕跡もないのでここには転移なかったものとする、との事でした。 なので放射線治療もしていません。 この時点でステージ2Bから0期になったのですが胸骨傍リンパ転移だと3C、、かなりの違いに不安で仕方がありません。 ②ちなみに胸骨傍リンパ節は肺や動脈の近くにあり難しそうなのですが、手術で細胞をとる事は可能なのでしょうか? 手術後、胸骨傍リンパのエコーをお願いしたのですが必要ないとの事で今現在腫れているのかは確認できません。 術後再発転移した場合、症状がでてからの治療でも予後は同じ←という事で1回も定期検診がありません。 <女性:47歳>

回答はこちらをクリックしてください。

どうしても子どもがほしい

私は2017.4月に乳がんを告知されすぐに手術をしました。 結婚が決まった直後でした。 ステージ1 転移なし 0.7mm×0.5mm グレード2 顔つきも悪くない 硬がん 病理検査後、放射線治療をしてホルモン療法(お薬:閉経前の)を提案されましたが、主治医も先に子どもの治療を2年間はしていい!と言っていただき、今、治療をストップしています。 その後ホルモン療法 二年すればいいと言われました。 先生も、妊娠を進めるとこのサイトで読んだことがあったので!少し勇気が出ました。 なので、思い切って不妊治療専門の病院に相談し、 なるべく早く妊娠できるよう体外受精で治療をしました。 注射の数も多く、この薬は乳がんに良くないのではないか、(実際そう書いてあったものもありました) これは、再発率をあげているのではないか?と あと不妊治療の先生は、この治療は再発率10倍にしています。 と何度も言われます。 そうなんですか? <女性:39歳>

回答はこちらをクリックしてください。

腫瘍マーカーの急上昇

4年前に右乳癌6ミリを皮下乳腺全摘(乳頭乳輪温存)しました。 ルミナールA、ステージ1です。 リュープリンを2年で終了し、去年の5月からノルバデックス単独治療をしています。 去年11月の血液検査でncc-st-439が、術前からずっと1,0以下だったのが1,3に上昇、 今年5月の4年目の検査で、いきなり7,1に急上昇しました。 ca-153も術前から今まで4,1~5,9だったのが6,9→7、1→6,5と上昇傾向です。 2年前の定期検診でのエコーで肝臓に嚢胞があると言われていますが、もしかして転移なのではと不安です。 また4年目の乳腺エコーで、左胸に1センチの黒くやや丸い物が見つかりました。 悪い物には見えないけど、念のため針を刺して検査するようです。 去年のエコーでは見つかりませんでした。 肝嚢胞と新たなしこりが乳癌転移だから、腫瘍マーカーが上昇したのでしょうか? ちなみに上昇し出した11月に生理が再開しましたが、関係はありますでしょうか? お忙しい所恐縮ですが、先生のご意見をお聞かせ下さい。 <女性:46歳>

回答はこちらをクリックしてください。

粘液癌の組織診検査について

○3月初め、セルフチェックで1cm弱のしこり発見 ○乳腺科受診、細胞診の結果癌の疑いありとの結果 ○紹介された病院で組織診の結果、粘液癌と診断される ルミナルA 大きさ1cm弱 浸潤癌 ホルモンレセプター(+) HER2レセプター(ー) Ki67 10% 核グレード 1 CT)明らかな転移なし MRI)広汎な広がりなし 6月初旬に手術、部分切除後~放射線治療~全身治療(ホルモン療法5年、その時点で延ばすかも)と決まりました。 田澤先生の回答で『粘液癌は「大人しい」癌で余計な心配は無用』と書かれていて安心したのですが、一つ心配なのは、組織診をしたことです。 (左側から刺して3回パチンと) 手術方針の説明の際、切除部分は癌の周りを大きめに切り取るということだけで、田澤先生が言われている針の通った部分を切除との説明は受けていないことが心配です。 <女性:48歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後の治療について

<質問> 先生の回答を色々拝見させていただいて、私のサブタイプはルミナルAタイプなので、ホルモン剤のみで良いかと思われますが、去年8月には無かった(見つからなかった?)しこりが今年4月の手術時には3cmとなり、微小ながら腋窩リンパ節にも転移していた為、増殖能力が低く、大人しいタイプなのか心配です。 この場合でも、先生のお考えになる治療方法はホルモン療法のみになるのでしょうか。 もう1点、術後、1日に数回じんましんが出ます。 (暫くすると消えます) 乳癌の手術とじんましんは関係があるのでしょうか。 また、先生の患者さんで、手術後にじんましんが出る患者さんはどれくらいいらっしゃるのでしょうか。 <女性:40歳>

回答はこちらをクリックしてください。

非浸潤乳管がんから局所再発、骨転移疑い

先生に伺いたいことは、 1)主治医は腋下のリンパ1個が悪性だったため、骨転移の結果に関係なく化学療法が必要とのこと。 →前回、乳輪、乳首を残したための取り残し、腋下のリンパ節は局所再発、しこりは1個。 サブタイプはまだ判明していませんが、もし前回同様ホルモン療法が効くタイプの場合でも化学療法は必要?? 2)骨転移ありの場合、サブタイプに合わせた全身療法とランマークな どの骨に対する治療がスタンダードだと思うのですが、化学療法が必要な場合はどのような結果の場合でしょうか。 3)前回のセンチネルリンパ節生検が、実は今回悪性だったリンパだったということは考えられるでしょうか? つまり、実際はリンパ節転移なしで、当時間違えたリンパ節1個が大きくなって判明した可能性はありますか? 4)Ⅱ領域のリンパ転移は0でしたが、Ⅲ領域の放射線治療はしておくべきでしょうか。 前回、していないのでご意見を伺いたいです。 <女性:47歳>

回答はこちらをクリックしてください。

産後翌日に右胸にシコリを発見

24歳の産後1カ月ちょっと経つ者です。 出産は帝王切開だったのですが、翌日授乳をしたところ右胸の内側の上の方にツルツルと動く小さな小豆のようなシコリを発見しました。 1カ月ちょっと経つ今でもシコリの大きさは変わっていないと思います。 乳榴だったら、胸がよく張ったり母乳量が多い人がなりやすいのでは?と思うのですが…。 それに私は、出産直後胸が張ることも少ししかなく母乳の出も悪かったので翌日に乳榴が出来ることなんてあるのでしょうか? 今は、とても不安で何も手が付きません。 こういった出産翌日にシコリが分かり、ツルツルとした動く小さなシコリでシコリは痛くありませんが胸はキリキリと痛むことがあります。 この様な症状で考えられることはどういった病なのか教えて頂きたいです。 <女性:24歳>

回答はこちらをクリックしてください。

治療法について

今年2月に左側の脇にしこりを二つ見つけ、3月にリンパ節郭清手術をしました。 病理結果で 1.8センチ(説明書には書かれず後で聞きました) リンパ節転移 2/13 皮下腫瘤をひとつとカウントして合計3個 ステージ つけない 悪性度 不明(説明書には書かれず) Ki67 20%以上 ホルモン受容体 陽性 HER2 陰性 化学療法 タキソール パクリタキセル×12回 + アバスチン とその後でホルモン治療をすすめられました。 症例が少ないため治療の成果のパーセンテージはわからないとのことでした。 アバスチンを使うのはセンチネルの1センチ大の瘢痕のところにガン細胞がよってきていた(?)から 全身にまわっている可能性が高いからとのことでした。 白血病で使ったため、AC療法は不可能でカンファレンスではTC療法と意見がわかれたそうです。 <女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

嚢胞

1ヶ月前に気になる事があったのでA乳腺クリニックで診てもらったところマンモ、エコー異常なしでした。 そして最近、10日前に、乳がん検診があったのでいつも行っているB乳腺クリニックに検診行くと、マンモは異常なし、エコーは右に12時の方向に2ミリぐらいの嚢胞ありと言われました。 触った感じしこりはなし。 先生は乳腺も普通だから大丈夫と言われまた不安だったら半年に来てくださいと言われました。 1ヶ月前にはなかったのにと思い、さらに不安になったので1ヶ月前に行ったA乳腺クリニックにその3日後に行きエコーしてもらうとこの拡張したのが嚢胞です。 と言われました。 でも大丈夫なので検診は1年後でいいと言われました。 2つの病院とも針はさしませんでした。 嚢胞で大丈夫でしょうか。 また違う病院に行った方がいいのか。 不安でいつ、がんになってしまうのか、毎日自分で触りすぎて昨日までなかったしこりみたいなのができてしまいました。 これは触りすぎでできたでいいのでしょうか。 乳腺拡張症と嚢胞とは別なんですか? <女性:30歳>

回答はこちらをクリックしてください。

HER2 陽性でki67 70%以上 のリンパ節移転 遠隔転移について

3月(下旬)日に ステージ 1 1.3cm リンパ節移転無し (エコーで) グレード 3 ホルモン感受性 ー HER2 3+ ki67 70~80% との診断結果がでまして、全摘同時再建をGW開けに予定してます 27年の9月に エコー マンモ マンモトーム生検では 悪性の診断は無く 6か月で1cm以上になるものでしょうか? 悪性度の高い タイプで 1カ月以上手術まであるので今はリンパ節移転が無くても手術の頃にはリンパ節移転や遠隔転移などのリスクはありますよね? 一般論で良いのですが、大学病院に通ってまして助手の先生で診察の場合、手術やその後の抗がん剤などの決定も行うのですか?であれば、やはり混んでいても同じ大学の経験豊富な高名な医師か転院をにお願いしたい所ではあります。 一般論と実際の大学病院の方針を比較したいのでお答え頂けますか? <女性:48歳>

回答はこちらをクリックしてください。

浸潤性小葉癌

1月にシコリを見つけて、4月の初めに左乳房全摘手術を受けました。 リンパ節郭清もありました。 先日、術後の病理検査の結果が出て母が聞いてきたのですが、母に確認しても良くわからないので、いただいてきた用紙を元に先生に質問させて下さい。 左乳癌 浸潤性小葉癌 リンパ節転移あり(1/11) HER2蛋白スコア 1+ 切除断端 陰性 腫瘤径 4.2cm 組織HG II エストロゲン受容体 陽性 プロゲステロン受容体 陽性 増殖能(ki-67)10% 上記の結果を受けて、術後の治療は今月末から抗がん剤+ホルモン療法をすることになったそうです。 TC療法(3w×4回) タキソテール+エンドキサン この状態というのは、どう言う状態なのでしょうか。 <女性:63歳>

回答はこちらをクリックしてください。

リンパ郭清

現在 ステージ1、 8ミリと診断され部分切除およびセンチネル手術日が迫り、下記事項を決断をしなければならないのですが迷っています。 病院からセンチネルの結果、微小転移やある程度の大きさでも1個以内の転移 であれば郭清しない旨の説明がありました。 微小転移でも郭清するという方法も選択出来るようですが迷っています。 どちらにすべきでしょうか? リンパ節を全て郭清した場合のデメリットとして、浮腫や脇のつっぱりなどの説明がありましたが他にはないのでしょうか? よく分かりませんが人間の体に不要なものはないような気がします。 また、術後放射線治療およびホルモン療法についての説明がありましたが転移がなかった場合でも放射線やホルモン療法は必要なのでしょうか? 転移がなければ切って終わりよりは放射線やホルモン療法を受けた方が良いのでしょうか? 再発だけは避けたいと思っております。 <女性:53歳>

回答はこちらをクリックしてください。

腫瘍径と浸潤径が大きい場合の、術後療法について

質問① 昨年の人間ドッグのマンモグラフィーでは石灰化すら無かったのに、僅か一年で、こんなふうになってしまいました。 婦人科にてホルモン治療(ヤーズ7年)をしていたせいでしょうか。 (石灰化で見つかる癌は、早期だとこちらで知ったので、このような結果となり、大変残念な思いです…) 質問② あまりの浸潤径と腫瘍径の大きさに恐怖を感じ、既に遠隔転移をしているのではないかと感じています。 私はこの先も、転移再発しやすいのではないでしょうか。 田澤先生も、転移再発する人の浸潤径は大きいし、進むのも速いと、おっしゃっていますよね…今とても苦しいです。 <女性:47歳>

回答はこちらをクリックしてください。

治療のスケジュールについて

今わかっている事は、乳がんサイズは1.2cm、ホルモン陽性、HER2陽性 →ハーセプチンの適応あり ただ、HER2の陽性・陰性は再度調べますとのことでした。 先生の見立てでは、①手術(温存) → 放射線治療 →抗がん剤+ハーセプチン →ホルモン療法か、 ②術前化学療法 → 手術(温存) → 放射線治療 + ハーセプチン + ホルモン治療 でした。 私は①を希望しています。 悪いものは早く取り除きたいのです。 手術 → 放射線治療はあまり空白期間をあけずに行いたいのですが、 抗がん剤は8月頃から開始したいと考えています。 どうしても7月にやりたいことがあること、仕事の引継ぎもあり、抗がん剤治療に備えてそのように考えています。 手術は4月を予定しており、その間に放射線を入れても抗がん剤が始まるまで、術後から4か月が経過してしまいます。 無謀でしょうか? <女性:32歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後の抗がん剤治療をすべきか迷っています。

左側乳がんで乳房温存手術と腋窩リンパ節郭清手術を行いました。 病理検査の結果は 浸潤性小葉がん 大きさは2.4cm 核異型度は不明 リンパ管侵襲あり 血管侵襲なし 腋窩リンパ節転移あり レベル1:4個 レベ ル2:1個 レベル3:0個 エストロゲン受容体90% プロゲステロン 受容体90% HER2蛋白陰性 切除断端陰性 Ki-67:5% 主治医からはリンパ節転移が5個なのでガイドラインによりホルモン治療と抗がん剤治療を勧められました。 正直、抗がん剤治療はできればしたくない気持ちがあります。 質問1.私の場合、やはり抗がん剤治療をすべきでしょうか? 質問2.私の場合、オンコタイプDXで低~中リスクという結果が出た場合も、抗がん剤治療をした方がいいのでしょうか?(主治医からは調べても意味がないと言われました) 質問3.抗がん剤治療はFEC療法3~4回、その後DOC療法3~4回と説明されました。 田澤先生も同じメニューになるとお考えでしょうか? <女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

一年後に2回目の針生検

5/(上旬)にお医者様にもし悪性だったら、抗がん剤など必要になるのか質問しました。 →必要ない。 画像で見ると、もしガンだとしても、非浸潤がんだろう。 乳頭から分泌液などはありません。 生理の前は左側の方が張ります。 痒みも出ます。 シコリというより、左下側に細長く一本張っている線がある感じです。 仰向けにならないとわかりません。 しかし、今回の針生検後からこの線のような張りが触れなくなりました。 乳腺が切れたということは考えられますか? そこからガンが浸潤することはないのですか? 今回の生検の結果で乳がん確定したとしたら、一年前の針生検は失敗だったということでしょうか? 早期発見できたかもしれないのに…と思うと辛いです。 もしガンだったら田澤先生に診ていただきたいです。 <女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ルミナールAリンパ節転移多数の場合の抗がん剤治療と妊娠出産について

①ルミナールAタイプでも、私のようにリンパ節転移が多数の場合は抗がん剤の適応となると聞いていますが、どの種類の抗がん剤が良いでしょうか。 (現時点での主治医の提案はFEC4~6クール+タキソテール4クールです) ②(“たられば”の質問で大変恐縮ですが)オンコタイプDXの結果、化学療法の上乗せ効果が低いと出た場合でも、リンパ節転移が多数の場合はやはり抗がん剤を検討するべきでしょうか。 ③術後補助療法と妊娠出産のタイミングについて、私の状況では、田澤先生はどのようなスケジュールを提案されるでしょうか。 欲張りかもしれませんが、子どもは3人欲しいと考えています。 また、私の場合ホルモン療法10年が妥当と聞いておりますが、10年間の間に妊娠出産を挟み、通算で10年間ホルモン療法を行うことは勧められるでしょうか。 <女性:29歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳頭からの分泌物について

私は53歳既婚で、出産経験はありません。 年に2回ほど月経はありますが、定期的に通院している婦人科ではほぼ閉経と言えると言われています。 一年に一度、マンモ・超音波・触診の乳がん検査をしており、昨年12月にした際はいずれも異常なしでした・ また自己流ですがセルフチェックもしていますが、自分ではしこりなどは感じられません。 ただ乳頭をつまみ分泌物のチェックをした際にここ2,3カ月に間に2回くらいきらりと光って分かるような透明の液が滲み出る事がありました。 乳頭を強くつまむときらっと光り、力を弱めると中に吸収されるような感じです。 滲んで出てるように思う時にティッシュで押さえても、水染みのようなものは分かりません。 乳頭全体をつまむというより、色が気になり(乳頭に色素の黒い所がまだらにあり、それが色のついた分泌物では?と不安になり) その部分をピンポイントでつまんでいたので、そこだけが出たのか定かではありません。 また毎回ではなく出る時もあれば出ない時もあり、毎日でもありません。 そして2日ほど前に同じようにつまんでみるとやはり同じような症状がありました。 同じ時間に10回見たら3回光ったように見え、7回は分からないという感じです。 <女性:53歳>

回答はこちらをクリックしてください。

肺に転移している可能性について

主治医は肺の気管支鏡検査とかでも多分わかるからそれを受ける事を勧め来ていてま ず乳がんの成分があるかどうか知りたいといいます。 私の神経から耐えられないセリフです。 肺のこんなところに影があるのは経験からガンの 可能性の方が高いと言われそして転移の方が最悪だよ死ぬまで治療をしないといけないとか肺がんの方がまだいいよ。 とか言われそれはそれで大変不安になりどうしていいかどう考えたらいいかわからないです。 一気に奈落の底に突き落とされてしまいました。 本当に腫瘍が少し小さくなってるように見えるだからこれは転移なんでしようか? <女性:55歳>

回答はこちらをクリックしてください。

治療方針について

ca15-3の腫瘍マーカーがそれまで20で安定していたのに8月に22.6 11月に31.9と上昇しました。 CTを撮りましたが画像ではわからず、11月にはpet-CTを大学病院で受けましたが、「画像では転移を疑う変化を指摘できず。」取り敢えず薬を12月よりフェマーラに変更しましたが12月41.6→1月68.1と腫瘍マーカーが上昇しています。 2月にまだ腫瘍マーカーが上昇しているならば薬を変更することになりそうです。 フレア現象なのかどうか画像では判断できないので判断が難しいみたいです。 主治医はフェソロデックスか、早い時期に抗がん剤か悩んでいるみたいです。 <女性:53歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳腺症細胞診

二年前に初めましての乳ガン検診で右胸に腫瘍が確認されて、形が気になるとゆう事でバコラ生検を受けました。 二個摂取した所悪性所見は見られませんという結果でした。 それから医師からは一年に一度の検診で大丈夫ですと言われていましたが自分的に不安な為半年に一度のエコー検査を受けていました。 そして先月のエコー検査で嚢胞内に腫瘍があるかもという事で乳管内乳頭腫の疑いで細胞診となりました。 結果class2で結果報告書には異形に乏しい乳管上皮細胞がシート状管状集塊を形成し出現しています。 集塊は核の配列整い、結合良好、筋上皮の付着が見られ二相性が確認できます。 積極的に悪性を疑う所見は見られず、乳腺症など良性病変が考えられます。 判定区分は正常あるいは 良性に該当しますとなっています。 専門的用語で意味合いもわからず、生検をして経過観察も不要だった嚢胞がいきなり乳管内乳頭腫の疑いとか言われてとても不安です。 この細胞診結果から乳管内乳頭腫ではなく乳腺症という事でよろしいのでしょうか? この細胞診結果を聞きに行ってから医師は一年に一度の検診で大丈夫ですと言っていました。 <女性:35歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳癌の初期診断

先月の(中旬)日に左胸にしこりを見つけ、近所の乳腺専門医を受診し、乳癌との診断を受けました。 現在は、近くの大学病院を紹介され検査を開始したところです。 骨シンチ、造影剤のCTの結果待ちです。 最初の話では、しこりは15㎜。 エコーでは、気になるリンパの腫れはないとのことです。 ①エコーの診断は、何割くらいですか? ②現時点での遠隔転移の確率は? <女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。