乳がん手術は江戸川病院・東京

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

脇のしこり   [管理番号:6484] 
排卵~生理前に両胸が張ってチクチクする痛みがあるのですがしこりはないのであまり気にしていませんでした。最近、脇のくぼみの部分(質問コーナーの②の辺りです)に小さなしこりを見つけました。

くぼみの奥の方で強めに触らないと触れないのですが触っても痛みはなく動きません。
気になって触ったり押したりしていたら翌日に少し痛むようになりました。

生理前になると少し大きくなって腫れている?様な感じになるのですが生理後は元の大きさに戻るので副乳ですか?
年齢からしてがんはないだろうと思ったのですが色々調べて不安になったので質問しました。
<女性:22歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

お尻の痛み(坐骨神経痛?)について   [管理番号:6483] 
抗がん剤治療を避けたくて、オンコタイプDXも受けましたが、残念ながらスコア33という結果だったので、5月からTC療法(ジーラスタ併用)を受けています。
来週3クール目です。
今後、放射線治療とホルモン治療という標準治療をうけることになっております。術後はずっと仕事を休んでいて、あまり動かない生活が続き背中や腰が痛かったのですが、抗がん剤治療を始めてから、今はお尻の筋肉、骨が痛いです。
痛くて横になるのも座るのも辛いです。
主治医は痛み止めの薬(ロルカム錠)を服用するように言うだけです。
いろいろ調べると、私のこの痛みは坐骨神経痛と症状が似ています。
そしてその原因の一つに乳がん等の骨盤への転移もあるとのことです。
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

エコーに映らないが確かにあるしこり。ご助言ください。   [管理番号:6482] 
4日ほど前の金曜に右胸の上部内側にコリコリとしたしこりに気づきました。少し強めに押さないとわからないもので、先生のおっしゃる「サーッとなでる」ではわからない程度です。

腕を上げたり、横になると全然わからなくなり、座位、もしくは立位できつめに触ると分かる、という感じです。

本日、マンモとエコーを受けてきましたが、結果、わからない、という感じでモヤモヤしています。

別の病院に行くべきかご助言ください。

先生に触診してもらうと、
先生も、強く押さないとわからない、だいぶ底の方だね、ツルツルしてる、動きはあまり大きくないとおっしゃっていました。

その後、技師によるエコーを受けて、マンモもうけました。

マンモには何も映っておらず真っ白、
エコーでは隆起を確認できるが、乳腺の層よりも下で隆起しており筋肉組織に見える、つまり肋骨の突起ではないか、というエコー技師の所見をいただきました。

ただ、お医者さんによると、あまり動かないけれど骨にしては動くので、僕は骨じゃないと思う。

ガンの所見はないけれどはっきりわからない。

もしかしたら、乳腺炎の炎症の名残かもしれないし、半年後にもう一度エコーしましょう、となりました。
(実際にはやっぱり3ヶ月後にしよう、となり9月になりました)

とりあえず乳腺には何も映らなかったんですが、しこりは確かにあります。
<女性:32歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の化学療法について   [管理番号:6481] 
4月に左乳房切除と腋窩郭清の手術を受けました。現在、術後補助療法としてEC療法の1回目が終わり、その2日後ジーラスタ皮下注射をしたところです。

病理検査の結果は下記のとおりです。

浸潤性乳管ガン (triple negative)
病理組織所見:リンパ管侵襲が目立つ
最大径:2.6×2.3 cm
リンパ管浸潤:ly2 , 血管浸潤:v0 , 断端浸潤:断端(-)
Intraductal spread(+)、Comedo pattern(+)、Calcification(
Calcification(-)、ELC(-)
核異型度:G3、核異型2・核分列数3
リンパ節転移:レベル1 (0/5)
stageⅡA:pT2、pN0、M0

①検査結果のIntraductal spread(+)、Comedo pattern(+)、Calcification(
Calcification(-)、ELC(-)の意味がよくわかりません。
どういう内容でしょうか?
<女性:64歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

マンモトーム後の外科生検について   [管理番号:6365] 
いくつかお伺いしたいです。① 病理結果に関して、私の理解で正しいでしょうか?
② 先生のコラムによると、マンモトームで結果が出ないのは約5%で、その結果外科生検をするとその5-7割が悪性、となっていますが、私の場合はこれに当てはまるのでしょうか。
大事をとって外科生検をする、のかそれともこの病理結果によると、悪性である可能性が高いのか、先生のご意見を伺いたいです。

③ 祖父祖母両親兄弟含め、身内には癌になったものはいません。
唯一、6年前、母の姉(おば)が70台後半で乳がんと診断され、しこりを取りました。
おばによると、
かなり大きな野球ボールくらいのものだったそうで、胸が軽くなったと言っていますが、放射線、化学治療はしたかどうかわかりません。
当時の話によると、切って終わり、のようでした。
おばは今も元気です。
私自身が石灰化となり、このおばの症状は巨大な石灰化だったのでは、という都合のいい想像をしています。
そういう症例はあるのでしょうか。
自分の結果が出るまで家族に心配をかけたくないので、おばのことについては聞けません。
申し訳ありませんが、先生のご所見を伺ってみたいと思って少し横にそれた質問になります、すみません。

手術を10日後に受けることに決めて、今週、術前の血液検査、レントゲンを受ける予定ですので、手術を受けるかどうかは迷ってはいませんが、この状態がどのくらい悪いのか、また外科生検が過剰な検査ではないのかどうか、を知りたいです。
もし、本当に疑わしいものなら、先生がこのコラムでいつもおっしゃっているように、浸潤はないので、マージンを多めにとって2回目の手術はなし、ということにならないのでしょうか。
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。