乳がん手術は江戸川病院・東京

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

センチネルリンパ節生検後の腋窩リンパ節郭清の確率は?   [管理番号:5942] 
今月初旬、家族性(母も81歳でたまたま造影剤を使ったCTにて乳癌がわかり全摘)左上部外側(8mm)浸潤癌1期と告知。

センチネルリンパ節生検ですが、その結果転移なし・転移があっても微小でそのままでよい場合・腋窩リンパ節郭清・郭清なし等の確率はどの位でしょうか?

それから以前B型肝炎の人の質問がありましたが、私は発症したこともないのですがHBSは+です。
治療法はそこに書かれていたのと同じでしょうか?
部分切除した場合のその後放射線治療が必要になった場合心配です。

田澤先生は全摘で腋窩リンパ節郭清を勧められますか?
<女性:63歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

局所再発で全摘した後の定期検査で   [管理番号:6451] 
10年ほど前に右側の乳房の温存手術をおこない、抗がん剤と放射線治療をおこないました。
1年半前に同乳房の乳輪下辺りに10mm×8mmの局所再発し、全摘手術をしその後、3ヶ月ごとに血液検査、6ヶ月ごとにエコーと血液検査をしています。
今回のエコー検査で全摘した部所の外側5cmほどの所に半年前の検査では認められなかった、悪性でないと言いきれないしこりがあるとのことで、心配しています。
腫瘍マーカーは問題なしです。
エコー検査の日は帯状疱疹が体にできていました。
針検査をしていだだき結果待ちです。
再発でしょうか?
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤がんのホルモン治療について   [管理番号:6450] 
左乳房乳輪下に1.3cmの石灰化を伴う腫瘤があり、2月に温存手術を受けました。
非浸潤がんでリンパ節転移もなく、術後は放射線治療を25回
受け、ホルモン治療は癌も取り切れているので受けても受けなくてもよいとのことでした。

私は子宮に5cm超えの筋腫があると言われていたので、副作用で筋腫が大きくなるのが不安で、子宮体癌のリスクがあがることも聞いたので受けないつもりでいました。

ところが、4月になり主治医が転勤のため変わると一転、非浸潤がんでも全摘でなく温存手術の場合はホルモン治療は8~9割の人が受ける治療だと言われました。

はっきりと前の主治医は間違っていると言われ、何を信じていいのかわからなくなりました。
他にも、ホルモン治療を受けなかったら次に癌が見つかるときには浸潤がんであり、一生治療を受けることになるけれどいいのか?定期検査もそんなに詳しいことは調べない。
ホルモン治療を受けないで再発した人は精神的に追い込まれるなど、受けるとしか選択できない説明を受け苦しくて仕方ありません。

子宮体がんの不安を伝えると、乳がんのリスクよりはるかに少ないから心配はなく生理を止める注射をすればよいとの返答でした。

私は最初に受けても受けなくてもよいと聞いていた治療なので、すぐに受け入れることが難しく、先生の言い方にも反発を覚えるのですが、そんな理由で治療を決めることもできず悩んでいます。

どうかアドバイスをお願いします。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。