乳がん手術は江戸川病院・東京

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

非浸潤性乳管癌について   [管理番号:6097] 
非浸潤性乳管癌 7mm ER+・PgR+・HER2-で温存適応との診断がくだされました。

しかし、その後のMRIで外側に75×30×25の広がりあり。
一部浸潤の可能性あり。
との診断でセンチネルリンパ+全切除となりました。

・広がりが大きく心配です。
しこりと広がりの違いはどのように解釈したらよいのでしょうか。
当初はステージ0とのことでしたが、これだけ広がっていても、早期となるのでしょうか。
場合によっては抗がん剤も、との話しもあり動揺しております。

・一年前の人間ドッグで受けたマンモの結果「石灰化あり、良性、一年後受診」とありました。
既にそれが癌だったのでしょうか。
一年待たずクリニックを受診しなかなかったことを後悔しております。

・当初全摘を希望していたのですが「身体にもそれなりの負担があるし、全摘は必要ない、温存で充分」との見解を頂き私自身も温存に傾いていた後の全切除。
田澤先生でも、この大きさだとやはり全切除となりますでしょうか。
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

線維腺腫について   [管理番号:6096] 
昨日、細胞の結果が出まして、がんではなく線維腺腫と言われました。

先生は8割悪性と思っていたと言われましたが、細胞の結果大丈夫ですと言われましたが、線維腺腫で信用しても大丈夫なのでしょうか?

あと、脇の下に平べったい脂肪みたいなやわらかいしこりもあり、エコーでもみてもらったのですが、問題ないといわれました。
こちらの脇のしたしこりの質問も何度も読ませて頂きましたが、脇のしたのしこりを触ると痛いですし、もっこり腫れてもいます。

時々、ちりちりと痛みもあり、これは年齢によるホルモンのバランスが崩れてるものと考えて大丈夫なのでしょうか。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤癌から浸潤癌への移行スピード   [管理番号:6081] 
質問ですが、
①範囲が広がっていることから、
2016年9月末、初めて石灰化を指摘された時点で恐らく乳がん
だったのではと思います。
既に1年半経っています。

MRI検査後の主治医の先生の口ぶりや、しこりがないことから、
非浸潤癌と思われますが(針生検の結果次第ですが)、
1年半も経っていれば浸潤する可能性は高いでしょうか?
一概には言えないかもしれませんが、どうかご意見お聞かせ下さい。

MRIの結果全摘と言われても中々受け入れられません。

最初の時点で針生検していれば温存対象だったかもと、
今更言っても仕方ないですが悔いが残ります。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤癌と診断され、その後乳頭腫の可能性を指摘されました。   [管理番号:6095] 
質問です。

良性と判断された場合、経過観察になるかもしれないと言われましたが、これだけ非浸潤癌と言われた以上、そのままにして大丈夫なのでしょうか?

病理結果が変わることは、よくあるのでしょうか?

良性と判断された場合、外科的にしこりを摘出し、調べてほしい気持ちがあるのですが、間違いでしょうか?

乳頭から分泌液などはありません。

画像上は悪性の可能性が高いと仰っていて、病理も良性の可能性は限りなく低いと仰っていましたが、良性と判断されることもありますか?

(下旬)日に手術を控え、良性の可能性を指摘され、大変混乱しております。

悪性も受け入れたタイミングで良性と言われても、不安でたまりません。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤の必要性   [管理番号:618] 
タキサン系の抗がん剤について、今の段階でやらなくても良いか、行った場合とやらなかった場合の転移・再発率のパーセンテージ。タキサン系の副作用の末梢神経障害がものすごく不安で、この末梢神経障害が後遺症として残るパーセンテージを教えて頂きたい。(知人で、つい最近治療を終えられた方がいて、包丁が持てない、本がめくれない、家事はできない、という様な事を伺ったのでものすごく心配です。<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ乳癌について   [管理番号:5981] 
トリプルネガティブ。
1.6cmステージ1。
グレード3ki67が95%高く気持ちが落ち込んでいます。
今月末から抗がん剤が始まりますが私の生存率はどれぐらいですか?
抗がん剤はききやすいですか?
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。