乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

放射線療法について   [管理番号:5286] 
退院後の外来で、腫瘍は2ミリ、浸潤と非浸潤が混在している、放射線療法は無理にする必要はないが、受けたければ次の外来までに自分で決めてください、とのことでした。
ホルモン療法のお話はなく、それ以外の病理の結果についても説明はありませんでした。
ステージは1だそうです。

1、温存手術後の放射線療法は、必須と考えていいでしょうか?
2、腫瘍が小さければ、放射線が必要のない場合もあるのでしょうか?
再発が心配なので、自分としては治療を受けるつもりでいましたが、主治医より、そのように言われ悩んでおります。
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳癌のセルフチェックは難しいですか?   [管理番号:5446] 
左胸が乳腺症です。
たまにセルフチェックをするんですが、何がなんだか分かりません。
乳腺症側とそうじゃない側の差もあまり分からず、表面も滑らかといえば滑らか
ですが少し強く触るとボコボコ波を打ってるようにも感じます。
あばら骨なのか乳腺なのか分からないような感じもあります。

もし乳癌のシコリがあれば私のようなど素人でも分かりますか?
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

葉状腫瘍について   [管理番号:4695] 
自分で触った感じだと、33歳の時のしこりと違い、触った感じが、表面がでこぼこで硬く、皮膚表面に近いのも感じます。

質問したいのは、しこりの下側(身体に入っている側)はマージンが取れますが、しこりの上側(皮膚表面側)はマージンが取れないのではないか、と思うのです。

約10年たっての再発です。
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

全摘術後の治療法について   [管理番号:5385] 
結果から、腫瘍専門医から、まず①リンパ節郭清手術 をし、②化学療法 その後③放射線(必要であれば)、④ホルモン療法5年、と説明されました。

こちらの過去のQ&Aをみて、私のような Luminal A の場合、リンパ節転移が4個以上の場合のみ化学療法が必要、と解釈していましたが、
医者からはリンパ節転移の数によって等の説明はなく、化学療法はリンパ節転移があったことと、私の年齢を考えると当然必要だと言われました。

妊娠を希望していることもあり、できることなら化学療法はしたくないと考えています。
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳管内乳頭腫について   [管理番号:5445] 
乳がんプラザのQandAを拝見していると、乳管内乳頭腫を本当に放置でいいのか気になっています。

先生はなぜ細胞診をしていない乳管内乳頭腫を良性だと言い切ったのでしょうか?

分泌物に関しては、田澤先生のご回答を引用させていただきますと
「絞ったら常に出る(勿論単孔性)」それが「3カ月以上継続」

であったら、気にした方が良いとのことですが、

下着につくことがない、自分で絞ってもでないので継続しているのかわからな
い。
単孔性であるか自分で確認できない。
(マンモグラフィーで出た時は一箇所からだったように見えた。)

という状況です。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

今後の治療法について   [管理番号:5444] 
AC療法二回目を行った日の夜

体調が悪くなり、意識喪失し

救急で入院しました。

抗がん剤による、低ナトリウム血症 SIADHと

診断されてしばらく入院しました。

とても副作用が辛かったため、私のワガママでAC療法をやめたいと訴え、

主治医の先生も心配して、今後の治療法を色々考えてくださり、

ACは2回で終了し、今後はドセタキセルを4回を6回に増やしましょうと提案していただけました。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。