乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

異時性両側乳がんの治療について   [管理番号:5350] 
パクリタキセルがあまり効果がなかったので、追加で抗がん剤を行う予定ですが、追加の抗がん剤について主治医が他の先生とも相談するという事で結果待ちです。

候補①
EC4回
標準治療だが心毒性の問題あり
候補②
ゼローダB法
標準外だが術後の補助療法として効果があったとのデータあり
候補③
ECとゼローダの両方

質問①
どの抗がん剤が有効でしょうか?
ECは副作用と抗がん剤の効き目があるのか不安です。

質問②
再発率はどのくらいなのでしょうか?
半年で1.7cmの腫瘍ができた事とki-67が高値なので再発が不安です。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

適切な抗がん剤治療ついて   [管理番号:3928] 
しこりは3,5センチ、硬がんと実腺管がんが混じったもの(ステージ2)とのことでした。

ホルモン感受性 陰性
HER-2: 3+
Ki67 :50%
リンパ転移 1/5(特に気にしなくて良いと言われました)

自分が聞いた説明はこれだけなのですが、この結果、ハーセプチン+タキソテール4クール(ハーセプチンのみ1年)との説明を受け治療することにしました。

治療前日に入院し、看護師より貰った治療計画はパージェタ+ハーセプチン+タキソテールと言うものでした。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がん 肝臓転移   [管理番号:5349] 
15年前、右胸乳がん 肝臓に転移してました。

ハーセプチンとタキソテール 9ヶ月で、肝臓のガンは、消滅しました。

心臓の収縮がありタキソテールは、中止。

4ヶ月間ハーセプチンとリュープリンを治療しましたが、
しこりは 消えず右胸摘出
以後リュープリンとタスオミンを11年6ヶ月治療しました
現在、フェマーラを半錠飲んでます。

CT,血液検査とも異常なし。

フェマーラを飲む少し前に、主治医が、かわりました。

今の主治医は、もう治療をしなくてもいいと言いますが、
やめても大丈夫でしょうか。
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

授乳中の分泌液   [管理番号:5348] 
29歳で1歳4ヵ月の娘がおります。

恥ずかしながら、まだ授乳中でございまして
2日前に左乳房が痛いなと思い、白いタオルの上で絞ってみると、最初に黄色?膿?のような分泌液が母乳に混じり、ずっと絞ってみると、茶色か血までいかない色のような分泌液が母乳に混じっていました。
良く見てみると一つの穴から出ておりまして、傷はないですし、しこりもありません。

次の日また絞ってみると、黄色の分泌液が母乳混じるだけで、茶色の分泌液は出なくなりました。
<女性:29歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。