乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

術後の治療について   [管理番号:5344] 
病期 TKNOMO
ステージ1
術式 右
乳房温存術 Bp+SN
センチネルリンパ節生検
リンパ節郭清 なし

組織型 IDC(sci)
診断:浸潤性乳管癌?浸潤径:1.2×1.1cm
センチネルリンパ節生検 陰性
リンパ節郭清 なし
エストロゲン受容体 陽性 95%
プロトゲステロン受容体 陽性 5~50%
染色法 0.1+
脈管浸潤 陰性
組織学的グレード 3?切除断端:陰性?Ki-67:20~30

放射線治療後にホルモン治療を行う予定です。
<女性:54歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

30代後半で見つかった7mmの腺腫   [管理番号:3662] 
去年の10月に受けた時には何も言われてなかったのが自分では気にかかり、
乳腺外科に受診、乳腺エコーとマンモを受けました。

マンモは異常なし。
乳腺エコーも左はカテゴリー2でおそらくは腺腫でしょうとのことで。
(ここでは7mmと言われました)
連日の報道でナーバスになってしまっているのとこちらのサイトでは30代後半で見つかる腺腫には注意が必要との事。

針生検をしてもらった方がよいでしょうか。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

センチネルリンパに転移ありでの抗がん剤の必要性について   [管理番号:2938] 
オンコタイプでのホルモン治療のみと化学療法追加での差が
何%ぐらいあると化学療法上乗せが効果的と思われますか。
(個人的には5%ぐらい差がでると化学療法追加を考えたくなります。まったく根拠はないのですが)
判断のひとつとさせて頂きたく、よろしくお願い致します。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

2ヶ所の腫瘍疑い   [管理番号:5305] 
マンモトームまで時間があるので、とりあえず針生検の同じ検体を再検査に
5月下旬 同じ結果 この時エコーに腫瘍が映ってたとさらっと見せられる。

悪性かどうかは、まだわからないと。
なかなかわからなかった腫瘍がな
ぜ今になって?大きさは?
気が動転し、今になって聞き忘れてることに気付きました。

7月(下旬)日 やっとマンモトーム
MRIで映ってたもう一つの腫瘍からは、今回は取らないとのこと

そして本日結果を聞きに行きます。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

HER2陽性   [管理番号:5051] 
乳がんと診断されてから毎日泣いており、食欲も何をするのも無気力です。
針生検で、HER2陽性と診断されたのですが、オンコタイプDXをしても無駄でしょうか?抗がん剤に精神的に負けそうです。

抗がん剤をすると、閉経になる確率はどのくらいでしょうか?

7月(上旬)日に手術をするのですが、センチネルリンパ節で、転移が見つかれば全てとってもらっていいのでしょうか?

針生検でのしこりの大きさは8ミリでした。

術後の結果でまたご相談させて頂いてよろしいでしょうか?
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳癌と肺結核の並行治療について   [管理番号:4289] 
術後はタモキシフェンとハーセプチン単独を行っています。
放射線治療を行おうとした際のCTで肺に影が見つかり、放射線治療は術後4ヶ月経ちましたが行えていません。
気管支鏡検査もしましたが菌が見つかっておらず私としては肺癌の疑いもあります。
ただ、リンパ節転移は無い場合、乳管からの転移では無いでしょうか?
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。