乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

若年性乳がん   [管理番号:5329] 
湿潤性乳管癌(硬癌)
核グレード 2
ホルモンレセプター 陽性
HER2 陰性
MIB-1 11.8%
luminal like A
との事でした。
又、8月中に乳腺科の
先生よりCT.MRI.PETの検査をしましょうとの事でした。
予約はしました。

ご質問させて頂きます。

①妊娠、出産を強く希望していますが、田澤先生ならどの様な治療方針になさいますか?
②胃にもポリープがあります。
胃ポリープと、子宮ポリープは今回の乳癌と関係はありますか?
③癌転移等を考えるにはやはり、CT、PET等の検査はやはり必要でしょうか?
<女性:31歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術前化学療法について   [管理番号:5328] 
1.私の状態で手術先行の選択肢はありますか?
現時点で自身ではしこりは確認できておりません。

田澤先生の治療方針はどうされますか。

2.手術先行が可能として3か月遅らせた場合のがんの進行リスクはどうなりますか。

3.この診断ではリンパ節転移の事は言及されてないように思いますが、更に調べることもできるのでしょうか。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

脇リンパ節再発について   [管理番号:5327] 
1. リンパ節郭清しなくて、大丈夫なのでしょうか?
主治医は、浮腫のリスクが、高くなるので、腫れているリンパ節のみで、良いとのこと。

だか、放射線が必要と。

2.腫れていたリンパ節は、1個のみでしたが、摘出されたらものは、かなり大きいものでした…。

術前までは、リンパ節1個だけなら、と気持ちを前向きにしていましたが、想像より大きな摘出されたリンパ節を見て、怖くなってしまいました。

リンパ節の大きさについては、あまり話題に出て参りませんが、大きさによって気にしなければならならいことはあるのでしょうか?
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

放射線療法について   [管理番号:2878] 
私は昨年7月に右乳がんと診断、腫瘍径が4cmで8月から術前化学療法を実施し約2cmになりました。
今年3月に温存手術を実施しました。
1.温存術の場合、原則放射線治療を実施するとガイドラインでは記載されています。
しかし、術後の病理検査結果によっては省略若しくは照射の強さや期間などが軽くなることはあるのでしょうか?
2.ホルモン療法は、抗エストロゲン薬+LH-RHアゴニスト製剤の使用が基本なのでしょうか?
年齢や病理結果から様々なパターンがあるかと思いますが、教えて頂きたいです。
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳首のしこり、良性の何か   [管理番号:5326] 
1、ガンなど悪いものの可能性を考え、切開をする様な検査をしたり、もしくは何か他にした方が良い検査はありますか?

または他病院でもみてもらう方が良いでしょうか。
((北海道)在住の為そちらの病院には行けないのですが)

2、もし、切開をする検査をしたら、どれくらいの期間授乳不可になりますか?

3、もし何か悪いものやガン、もしくは
大きな問題のないもの、いずれの場合であっても、授乳をしても赤ちゃんに悪影響は一切ないのでしょうか。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療について   [管理番号:5325] 
私は今回の手術方法に疑問をもっています。

しかし既に手術は終わっており、このような状況下、早期の再発、転移は免れない状況ではありますが
出来うる術後治療は確実に行いたいと思い、現在までに
EC 4回→weeklyパクリタキセル12回→放射線照射25回(胸壁及び鎖骨部分)→ハ-セプチン、ホルモン療法(タモキシフェン+LH-RHアゴニスト)をしています。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。