乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

局所再発について   [管理番号:5279] 
7月(中旬)日  局所再発の告知を受け放射線を受けるようにと放射線科に回されたけど痛くて横になれないことを伝えるとようやく緩和ケア科の受診が出来てタペンタとオキノームが処方されました。

7月(中旬)日より経口抗がん剤開始

2週間タペンタとオキノームの内服を続け途中リリカも追加になりましたが横になって寝ることは出来ず放射線を急いでいた為7月(下旬)日入院し硬膜外麻酔を入れました。

7月(下旬)日より緩和ケア科の先生立会のもと4回の放射線を受けましたが4回目の8月(上旬)日放射線終了後意識喪失してしまい放射線は完全に中止。
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン治療の副作用と継続判断   [管理番号:5278] 
■ 相談内容
乳がん手術後から持病の血液疾患のデータが悪くなり、ホルモン治療を一部中断してみたのですが、約1カ月経過しても改善してきません。
血液の主治医からはデュープリンのほうも停止してみては?とアドバイスをされたのですが、ホルモン治療をこのまま停止し続けている事が、再発や遠隔転移につながるのでは?と恐怖でいます。
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がんのしこりのサイズの変化について   [管理番号:5277] 
非浸潤がんで大きさは7ミリとの告知を受けました。

セカンドオピニオンなどを受けている間に3~4か月ほど過ぎてしまいましたが
『進行は遅い。しかし今は7ミリだが、ゆくゆくは1センチを超えるので、早い方が切る容積も少なくて済む』
との主治医の後押しを受け手術を決意しました。

しかし直前の診察で、主治医の先生から『しこりのサイズは1.2センチです』と言われました。

前回までの説明とサイズが違うようですが、とお尋ねすると『病状が進行したわけではない』『しこりが歪んだ形をしているから1.2センチ』
との回答がありました。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後 11年目の局所再発について   [管理番号:4989] 
11年前、45歳の5月に左乳癌 2.1mm大きさ2つ ステージ2a リンパ転移なしで温存手術をし、術後に抗がん剤治療(何クールかは忘れてしまいましたが当時で標準~最高だと思います)と放射線治療(こちらも標準回数だと思います)を受けました。

ホルモンマイナスでホルモン治療しておりません。

昨年の5月で術後10年になり、全身検査を受けました。

そこで手術をした左乳房にMRIの結果(マンモグラフィーとレントゲンでは異常なし)前回とは反対側に線維腺腫と思われる物がある 良性かどうかのかどうかの判断つかず という結果が出ました。
<女性:56歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。