乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

鑑別困難なしこりについて   [管理番号:4911]
乳がんの診断を受けました。

5月(下旬)日より詳しい検査が受け、現在2センチ×2センチの大きさ、MRIと超音波画像では形が歪で悪性の可能性あり、細胞診では鑑別困難、針生検では悪性所見なし。
今月(下旬)日に外科的生検予定。
しこりを手術で摘出し、しこり全体を病理検査をし、がんであるかどうかを調べ、がんであれば再度手術を行う。

私としましては、手術前にしこりの正体を知りたく、先生の病院にはマンモト-ムがあります。
それを受けましたらがんであるかどうかわかりますでしょうか、針生検と同じ結果となるでしょうか。
<女性:57歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳腺線維腺腫の診断について   [管理番号:4910]
結果、この手に触れるしこりは新しくできたもので、乳腺線維腺腫の特徴を画像上確認とのこと。
大きさは8ミリ程度とのことでした。

ただしこりが小さく悪性か良性かの判断が確実には難しい場合もあるので3ヶ月後の経過観察で再受診と言われました。

こちらのサイトで勉強していたこともあり、30代後半で新しくできたしこりは注意が必要との知識がありましたので、針で検査をする必要はありませんか?と先生に聞いたら、この内容では針は差しませんと言われました。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

嚢胞の検査について   [管理番号:4909]
6年ほど前から左右ともにいくつかの嚢胞がありました。

マンモやエコーで検査をしながらここまで来ていましたが、途中で消えてなくなった嚢胞もありました。

しかし昨日のマンモ検査で、左右の乳頭付近に同じくらいの大きさのぼんやりした白い丸い袋の中ようなものが写っていました。

エコーでは、右側に今までとは違う黒い袋ができていて、袋がいくつか重なっている形をしているようです。

黒い袋の中に白い線のようなものが見えていたのでそのような説明となりました。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

5月に乳頭乳輪皮下全摘手術をカナダで受けました。再度手術が必要か先生のご意見を伺いたいです。   [管理番号:4908]
今年4月初旬に乳がんの診断を受け、5月に右胸、乳腺のみを摘出する乳頭乳輪温存皮下全摘手術をカナダ、トロントの病院で受けました。
日本とカナダでは治療方針が異なることや充分な説明が医師から無いこと、又手術の日程が思ったより早くに決まったために自分自身この病気における知識がないまま手術を受けてしまったことを後悔しており、再度手術を受けなおした方がいいのかどうかを迷っています。
現在はカナダでセカンドオピニオンを受けられるかどうか、再手術を受けるなら日本に帰国し貴院で受けることが可能がどうかも含めてお聞きしたいと思っています。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。