乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

センチネルリンパ節生検   [管理番号:4325]
浸潤性乳管がん、エストロゲン陽性、プロゲステロン受容体陽性、HER2陰性、グレード3、ki67=38%
(年末で検査に1ヶ月と時間が掛かったので高くなった可能性があると言われました?)
ルミナールAまたはBと聞いています。

腫瘍マーカーは低く正常値です。

手術は、乳房温存術予定です。

私は、センチネルリンパ節生検を省略したいと思っています。
治療方針を決める上でも非常に重要だということは分かっています。
しかし、生存率にも影響せず、浮腫を心配して生活をしていきたくないのです。
リンパ節郭清はしたくありません。
生活QOLを重視しているからです。
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がん検診でカテゴリー4   [管理番号:4099]
12月(上旬)日にダイナミックMRIを取り、9日結果を聞きに行って参りました。

所見なしとの事で経過観察となり、半年後にマンモ.1年後にマンモとMRIをと仰って下さいました。
カテゴリー4だったので、悪性の覚悟はしていたのですが・・・
これ以上の検査は、設備がないのでここでは出来ないとの事です。

やはり、確定診断は必要ではないかと自分では思っているのですが如何でしょうか。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤治療をするべきか。   [管理番号:4693]
乳房温存術(円状)
センチネルリンパ節生検 陰性
リンパ節郭清 なし
腫瘍の大きさ 1.1 × 1.1
浸潤ガン(硬がん)
ホルモン感受性 高度
ホルモン療法 適応あり

核グレード2
脈管浸潤 あり(リンパ管)
HER2 染色法2+
DISH法 陰性
ki-67 40%

核グレード、脈管浸潤あり、ki67の値、年齢等によって抗がん剤治療も考えても良いということ。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。