乳がん手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

温存手術後の治療について   [管理番号:3910]
1.化学療法は本当に必要か。(必要ならばもちろんきっちり受けるつもりです)
2.一番先に化学療法と言われましたが、今月に息子の結婚式で遠方まで行く、大きな仕事が今月に集中しているなどがあり、副作用を考えて放射線治療を先にするのは問題があるか。
3.放射線治療を先にするならば、化学療法までの間にホルモン治療と放射線治療を同時にするということになっているが問題はないか。
4.化学療法をしながらの仕事継続は可能か。
5.和太鼓プレイヤーであるが、いつごろからプレイできるか。
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

形のいびつなしこりについて   [管理番号:4613]
細胞診でクラス1だったのに乳癌の可能性はありますか?
正しく採取できなかった可能性も考えましたが、エコーで見ながらしこりに刺さってる様子は私も確認しました。
また癌細胞は柔らかく採取しやすいので、もし固くて採取しにくく、あまり取れなかったのならそれは良性の可能性が高いと聞きましたが本当ですか?
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がん診断、骨転移   [管理番号:4312]
左乳 浸潤性乳がん
Grade2
ER(+90%),PgR(+40%),HER2(1+),Ki-67low(20%)
腫瘍径3.7cm

ルミナルAではないか。

マンモトーム生検ではリンパへの転移は見られなかったようです。

が、骨シンチの画像で左足の付け根の骨が溶けているようだと言われました。

明日、骨盤MRIで再度検査をする予定です。

そういえば、左足が何か痛いと感じていました。

骨の転移は考えられますか。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン療法と湿疹の関係について   [管理番号:4572]
3/(下旬)頃から、右肩や背中全体に痒みが出てきました。

(我慢できる程度の痒み)

その後、いったん痒みは静まりましたが、
3/(下旬)頃から、右肩や右腋の下あたりに
赤くぽつぽつした湿疹が、合計20個くらい出ています。

湿疹は痒みを伴っていますが、それ以外の箇所の痒みはありません。

(左半身は無症状です)

このような症状は、タモキシフェンの副作用なのでしょうか。

副作用だとして、タモキシフェンを止めなくてはならないほど、
危険な副作用なのでしょうか。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳頭分泌について   [管理番号:4023]
・白、透明以外の異常分泌(単孔性)があったということは、乳管異常があった(ある?)という認識なのですが、やはり分泌がなくなってしまったらその異常を確かめる術はないでしょうか?

・定期的な検診など経過観察になるようでしたら、ぜひ江戸川病院にお願いしたいのですが、可能でしょうか?
また、その場合は症状や先生の見解をふまえた上で、推奨する検診の頻度も教えていただけますと幸いです。
<女性:25歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳輪の凹みと膨らみ、乳頭が大きくなる   [管理番号:4612]
4月のエコーで左乳房に充実性腫瘤がみつかりましたが、細胞診は行われず、エラストグラフィーで脂肪のかたまりのような柔らかいものと判断されました。

乳輪下や乳頭内に何か病気が隠れているのではないかと心配です。
マンモグラフィーはしばらく撮っていないのですが、非浸潤がんの可能性はありますか。
<女性:29歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。