乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

アポクリン癌の治療について   [管理番号:4586]
病理結果は次の通りです。

・組織型 アポクリン癌
・しこりの大きさ 5mm
・ホルモン受容体の有無 無
・HER2タンパクの発現の有無 0
・核異型度 2
・切除断端 -
・脈管侵襲 +
・ki67 30%
・リンパ節は、術前の説明で「術前の超音波検査針生検やMRIの結果をふまえ、強くは勧めないが希望するのであれば調べましょう」との事でしたので調べていません。

今後の治療としては、局所については放射線治療を受ける事になっています。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

温存からの再発、予後に関して   [管理番号:4587]
もし再発した場合、切除手術になると思うのですが、先生は温存手術後の再発にて全摘した場合、初めから全摘した場合と予後は同じとありました。

私は再発が非浸潤乳がんにて見つかった場合は予後は同じと思うのですが、時間が経ち浸潤乳がんとして見つかった場合は全身治療が追加され、治療中には転移にも注意が必要となり、予後が同じとは考えられないのです。

私は再発したら全摘に抵抗はありませんが、予後が大きく変わるなら今からでも全摘したほうがいいのか不安があります。
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

妊娠中、授乳の変化、検診について   [管理番号:4585]
診察から2週間くらい経つのですが赤ちゃんが左乳を嫌がったり、吐き戻しがあったりするので血が混じっているのか…と不安になりました。

特に吐き戻しや搾った時に目でみえる血液はないのですが。

別の病院にかかるべきかなやんでいます。

授乳中のしこりは癌のしこりと触った感じはにているのでしょうか。
<女性:29歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤性乳がん治療法   [管理番号:4584]
私は4年前に多発性子宮筋腫の手術をしており、子供の頭程のサイズのもの(13cm)以外にも20個程筋腫を摘出しております。

まだ子宮が残ってる事と、又多発性筋腫が少しずつ育って来ている事もあり、タモキシフェンの服用で爆発的に筋腫が増加する事と子宮体がんの可能性を危惧しております。

もちろん乳ガンの再発の方を優先に考えホルモン療法は行いますが、私のような多発性筋腫をもちやすい体質の人へのホルモン療法へのアドバイスを頂戴頂ければ幸甚です。
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。