乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

術後5年が過ぎて   [管理番号:4514]
1)術後5年経過後のアロマターゼ阻害剤の継続について

2)術後5年経過後の検査の間隔について

3)再発した場合、発見が早い方がよいのかどうか

4)オンコタイプDXについて
<女性:60歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

手術後の治療について   [管理番号:4513]
右乳房の温存手術をすませました。
病理検査の結果はまだですが
手術前の説明では6ミリ浸潤癌her2ki6750パーセントとと言うことで
リンパへの転移がなければ放射線から
転移があれば抗がん剤から行ないますと言われました。
ホルモンに反応するタイプなのでハーセプチンも使うとのことです。
抗がん剤もです。
その後はホルモン治療に入るとのそとです。
KI67が高いと言う事は やはりそれほど
念には念をと言う事なのでしょうか?
<女性:60歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療について   [管理番号:4512]
質問ですが

①腫瘍径が4cm以上でも浸潤癌が2mmとのことなので、先生が以前回答されているようにステージ1ですよね?

②断端1mmのところに浸潤がんがあったとの事で、今後の治療は放射線を5週間プラス1週間照射、化学療法は不要。

この治療で問題ないですか?ホルモン受容体の発現は確認中で今月中にわかるかどうかとのことです。

③手術で取り切れなかった浸潤がんも放射線でなくなりますか?

④再発率を教えてください

⑤術後、ドレーンが入っていた胸の下が未だに腫れて痛むのですが、大丈夫でしょうか?
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。