乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

非浸潤性乳管癌と言われました   [管理番号:4498]
CTを撮るという主治医は、何か引っかかるところがあり、確認したい事でもあるのか?と心配です。

「針生検をした部分は非浸潤だったけれど、細胞をとっていない部分に浸潤がある事もあるので、転移の有無を確認する」と言う事です。

①針生検をした部位以外が浸潤していて、もう既に肺や肝臓などに転移していると言うことは、ある事なのでしょうか?
(針生検は4回バチンと採っていました。)
「非浸潤ならステージ0ですが、もし転移があればステージ4になるので。」と言われ、0と4!?あまりの落差に驚きました。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブについて   [管理番号:3882]
トリプルネガティブであることは針生検の結果からもわかっていたので事前に知らされていたのですが、浸潤部が30ミリと大きくなっていたことにショックを受けました。

主治医からは「思ったより浸潤部が広がっていたし、悪性度は高いが、リンパ節転移がなくてよかった。
(親族に乳がんの人はいないが)そういう人でもトリプルネガティブの人はいる。
気持ちを切り替えて化学療法をしていきましょう」と言われています。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

母のこれからの治療について   [管理番号:4497]
田澤先生にお聞きしたいこととしまして、
①これらの結果からやはり抗がん剤治療が必要であるかということ、
②保険適用ではないオンコタイプDx検査を受けてみた方がいいのかということ、
この2点です。

抗がん剤治療はがんの再発防止のためのありがたい治療だとはわかっておりますが、やはり母の気もちを思うとどうしても胸が痛みます。
<女性:57歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン療法について   [管理番号:4496]
10月に全摘同時再建手術を受けました。
この時の病理診断は、非浸潤癌が見つかりました。
現在、エキスパンダーを挿入して、シリコンへの入れ替え手術待ちの状態です。

全摘後、ノルバデックスを服用始めたのですが、吐き気、頭痛、蕁麻疹など副作用が強く、一旦休薬しました。
薬を変更して、トレミフェンを服用始めたのですが、こちらも同じような副作用とふらつき感があり、
日常生活が送れず参っています。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

粘液がんです。   [管理番号:4495]
まだ数値がでてない部分もありますが、ホルモン受容だね、と主治医はおっしゃっていました。

2週間後にki-67の結果を見てから、治療を決めていくことになります。

ki-67が低ければ、放射線とホルモン療法で大丈夫でしょうか?

局所再発やいろいろ心配ではありますが、
Q&Aを読む限り、そういったのは心配なさそうだなあと感覚的に思いますがどうでしょうか?

それと術後に乳頭付近まで内部を切除しているせいか、乳頭や乳輪にかさぶたがあり、はがれては少し出血をくりかえしてますがよくあることですか?
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。