乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

若年性乳癌の治療方針でファーストオピニオンとセカンドオピニオンで方針が異なっ てしまった。   [管理番号:2112]
この度、私の婚約者が若年性乳癌と診断され、ファーストオピニオンとセカンドオピニオンとで一部の治療方針が異なってしまい、私自身の専門とは懸け離れた専門的問題であるために判断しがたく、また、当院や知り合いには乳腺外科医はいないた
め、途方に暮れていることから、ご無礼は承知の上でご相談させて頂きたく、ご連絡させて頂きました。
<女性:31歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の病理検査   [管理番号:4316]
もしリンパ節に1個でも転移が残っていたら鎖骨とかルートのリンパ節にも放射線やった方がいいが、もしなければ乳房だけでいいかもしれないとの事でした。
先生からはおそらく乳房だけの放射線治療の可能性がそこそこ高いと言っていただきました。
このような状況ですが、主治医からは特に具体的にccrとは言われていませんがccr と考えてもよろしいのでしょうか?
また通常の腋窩リンパ節のレベル1 はエコーで確認できるのでしょうか?
<女性:54歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

リュープリン投与後のしこりについて   [管理番号:4392]
リュープリンを初めてもうすぐ一年になりますが、
今回初めて直径5cmぐらいのかたまり(硬結?)が出来てしまいまして、
動くと痛みを感じるのですが、放置しておいてよいものでしょうか。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳房温存術後の治療について   [管理番号:4358]
いま悩んでおりますのが、乳管の壁内への浸潤傾向が見られたとの結果から、浸潤している可能性がゼロでは無いのか、そうであればホルモン療法も受けたほうが良いのか、ということです。

医師からは、人それぞれ考え方があるからと、治療方針を示してもらえていません。

抗がん剤はやり過ぎな気がするとは話されていましたが。

1度乳癌になると、また乳癌になる確率が高いのでしょうか…
セカンドオピニオンを使うのが望ましいのでしょうか…
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。