切除術後の治療方針について

[管理番号:6649]

母の乳癌切除手術後の治療についてお伺いしたいです。

今年の3月に自身で左乳房にしこりを見つけ受診。
検査等の結果、今年6月に大学病院にて左乳房を全摘手術しました。

【術後の病理結果】

左A領域:灰白色分葉状腫瘤高度の核異型上皮が大小の充実胞巣状に浸潤増殖。
腫瘍胞
巣内の面疱壊死が目立つ。
間質は少量、乳管内癌成分は中等量。
充実型の浸潤性乳管癌に分類。

pT2(2.8×1.8cm)
Ly1、V0
Nuclear grade3
リンパ節:2/16(levelⅠ 2/16、levelⅡ0/10)
UICC:pT2、pN1a、M0
ER:90%
PgR:60%
HER2:陽性(3+)
ki67:40%
CK5/6:陰性

7月上旬に術後の受診にて担当医から、ルミナールB・HER2陽性・ステージⅡb、リンパ節に2個の転移ありと説明を受けました。

担当医は、顔つきも良くないタイプなので、術後治療方針として

化学療法(抗がん剤)、抗HER2療法(ハーセプチン)、内分泌療法(ホルモン療法)を勧められました。

母が、抗がん剤副作用に対する拒否が強いことを伝えると担当医は
化学療法をせずに、ホルモン療法とハーセプチン治療という選択肢もあります、と言われました。

その後こちらのサイトを何度も確認していると、田澤先生はハーセプチン単剤使用ではなく、抗HER2治療は必ず抗がん剤を使用すると書かれており、担当医の言葉にどうも疑問を感じてきました。
<女性:67歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


癌の確率

[管理番号:6648]

癌の可能性が高いと言われ大学病院を紹介されました。

しこり2.2センチ
右のリンパ節も少し腫れているのを
レントゲンを見ながら説明して下さいました。

現在、血液検査
エコー、マンモトーム生検、脇の下にも注射していました。

MRまで終了し、
来週、PETをし診断が出ます。

不安で調べていたところ
こちらのサイトにたどり着き、相談させて頂きました。

結果を待てばいいのですが
癌の可能性が高いという判断から良性という場合もあるのでしょうか?
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


病理結果からの治療方針について

[管理番号:6647]

先月温存で手術を受けました。
その病理結果が浸潤性の乳癌、病期T1、N1、M0で、ステージⅡAでした。
浸潤径は16mm、広がりは24mm。
断端は近接。
リンパ節転移は1個。
グレードは3で、ki67は23.8%。
ホルモン受容体とHER2受容体はともに陽性。

これをもとに抗がん剤、ハーセプチン、ホルモン、放射線、全てを受ける事になったのですが、これは普通なのでしょうか?
ちなみに抗がん剤はACとドセタキセルでした。

ki67の数値だけ見たら抗がん剤は受けなくてもいいのかと思い(こちらで拝見したので)
担当の先生に質問した所、それだけではなく総合して検討した結果受けた方がいいという事でした。

そこで、先生も同じ見解なのか教えて頂きたいです。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


術後5年経過、標準治療で終了していいのでしょうか

[管理番号:6646]

粘液ガンで術後5年になります。

2年間リュープリン注射と併せてノルバデックス服用5年になります。

主治医から、おとなしいタイプなので薬はもう終了でいいでしょうと言っていただいたのですが、再発が心配でなりません。

希望すれば薬を処方して下さるとのことですが子宮がんのリスクもある事から悩んでいます。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳腺からの膿

[管理番号:6645]

今生理3日目なのですが、何日か前から左乳首だけ痛みがあります。

初めての症状なのですが、生理のせいかと思ってました。

けれど今日絞ってみたらニキビの様な膿の後に出血しました。

しこりは見当たりません。

陥没しているのでそのせいかと思いましたがこの様な場合は病院へ行きエコーをしてもらえばすぐ原因がわかりますでしょうか?
癌と関係があるのかと思って不安です。
<女性:30歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


内胸リンパ節転移の場合

[管理番号:6644]

右乳房C領域
先日全適同時再建を行いました。

浸潤性乳管癌 solid+scirrhous
腫瘍径 2.5×2cm
f(+) s(-) p(-)
ly1v0

核グレード3
組織学的グレード2

センチネル0/4
ER(+) PgR(+) HER2(0)
Ki67 25-35
ルミナールBでオンコタイプを考えています。
 

それとは別に、術後(術前予約が取れなかったため)
PET検査を行ったのですが、
術側の内胸リンパ節にhot spot(SUVmax2.69→3.17)で
低値・術後のため経過観察になりました。

(術後領域にも集積あり(こちらは手術の影響))

もし内胸リンパ節転移なら、治療はどうなりますか?
<女性:32歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳腺構築の乱れについて

[管理番号:6643]

人間ドッグ機関での乳がん検査の結果です。

乳房視触診…異常なし
乳房超音波…異常なし
マンモグラフィ…右乳腺構築の乱れ(カテゴリー3)

ドッグ相談室に問い合わせたところ、
「3ヶ月~半年以内にマンモの再検査を勧める」
とのことでした。

今後 検査はどのよう進めていくのがよいでしょうか。

「3ヶ月~半年以内にマンモの再検査」は妥当でしょうか。

先生のお考えをお聞かせください。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


リンパ節癒着とは

[管理番号:6642]

現在わかっていることは 一番大きいしこりで エコーで計って1.1センチほどで 
他にも小さいものがいくつかあること 

一番私が気がかりなのは 左胸乳首少し上の左側の 一番大きいしこりから 脇に向かって 5センチほどのとても硬い 筋のようなものが伸びていることです。
しこりというより 節のある筋です。
ネットで探しても 私と同じ症状の人は出てきません。

乳房の上なので 腋窩リンパではないとは思うのですが ここは 胸のリンパなのでしょうか? 

節のある筋のような状態で 脇まで伸びているので いくつかのリンパが癒着しているのでは‥と 不安で不安で 仕方ありません。

担当医は 乳腺だと言ってみたり リンパが腫れていると言ってみたりするので 恐ろしくて仕方ありません。

リンパ節癒着だとしたら 私は3Aでしょうか。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


抗がん剤の順番

[管理番号:6641]

6月(上旬)日に右乳房を切除しました。

腫瘍は15ミリ
グレード2
リンパ管1
静脈0
リンパ節センチネル3個
ルミナールb ki67 50%

抗がん剤、ホルモン、放射線の治療を言われました。

5月(下旬)日からパクリタキセルを毎週うけてます。

私の性格からか、ECからよりパクリタキセルを勧められました。

でも、色々調べるとECが先で、追加でパクリと出てきます。

私のタイプで、パクリが先は、失敗ではないですか?
毎日不安で、治療にも前向きになれません。
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


来週から抗がん剤治療開始予定なのですが・・・

[管理番号:6640]

田澤先生への質問なのですが、

本当にこの流れで投薬を開始するべきか、他に選択肢があるのであれば田澤先生の御意見をお聞かせ頂けないでしょうか。

そして、私の癌のサブタイプは何にあたるのでしょうか。

癌のステージとしては細かく表記するとⅡBでしょうか。

悪性度のようなものも、この組織診断書からわかるのであれば教えて頂きたいです。

担当医から卵子凍結しないなら今すぐに、するのなら排卵日の関係からして遅くても8月後半から抗がん剤の投与は開始した方がいいと言われました。

私の癌の場合、早急に抗がん剤投与を急ぐべき腫瘍なのでしょうか。
(癌の増殖スピードが速いのでしょうか?)

上の方針でいくと31歳頃から妊活に入る予定なのですが、
私の場合生理が戻ってくる可能性、そして無事出産できる可能性はどれくらいありますか。

右のリンパ節が腫れているのですが、他に転移している可能性は高いのでしょうか。

(おそらく転移の可能性があるからまず抗がん剤を急ぐということなのだと思うのですが・・・。)

例えば薬がよく効いて投薬期間中に目に見える癌がなくなった場合、そこで抗がん剤を
やめることは危険ですか?
<女性:28歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


髄様癌の術後化学療法について

[管理番号:6639]

2018年6月手術(右乳房全摘、リンパ郭清なし)病理結果が出ました。

髄様癌
浸潤径19mm  センチネルリンパ生検0/7
核グレード3、組織学グレード3
ki67 74%
脂肪浸潤+、リンパ管侵襲-、血管侵襲-、切除断端-
ER1%未満、PgR 0、HER2 -  トリプルネガティブ

髄様癌はトリプルネガティブの中でも予後の良いがんと言われているが、術後の化学療法が必要との説明を受けました。

質問です。

①19mmでステージ1ではあるが、ステージ2に近いため化学療法の期間をどのように考えたら良いでしょう。

腫瘍内科の医師と後日面談予定ですが、乳腺科の主治医からはEC×4回もしくはddAC×4
回は必須。
その後wPTX×12回もしくは3wPTXを追加するかどうかと言われています。

主治医はwPTXを追加すると過剰かもしれないが、グレード3やki67の値、トリプルネガティブであることを考えるとしても良いのではと言われました。

私は少しでも上乗せがあるのであれば、がんばりたいと思いますが、髄様癌がめずらしくデータが少ないので判断が難しいと言われ、迷ってしまいました。
先生ならどう考えられますか?
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


術後の化学療法について

[管理番号:6638]

細胞診、CT、MRIにて
大きさ23mm、グレード2(3,2,1)
ER80、PgR70、HER2陽性(score3+)、
Ki67-15%、画像上は転移なしとなりました。

腫瘍が乳頭に近く、アンスラタキサン、ハーセプチン使用後、温存手術をすすめられましたが、他の選択肢も提示してくださり、またここのサイトも参考にさせていただき、手術先行、全摘同時再建、術後はTC療法とハーセプチン、ホルモン剤の予定でした。

しかし、センチネル生検にて3.2mmの転移が見つかり腋窩かくせいとなりました。

同時再建はそのまましていただきエキスパンダーが入っています。

担当医からは、術後の病理診断の結果で、
TCではなくアンスラタキサン、また再建後に放射線治療と言われています。

田澤先生はlowriskであればTC療法と言われていますが、どの辺りまでTC療法で可能なのでしょうか?
過去の質問を読み返しましたが、リンパ節転移1つ、ルナミルB(her2-)の方にTCで良いと言われてるのを見つけましたが、
私のようにher2+でもリンパ節転移が1つのままならなTC療法のままでも良いでしょうか?
過去質問を読ませて頂くとリンパ節転移4個で放射線治療かなとは思ってますので、
そこがher2陽性でもTCからアンスラタキサンへの境目と判断してもよろしいでしょうか?
画像上リンパ節転移はないと言われていたので、かなりのショックです。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


抗がん剤治療について

[管理番号:6637]

抗がん剤治療についてご意見を頂きたくメールいたしました。
6月にstage2b 浸潤癌リンパ節転移疑いで乳房温存、リンパ郭清の手術をしました。
術前検査では術後に抗がん剤治療を開始する予定でした。
術後の病理の結果、リンパ節転移はなく腫瘍も1センチなので抗がん剤治療はしてもしなくても患者さんに任せますと言われました。
抗がん剤治療をしなくても大丈夫でしょうか?
術前検査では腫瘍19×20×8mm、ER50%、
PR1%、HER2 3+、ki70%、リンパ節転移なし疑い。

術後結果は腫瘍0.9×0.7×1.0cm、リンパ節転移なしでした。

正直決められないし迷っています。
ご意見いただけると幸いです。
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳腺線維腺腫疑いなのに精密検査

[管理番号:6636]

2015年6月から会社の集団検診でエコーを受けていて、
右胸に過誤腫疑い、一年後の検診も受けてくださいとのことでした。

2016年6月はそれが乳腺線維腺腫という名前に変わっており、技師の人に聞いたところ大きさは変わっていないとのことでまた一年後の検診受けてくださいとのこと。

2017年6月は妊娠中でエコーが分かりづらく、かなり時間がかかりましたが見つけてくれ、同じように乳腺線維腺腫、一年後にまた検診とのことでした。

現在育休中で、検診を受けている病院ではなく個人的に乳腺の専門医に診てもらったところ、「大きさが大きくなっているのかわからないし、
妊娠で大きくなる可能性もある」が、「2.3センチの大きさ」になっているとのことでした。
大きくなっているようなら針を刺して診ましょうとのことでしたが、検診結果の細かい数値は病院側に問い合わせないと分からず、それを待つのも不安なので今日針の検査をしてもらうことになりました。

エコーでは良性か悪性かわかるものかと思っていましたが、「悪性の疑いもぬぐいきれないですか?」と聞いたところやはりぬぐいきれないようです。
先生のメモには乳腺線維腺腫疑い、と書かれていましたが、がんを疑うから検査をするのかと思い気持ちが落ち込んでいます。
<女性:27歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


センチネルリンパ節生検で転移あり

[管理番号:6635]

摘出手術を受けたところ、
センチネルリンパ節生検で転移が見つかりました。
胸の癌は8mmで転移は考えなくていいと言われていたのでショックです。

ただ、ミクロサイズのものがいくつか固まってあり2mm程度ととても小さいのでそれだけとって、腋窩リンパ節郭清はしないと言われました。

アメリカでは転移とみなさないほどのサイズだしルミナルa だからあとは放射線とホルモン治療で大丈夫です、と言い切られたのですが、転移があれば腋窩リンパ節郭清した方がいいんじゃないでしょうか。
とても不安です。
そういう選択肢はあるんでしょうか。

また、熱が下がらず、ドレーンもあるのに明日の朝には退院予定です。
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


手術後の治療方針へのアドバイスをおねがいします

[管理番号:6634]

今回先生におうかがいしたいのは、先生でも上記の治療方針を推奨するかということと、再発リスクに対してどういう風に考えられるのかということです。
無治療では20%しかなく、フルコースでも7%というのはとても微妙に感じます。
私としては、全部悪いところは切除されて癌の大きさも大きくステージ1なのにどうしてフルコースをしなくてはならないのか、その必要性がそれほど大きいのかよくわかりません。
担当医のの説明では、センチネルリンパ節1個の転移と組織グレードが3であるということを考慮して、たたけるうちにたたいておいた方がいいんじゃないか、念には念をという考えでした。
担当医の言いたいことも理解できますが、100%自分の中で納得できていません。
大変お忙しいとは思いますがどんなことでもいいので先生の見解をお聞かせ願えないでしょうか。
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


リンパの腫れ

[管理番号:6633]

どこかでの質問で回盲部のリンパの腫れについてで田澤先生は回盲部のリンパの腫れは気にしなくて大丈夫とありましたが、
この間たまたま受けた腹部エコーで一箇所のみ回盲部に6-7ミリ程の豆のようなリンパの腫れを指摘され経過観察をといわれ不安になっています。

このような場合もそこまで不安にならなくて大丈夫でしょうか?
ネットで調べると回盲部のリンパの腫れの情報はあまりなく悪性リンパ腫の可能性などでてきて3カ月後の経過観察の検査が怖くて仕方ないです。
<女性:26歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


抗がん剤投与に際しての疑問

[管理番号:6632]

6月に乳がんの手術をしました。
病理結果は
 がんの大きさ 1cm
 ER20% PgR2%
 HER2 3+
 リンパ節転移なし
 組織学的異形度3
と聞いています。
主治医からはTC療法+ハーセプチンを勧められています。

ガイドラインでは、1.1cm以上の乳がんから抗がん剤を推奨しているとのこと。

1mm足りないだけなので、抗がん剤治療を受けておいたほうがよいのかなと思う反面、もっとステージの進んだ人と同じ治療をしなくてもよいのでは…と迷いもあります。
先生が私と同じ程度の乳がんの方に、抗HER2療法を勧めるが拒否感が強ければ無理には勧めない、とお答えしているのを拝見しました。

ですから、私が同じ質問をすれば、そうお答えされるとは思っていますが、私の病理結果に対する疑問にお答えいただければと思って投稿いたしました。
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


術後の化学治療法

[管理番号:6631]

質問させてください。

①術前の情報ですがルミナールAでいいのでしょうか。

②リンパ節転移4個以上だとオンコタイプDXは対象外でしょうか。
(オンコタイプのサイトにもN1までとの記載がありましたが) 対象外だと参考値程度なのでしょうか。

③先生の病院ではルミナールA転移4個以上で化学療法を行わない方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。
コラムを拝読したところ歴史的に4個以上は化学療法とありました。
再発率は何%上がるのでしょうか。
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


術後病理は正常乳腺

[管理番号:6630]

①マンモトーム生検を希望して行ったのに、結局針生検で、さらに、非浸潤癌の疑いであったのに、マンモの撮影もすることなく、手術となりました。

「マンモトーム生検をすれば確定診断は出来るけど、分泌が今後もっと増える可能性もあるので、マンモトーム生検するのであれば診断と治療を兼ねて手術を勧める。
経過観察でもいい」とのことでしたが、私が手術を選択しました。

この流れに問題はありましたか。

②術後病理の結果で、初回報告で、「画像で見られたような拡張乳管は見られなかった」のが、さらに薄切し直しての検討の結果、「カンファレンスで他の先生とも検討し、2㎜の拡張乳管があったので、責任乳管の特定に間違いはなかった。
乳管腺腫は針生検で採りきれた。
27㎜の充実性領域は、古い血液などのデブリスと思われる」
との説明がありましたが、針生検で採取した病変部を手術で間違いなく切除したというのであれば、切除標本に針生検の痕跡が確認出来るのではないでしょうか。

また、エコーでの乳管拡張は5㎜程ありましたし、針生検の2週間後にMRIの撮影をしましたが、MRIでも、「血性乳汁の貯留した乳管の深部に5㎜の病変あり」と記載されており、「針生検で乳管腺腫は採れてしまった」ということも、納得出来ません。
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


腋窩リンパ郭清省略について

[管理番号:6629]

乳がんの癌の告知を受けてから、いつも拝見しております。

センチネルリンパ節生検後の放射線治療についてお伺い致します。

6月に、左乳房の痛みから検査を受け、3cmながら針検査の結果、非浸潤の可能性もある、ホルモン容態 陽性 her2+1 mib1 10%程度、MRI PET検査からリンパ転移なし。
進行度の低くいが、大きさから手術で全摘出、
エキスパンダーによる同時再建を提案されました。
治療も術後の病理結
果次第ですが、ホルモン治療が中心で抗がん剤の必要はないとの事でした。

しかし、先日、手術の具体的な説明を受けたところ、手術時、センチネルリンパ節生検をするそうですが、術中病理は行わず、リンパ節郭清も行わず、術後の病理次第で、必要なら、放射線と抗がん剤で治すとのご説明でした。
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


リンパ節再発

[管理番号:6628]

①いま腫れているリンパ節は本当にセンチネルではなかったのでしょうか。
稀ではありますが、センチネルを通らずにいま腫れているリンパ節に転移していたということでしょうか。

②骨シンチについてですが、副甲状腺機能亢進症の手術をする際、骨転移の疑いを消すため骨シンチもとるように言われ(1月ごろ)、数カ所黒っぽいところがありましたが、副甲状腺が悪さをしていたための、カルシウムによるすり減りだと言われました。

骨シンチでは骨転移の違いやすり減りによるものなど区別できるのでしょうか。
今回も骨シンチをとるみたいなので不安です。

③前兆と言われ、一気に怖くなりました。
微少転移がもうあるかもしれないということでしょうか。
術後一年、その間化学療法もしていたのに、やはり悪性度が高いとこんなに早くなるものでしょうか。

④最後に、リンパ節転移と遠隔転移について質問させてください。
リンパ行性転移は、リンパ節→リンパ管→リンパ節を通って、レベル1→レベル2→レベル3へと順に転移していくと書かれてありました。
その途中段階で、長くリンパ節の中で増殖していたがん細胞がリンパ節から浸潤し、血管に移行し、遠隔転移をもたらすのでしょうか。
<女性:27歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


遠隔地からの江戸川病院フルコース治療

[管理番号:6627]

私は関西在住ですが、江戸川病院で手術及び術後フルコース治療を終えました。

遠隔地から田澤先生に診て頂くことを検討していらっしゃる方々のために、ほんの少しでも参考になればと思い、質問ではありませんが貴重な一枠を頂いております。
現在は抗がん剤終了後約2ヶ月、放射線終了後約10日です。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳癌の胸膜への局所再発について

[管理番号:6626]

乳癌の胸膜への局所再発についてお伺いします。

2010.11左乳房の温存手術のちホルモン(タモキシフェン)療法
2014.11左乳房に局所再発 全摘手術のちホルモン(タモキシフェン)療法+ゾラデックス二年
2018.6 左胸膜に局所再発先日のPET CTの結果では2センチの腫瘍1つ転移なしとの診断でしたが、その一週間後先生の触診でもう1つあるかも?と言われてしまいました。
手術で取る意味はないので、フェソロデックスにイブランスカプセルの服用との治療計画を提示され、ショックを受けています。
胸膜に2つの腫瘍の場合、手術は無意味なのでしょうか?
また、PET CTに映らないのに、腫瘍があるという結果に納得がいかないのですが、そういうこともあるのでしょうか?
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


炎症性乳がんについて

[管理番号:6625]

4月半ばから乳房に違和感(腫れ、赤み痛みなし)があり、授乳中だったが心配で6月初めに乳腺科を受診。
エコーと視触診後、ミルクが溜まっているのであろうとのことで、母乳マッサージを専門としている医院を6月末受診。
同じくミルクが溜まっているだろうから手術で取り除いたほうがいいのではとのことで大きい病院の乳腺外科に紹介状をかいてもらい、受診。
しこりはこの時点でもありませんでした。

7月(上旬)日に針生検と皮膚の検査をしたところ、悪性がでて皮膚からも悪性のものがでたということで、炎症性乳がんとのことでした。

しかし、このサイトで先生が何度も「炎症性乳がんは尋常じゃないほどの赤みが出る」とおっしゃっていたので、乳がんは針生検で悪性とでているので確定としても炎症性乳がんとの判断はまだ信じられないでいます。
それともこれから赤くなるのでしょうか?
先生は赤みがない、腫れ、むくみ、しこりがふれないという症状でも炎症性乳がんと判断されますか?痛みもたまにピリピリとする感じがあるだけです。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


右乳、右脇の方が汗をよくかく

[管理番号:6624]

最近は暑く、よく汗をかきますが、右乳周りに特に汗をかきます。

右乳周りは汗が吹き出しています。

左乳周りも汗をかきますが右乳ほどではないです。

脇も同様、右側の方がよくかきます。

私は不安症もあり、心配し過ぎかも知れませんが、汗がはるかに右乳周りの方が多いのが気になって仕方ありません。

バカげているかも知れませんが教えてください。

田澤先生に回答してもらうと不安が解消でき助けられています。

質問です。

乳周りの汗が右乳の方が多かったり、右脇の方が多かったりするのは、
乳がんの症状、または何かの病気と考えられますか??
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


授乳中のしこりと自己検診での不安

[管理番号:6623]

私はとても乳がんに敏感になってしまっています。
とにかく乳がんが恐いです。

現在三人目、一歳半の赤ちゃんに授乳中です。

一歳半といってもまだ結構頻繁に授乳しています。
4月に左胸にしこりが
あり乳腺エコーをしてもらいましたが、特に異常はありませんでした。

気になるので自己検診をするのですが、先生のおっしゃる通り実践してもあちこちしこりに感じます。
さーっとなでただけでも胸の上の境目らへん(腕の付け根らへんといいましょうか、、)が膨らんでいて、骨にも感じるし、しこり?にも感じるし・・。
ビー玉みたいな感じではないのですが。
うまく説明出来ず申し訳ないです。
自己検診が難しいです。
4月に乳腺エコーをしていますがまた乳腺エコーをした方がいいでしょうか。
私は乳がんなんでしょうか。

自己検診に不安を感じ、自信がない場合はどうしたらいいでしょうか。

自己検診をするたびにしこりを見つけて不安になってしまいます。

これぐらいの間隔で検診をしたら早期発見できますよという目安などありますか?
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


ジーラスタの副作用について

[管理番号:6622]

先日、初めてジーラスタを打って、3日後に背中と腰が痙攣して(痛みもありました)大変辛かったです。

今度2回目のジーラスタを打つ予定です。

2回目のほうが、初回よりひどい副作用(痙攣や痛み)が出ることはあるでしょうか?

また、最初の抗がん剤(ナベルビン・ハーセプチン・パージェタ)は3ヶ月ほどしか効かず、現在は(ドセタキセル・ハーセプチン・パージェタ)で治療しています。

もし、この組み合わせも効かなくなった場合、まだ使える他の抗がん剤はいくつも(多数)あるのでしょうか?
<女性:54歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


突然出来たり消えたりするしこりについて

[管理番号:6621]

いつからなのかは不明ですが、ふと触るとしこりがありました。
しこりをつまむと乳腺に沿って7ミリ程の柔らかいしこりがポコッとあり、何度も確認したのですが、そのしこりが出来る日と出来ない日があります。
乳腺症のしこりにしては生理周期と関係ないように思うのですが、日によってできたり消えたりするしこりというのはあるのでしょうか。
ちなみにしこりが確認できる時は、つまむとそのしこりがよくわかります。

 2ヶ月ほど前にエコー検査を受けましたが、その時は何も無かったです。
しかし、最近気になって頻繁に触ってしまう事が続いており、しこりが出来たり消えたりしていることも変わらずあります。

 もともと線維腺腫が2か所ほどありますが、上記の件も含めてみると、自分は乳がんになりやすい体質なのでしょうか。
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


不安です

[管理番号:6620]

胸にしこりを見つけ、7月(上旬)日に乳腺クリニックを受診、癌の可能性が高いと言われました。
(上旬)日に細胞診、カテゴリー4という事で5日にマンモトーム生検を受け、現在結果待ちです。

しこりの大きさは2センチ、右胸の内側の下乳頭から数センチ離れたところにイモムシ状にある。

まだ確定していないが、癌であればおそらくステージ1、リンパなどには転移はなさそうと言われました。

2センチという大きさから、ステージ2ではないのですかとお聞きしましたら、触診した感触から、通常の癌のように境界がはっきりせずべたーっとした感じがする、乳管の中を進んでいる感じ、ただ浸潤はあると思うのでステージ1では無いかということです。

結果が出れば全て分かりますが、2センチという大きさはかなりの進行度なのではないでしょうか。
一昨年にエコー、マンモグラフィーは受けており、2年で2センチ大きくなったことになります…。

癌の確率は30%から50%、しかし治療する病院をもう決めておいて欲しいと言われたのでほぼ確定なのだと思います。

もちろん診断が確定すれば治療に進んで行かなければいけませんが、しこりを触ることすら今は恐ろしく、不安でたまりません。
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


ホルモン治療

[管理番号:6619]

マンモグラフィーで石灰化が見つかり、6月に左乳房全摘手術を受けました。

病理検査の結果
浸潤性乳管癌【乳頭腺管タイプ】+非浸潤癌
サイズ 約0.3cm【単発】
広がり 非浸潤癌100mm程度
組織悪性度 スコア計6点 II 【中】
Ki67 25%
リンパ管内 無
血管内 無
リンパ節転移 無 計 0/2個
【ER】スコア計8点 強陽性
【Pg R】スコア計3点 弱陽性
【HER2】スコア計0点 陰性
術後ステージ 1期

今後の治療は無治療かホルモン療法になると言われました。

私としては再発の可能性が少しでも無くなるのならホルモン治療も考えていますが、副作用も不安です。

4年前に子宮頸がん検診で高度異形成がわかり円錐切除術を受けています。

ホルモン治療をした場合、子宮体がんのリスクとは無関係ですか?

主治医は、「3mmなら無治療でいいと思う。もしホルモン治療をしたと
しても、妊娠を考えているのなら2年位で様子をみたらどうか。
0.3mmなら無治療でもホルモン治療したとしてもあまり差がありません」と話がありました。

5年ではなく2年と短い期間ホルモン治療をすることは何もしないよりはいいのでしょうか?

田澤先生でしたらどのようにお考えになられますでしょうか?
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


細胞診後の痛み、不安について

[管理番号:6618]

①細胞診をした日からしこりの部分が疼きます。
ここ2,3日はさらに右脇の奥の方や腕まで疼くことがあり、これは進行や転移をしているということなのでしょうか。

脇の腫れやしこりはないと思います。

②ここ1年くらい、めまいと頭痛が頻繁で気になっていました。
めまいは横になったときに起こります。
脳にも転移しているという可能性はありますか。
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


左乳房の痛みについて

[管理番号:6617]

ここ1ヶ月 ほど左乳房に痛みや刺激痛のようなものを感じ いろんなサイトを見ていた時、こちらにたどりつきました。

はじめは、胸の中心よりやや左よりにズキーンとするような痛みからはじまり、それは3日 ほどでおさまりました。
原因をさぐるうちその3日ほど前から二の腕を細くする運動を (腕を後ろでねじる) していたための筋肉痛かと判断しました。

その後から、左胸に意識が集中してしまい、そういえば左胸、乳頭より斜め右下がチクチクしたり、
ズーン、ズーンと痛くなったりして、だいたい同じ場所に感じます。
常時ではなく、1日のうち数回で、買い物などで意識が胸にない時はあまり感じていないと思います。

時には乳輪の端がチリチリしたような刺激もあったり、乳頭の奥がズーンと痛くなる、左胸真ん中の下着のワイヤーの当たる部分が痛いこともあります。

乳頭からの分泌物、また、自分で確認出きるようなコリコリしたもの、ビー玉や豆のようなしこりはみつけられません。

見た目も変化がないように思います。

そのような症状はほぼ左側、位置もほぼ同じような感じですが(乳輪周囲のチリチリ感は違うこともある)、左ほどではないですが、右にも多少違和感(少しチリチリするような)があるような気もします。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


モンドール病

[管理番号:6616]

3日前に、左脇下くらいから乳頭、乳頭すぎで二手に分かれる凹んだ筋を見つけました。
コリコリした感触で凹んだ筋に沿って触れます。
不安になり乳腺外来受診し、触診のみでモンドール病と言われました。

主には原因不明だが稀に腫瘍が原因といわれて、不安になっています。

エコーとマンモを3-4週間後に予約してくださいといわれその日は帰宅。

3-4週間も放置でガンは広がらないか不安です。
モンドール病に併発する
乳がんは転移しやすいとネットで見てさらに不安になっています。

自分自身では、10センチくらいの長さで筋状のコリコリした細いものしか触れません。
脇も自分ではなにも無いように思います。

もっと早くマンモとエコーをしてくれる病院にいくべきでしょうか?
2年前にマンモ1年前にエコーをしていて、エコーでカテゴリー2の腫瘍は左に一つ右に二つありましたが、特に異常はみられませんでした。
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


再発について、他

[管理番号:6615]

〇再発とは
「ステージ1」でも5%程度(5%はうろ覚えですが)は再発(局所再発ではなく遠隔転移)する。
と先生の回答で拝見しました。

再発してしまうのはどのようなケースでしょうか。

・定期健診にいかず、局所再発を見逃し、それが遠隔転移につながるケース
・グレード(悪性度が高い)によるケース
ほか、予測不可能でしょうか。

〇治療法について
小さくして温存、の目的がない限りまずは手術先行。

その後、サブタイプに応じた再発予防の全身治療を行う。

悪性度、進行度が強いから抗がん剤、弱いからホルモン剤、ではなく
サブタイプによる「効く・効かない」で治療法が決まる。

今週のコラム 131回目 「進行しているから」と言う理由で「効かない筈の治療に我慢する」それでいいのですか? (付記)「ホルモン療法と抗癌剤」は全く別の作用であり、「強い、弱い」ではないのです。

と、その関連のコラムやQ&Aを熟読し、理解したつもりですが
本来抗がん剤が効かない(適用がなく)、ホルモン治療のルミナルAでもリンパ節転移が4個以上あると抗がん剤の適用となる、という記載が通院している病院の冊子にあり、先生もそのようにご回答されていたと思います。

これはどのように考えたらよいのでしょうか。

リンパ節転移は(たとえそれが微小でも)不安材料であり
ないに越したことはないが、予後因子(のひとつ)ではあるものの治療法には関係しない、ということは理解しているつもりでおります。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳がんについて

[管理番号:6614]

半年ほど前から左胸の乳房の一部が硬くなった感じのしこり、生理と関係ない痛みも続いたため先月クリニックでマンモとエコー、その後の針生検で先月末浸潤性乳管癌が確定し、専門の大病院へ紹介状をもらい週明けに診察して頂きました。

サブタイプなど数値はまだ結果待ちです。

現在PET MRI済み、次回CT+脇の細胞診を行い、それらの結果を踏まえた診察が二週間後なのですが、不安なのが2日ほど前から突然乳輪部分(しこりの上層)に1センチ弱程のボコッとしたしこりが出来、それがズキズキと痛いです。

全く触れなかったものがここ2日ほどで突然出てきたので、これはがんが皮膚に浸潤してきたのでしょうか?こんなに早くしこりができることはあるのでしょうか?
中から突き破ってきそうで怖くて寝返りも打てません。

皮膚表面には特に異常はありませんが、しこりのできた乳輪部分はぼこぼことなって乳首が少し陥没してしまった感じです。

これは直ぐにどうこうということはあるのでしょうか?大きな病院なので連絡してもすぐに見てもらえるか分かりません。

また、現在左乳房外側上下に渡り5センチ以上のしこり、脇にも石灰化が見られ腫れている?状態です。

主治医によるとリンパ転移の可能性があり手術の際は郭清が必要になるだろうということですが、CTなどの結果も出ていない段階でその見解ということはかなりひどい状態なのでしょうか?
私は全摘の手術先行を希望していますが主治医によると希望はなるべく聞くがこの状態だと術前化学療法も視野に入れるべきとのことでした。

サブタイプなどデータがない状態で難しいとは思いますが…先生なら今の段階で考えられる進行度や今後の治療方針などどうお考えになるでしょうか?
<女性:31歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


ルミナールAとBとki67

[管理番号:6613]

私は、今年の4月に右乳がん(浸潤癌性乳癌)温存手術をしました。

田澤先生のシンプルな回答をいただきたいと思ってます。

ホルモンは、ふたつとも陽性
HERは1+陰性
ki67は30%
浸潤径13×13.8 リンパ転移 なし
グレード 1
担当医師さんは、「ホルモン治療(タモキシフェン、ゾラデックス)放射線治療」と言われました。

質問 ki67の30%は、ルミナールAになるのか?
ki67 30%だと抗がん剤治療はするべきか?
抗がん剤治療とホルモン治療、再発率に大きな差が出るのか?

大変お忙しいなか恐縮ですがよろしくお願いします。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


MLLで、外科的生検

[管理番号:6612]

去年末に健康診断で、右乳房に石灰の集ぞくがみつかり精密検査要となり今年1月に、大きな病院で精密検査することになりました。
超音波で嚢胞がたくさんありました、粘液のありそうな嚢胞もあちこちいくつかあるようです。
その中の一部乳房上辺りに粘液のある嚢胞が、連なってる部分を穿刺吸引をし、判定不能。

超音波のマンモトームでも分からず境界病変で、良性悪性分からずで、
今週外科的生検することに、なりました。
粘液嚢腫が、他の場所にもあるようですが、胸の上辺りのいくつか連なってる一連を、検査しました。
外科的生検も、その辺りをするそうです。
石灰の集ぞくがあるのですが、ステレオ下マンモトームでなくても大丈夫なんでしょうか?
嚢胞があるから、ステレオ下で無くエコー下だと主治医は、おっしゃっていましたが、エコー下マンモトームで、良いのでしょうか?石灰の集ぞくの場所と、粘液嚢腫様病変がある場所は、近いそうですが、同じかどうかは、わかりません。
石灰の集ぞくあたりめがけて、ステレオ下マンモトームの検査は、しなくて大丈夫なんでしょうか?
エコー下マンモトームしか、していません。
このような状況で、今月、外科的生検する予定です。
外科的生検したら、マンモトームできなくねりますよね?
外科的生検の前に、石灰の集ぞくを、めがけて、ステレオ下マンモトームをしてもらうべきでしょうか?
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


癌の可能性。マンモトーム検査。

[管理番号:6611]

幾つか質問をさせていただきたいのですが…
毎日何人もの患者さんを診ていらっしゃる先生に癌の可能性が高いと言われると言う事は、良性の可能性はほぼ無いと考えた方が良いのでしょうか?
15年前に子宮頸癌検査でクラスが上り、組織診をしました。
結果は異形成でした。
自分は異形成になり易いタイプなのでは?と勝手に思ったりしてしまいますが、そう言う体質の人は実際いたりするのでしょうか?
先生からは、マンモトーム検査をする際に、コルクを入れると言われています。
のちに手術をする時に癌組織が何処にあったかハッキリさせるためにとの事ですが、田澤先生は、一度も使われた事が無いとお読みしました。
今診ていただいている先生は、手術はしない先生で、手術をする場合は、紹介していただく形になるのですが、その時に執刀される先生が場所を良く把握できるようにコルクを入れる必要があるのでしょうか?
また、万が一良性だった場合、手術の必要性は無くなると思うのですが、その場合、そのコルクは入れっぱなしになるのでしょうか?
最後に、左右リンパ節の厚さが違うと言う事は、左側のリンパ節転移の可能性が高い事になるのでしょうか?腫瘍が2センチ以下なので、リンパ節に転移が無ければ早期癌になる可能性があると思うと、たとえ癌の結果が出たとしても少しは安心できますが、リンパ転移となるととても怖いです。

今月末までには組織診の結果が出て、全てが明らかになるので、それまでじっと待とうと言う思いもありましたが、まだ小学生の子供がいるので心配で…。
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


シコリの検査について

[管理番号:6610]

担当医は触診と人間ドックの画像見て、こちらでも再度乳腺エコーをし、生検をすると言われました。

乳腺エコーをしたのは技師さんで、生検をしたのは若い医師?の方でした。

結果は担当医から聞きました。

「針を刺した部分からは悪いものは見つかりませんでした。クラスⅢです。
しかし針の刺さってない部分にガンがあるかもしれません。

乳腺エコーの画像から非浸潤ガンを疑います。

9年前と全く同じ場所ですし。

乳管異形化形成もあると思われます。」
と言われました。

私は聞き返しました。

「針の刺さってない部分にガンがあるかもしれないのなら、さらに詳しい検査をしてハッキリさせて下さい。」とお願いしました。

担当医は
「さらに詳しい検査である外科的生検をすれば、乳房に傷痕も残るし、そこまでする必要はない。
仮に非浸潤ガンだとしても、今すぐ体に影響を与えるものではない。
今まで通り年に一度のの会社の人間ドックで経過観察して下さい。
そこで何かあれば、また生検するなりその時に考えましょう。」
と言われました。

非浸潤乳がんの可能性と、もし非浸潤がんではないにしても、私の左乳の状態や経歴から将来ガンになる可能性は高いと最後に担当医に言われたので、不安がると、
「交通事故に遭う確率よりは低い」とよく分からないコメントで締めくくられました。

担当医の曖昧な回答に不安でたまりません。

田澤先生はどう思われますでしょうか?
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


アポクリン癌 HEA2 +#の予後について

[管理番号:6609]

7/(上旬)の乳腺科の受診にて治療はこれで終了と先生よりお話があったのですが、以前その先生からアポクリン癌は特殊なのであまり症例がないため治療は浸潤癌の治療に準ずる。
予後はステージではなくサブタイプとお聞きしていたので
「HER2 +3でもアポクリン癌ならこのあとの治療はなくていいのですか?」と尋ねましたところ
「アポクリン癌なので大丈夫と思いますが、心配ならタキソテール+ハーセプチン(アンスラサイクリンはきつい薬なので使用しないとのこと)を3週に一回を4回後
ハーセプチンを9か月(3週間に1回)をしますか?」と提案していただきました。
抗がん剤を使うと1年間の脱毛や仕事のことなどリスクがあるので
先生の最初の提案どうりここで治療を終了するか、増殖の速いタイプなので再発率を下げるために抗HER2治療をしておいたほうがいいか
(アポクリン癌だから再発の可能性が低いと考えるのか、HER2 +3の増殖の速い癌と考えるのか)あまりこのタイプの方がおられないため悩んでいます。
<女性:59歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


マージンが少なくても大丈夫でしょうか

[管理番号:6608]

質問ですが、病理の所見に
1.切除後の断端に癌は認めないが ディープマージン0.5ミリ以内に浸潤癌が一部あるとの記載があります。

 すぐに再発してしまうのではないか?と心配になり
 もう少し切除してもらえないか?・・・などと考えてしまいます。

 そもそも全摘だと切る場所もないということなのでしょうか。

 如何せんこのままにしておくには怖い気がします。

2.Her2について
 fish陰性でしたが、全くの0と考えて良いのでしょうか。

 Her2陽性は予後が悪いとの情報を目にしますので。
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


手術を控え質問します!

[管理番号:6607]

左乳ガンです。
2017/11に乳輪部分が裂け出血し受診しました。
腫瘍は乳房全体になっています。
粘液ガンだと言われましたが、
皆様が書いてる様な詳しい検査結果は教えて貰っていません。
脇の細胞診ではガンは出なかったのですが、CTで脇のリンパにも転移があると診断されました。
2017/12/(下旬)~ac療法を開始、脇のリンパは少し小さくなりましたが、原発巣はかわらず(自身では軟らかくなった感はあり)。
2018/3/(中旬)~パクリタキセル(週1×12)。
こちらはまだ効果の結果を聞いておりません。

7/(下旬)に手術予定です。
皮膚移植も必要になります。

抗がん剤が終わってから、発熱が続いているのですが、乳ガンのあなが深くなっていることが原因でしょうか?
治療の進め方はこれで良かったのでしょうか?
リンパ浮腫のことで先生の記事(手技により違う)を拝見し、病院で難しい手術ではないのでどこで行ってもかわらないと言われたのですが、心配になりました。
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


温存手術後の患部の状態について

[管理番号:6606]

現在、主人の仕事で海外在住です。

今年の3月に現地の病院で乳がんと診断され、その後日本に一時帰国し、4月末に温存手術を受けました。
その後1ヶ月後に病理結果と術後の治療方針を決め、再び海外の生活拠点に戻っています。
術後の経過はこの時点では特に問題もなく、ホルモン治療(リュープリン 注射3ヶ月ごととノルバデックスの服用)をしています。
子供の学校の都合で、放射線治療は7月末から一時帰国をして受ける予定になっています。
しかし 術後2ヶ月を迎える直前頃、手術痕の周りが硬くなっているのに気づきました。
手術痕の端の方から盛り上がったようになっていて、赤紫から徐々に周りが打撲後のような黄色っぽい色をしています。
(熱を持っている感じや、強い痛みはないです)
血腫になっているのではないかと思うのですが、何か治療が必要でしょうか?また、放射線は受けられるでしょうか?
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


トモセラピーのセカンドオピニオンについて

[管理番号:6605]

私はトモセラピーを受けてみたよいというと、医師はどこに?なんの為に?と聞きました。

私が「痛みがあるので」と答えるとトモセラピーのある病院に電話して、
貴方には適応無いですから痛みをとるなら放射線の先生と話し聞いてと言われて放射線の医師と話すことになりました。

ここでお聞きしたい事ですが、トモセラピーは自費でもできないものでしょうか?
医師が私の目の前で向こうの医師と話ししてこう言う患者さんが要るですが、適応ないですよね?と聞いていましたのでそこにセカンドオピニオンをするのが難しくなってしまいました。
骨転移多発では出来ないなら他のところでも同じだと思いますが、
出来るならトモセラピーをしたいと思って止みません。

私の多発は本当に多発で驚く程です。
<女性:56歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


葉状腫瘍について

[管理番号:6604]

Dr.からは、
『良性だろうけど、非浸潤性乳管癌になった時も"まさか"と思っていただろうから念の為組織診をしましょう』
『恐らく葉状腫瘍だろう、良性の場合も手術(局所麻酔)になります』と言われました。

結果待ちの間、怖くて怖くてたまりません。

□質問
①私がセルフチェックで発見してから、こんなに早く大きくなるなんて
悪性の葉状腫瘍でしょうか?
悪性の可能性は高いと思われますか?
②線維腺腫の可能性はもうゼロに近いですか?
③既に転移を心配してしまうのは考え過ぎですか?
④温存をして、再発や転移に怯えて暮らす位なら、全摘したいと思っているのですが、先生の見解をお聞かせ下さい。
⑤葉状腫瘍の全摘に伴った乳房再建は自費でしょうか?
⑥癌の可能性はありますか?
<女性:32歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


針生検 炎症のあと

[管理番号:6603]

7月初め生検の結果、先生からの説明だと炎症のあと?とでているとのことでした。
ただ、エコーの画像で悪いものの可能性も否定できない。

エコーで黒いものの周りが少し白いので炎症といわれたらそうとも言える。
炎症のあとなら数ヶ月で小さくなる、消えていると変化がある。

それをみるために3ヶ月後エコー再検査(あまり早いと変化がない)、必要な場合再度針生検をしましょう。
となりましたが痛みがあり、不安だったので昨日受診しました。

先生もあまり変わってないと思うけどエコーで
みてみましょうと私の不安を察してくれたのかエコーをして頂くことになりました。

前回よりもギザギザがマイルドになってるかな?や私がみた感じエコーの血流は黒いところにはなし。
周りにありました。
その他色をつけみていました。
硬さでしょうか?黒部分は青くなりました。
やはり悪いものでしょうか?
大きさは8ミリ、大きく見積もっても1センチくらい。
と言われましたがこのまま3ヶ月も様子をみることは妥当でしょうか?
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


トリプルネガティブ 治療について

[管理番号:6602]

先日の術後1年の検査で、CA15-3が4か月前より30ほど、
LDHが300ほどアップ。
PET検査にて、多発肺転移が発覚。

腫瘍の大きさは、微小なものばかりで、最大で8ミリ。

今、腫瘍内科の先生が、治験も含めて使用する薬剤を検討してくださっています。
かなり悪性度が高く、抗がん剤抵抗度が高いトリプルネガティブなのだと思います。
そこで先生にお聞きしたいのですが、私の場合には、今後どのような薬剤がふさわしいのかを教えてください。
いくつか選択肢があると思うのですが、試すべき優先順位や各薬剤の特徴等を教えていただきたいのです。
担当の先生との診察時にはゆっくり話す時間がないので、今から勉強しておきたいですし、経験豊富な田澤先生はどのようにお考えになるか、
ぜひご意見を伺いたいのです。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳頭分泌液

[管理番号:6601]

田澤先生のおっしゃっている白っぽい分泌液は大丈夫と言う所に私の薄い乳白色は含まれるのだろうかとか、
他のサイトには乳白色でも乳がんの可能性があると書かれているのをみたりして正直混乱していて10月までメンタルがもたないのではないかという状態です。
すみませんなさけないです。。。

絞りすぎて分泌液が増えるとかもありますでしょうか?
<女性:29歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


現在の担当医師への疑問

[管理番号:6600]

左胸のしこりの摘出を行い現在検査の結果、乳ガンでした。

もともと乳腺症で小さなコロコロがいくつかあり、細胞針をし、安心しておりました。

昨年11月に新たにしこりを見つけ、細胞針をし乳ガンではなく安心しておりましたが、大きくなったと自覚し、4月にまた受診し、6月5日に摘出いたしました。

非浸透ガンで粘膜から見つかったそうで、6月(下旬)日にその周りも大きく切除し、現在病理待ちです。

その際、細胞針で大丈夫からガンに変わるのですかと聞くと、まれにあると言われ、
他の小さなコロコロも細胞針で大丈夫でしたが、これもガンになりますかと聞いたら、あると言われました。

それでは何を信じたらよいのか、わからなくなり、いっそのこと全摘したほうが楽になれる気がしています。

日々不安で何のために定期的に通院していたのかわからなくなりました。

先生のご意見を教えていただきたく思います。

また、先生に診てもらいたく思っておりますが、可能でしょうか。
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。