乳がん手術は江戸川病院・東京


みなさん。こんにちは。

「年末年始感?」も今日までという感じですね。

明日からは(暫く続いた「クリスマス⇒年末年始」という空気も終わり)普通の日常に戻ります。

「あー、また仕事が始まるゥー」みたいな方も多いかと思います。

少し前まで言われていた「サザエさんの終わりの歌」を聴くと、「日曜日が終わる感が溢れてブルーになる」そんな感じでしょうか?

 

こと私については…

全く「stress free」に生活(仕事)してます。

これは、とても幸せなことであり(世間の多くの人にはない)advantageだと強く感じています。

 

患者さんによく言われるのは、「先生、今日も休みじゃないの?大変じゃない? 無理しないで、もっと休めばいいのに。」

私は、こう答えています。

 

「(大変な思いで仕事をしている)皆さんにはとても悪い気がするくらい、快適に仕事しています。」

 

世間では上司からの「ノルマの圧力」や、「やりたくない仕事をやらされる」など大変なのでは?と想像しています。

それに対して私は、(上司と言えば、勿論「院長」だとは思いますが)院長から圧力をかけられることは皆無だし、仕事のペースは自分自身で100%決めているからです。

「自分の好きなこと(手術)を好きなだけ」やっている、(外来診療は負担ではありますが、手術件数が多い以上当然のことです)とても「恵まれた状況」にいるのです。

♯ もしも、この症例数(全麻手術年間400 over)が自分に負担だと思えば、「自分の意思で」減らす事も何ら問題ない(その気は全くありませんが)環境です。

その意味では常に強いpressureをかけられながらの「東北公○病院時代の10年間」とは(肉体的な負荷は同等だとしても)mentalでは雲泥の差なのです。

 

 

 

この年末年始、NCD:national clinical database(平たく言えば癌登録)の他、2017手術症例をまとめる作業をしていました。

私の手術は、以下に分けられます。

2017 年間症例数(執刀は全て私)

1.乳癌                          363症例

2.乳管腺葉区域切除    54症例

3.葉状腫瘍      26症例(葉状腫瘍と鑑別が必要だった線維腺腫7症例を含む)

 

★今回は「1.乳癌」を紹介します。

乳癌手術症例は(2016は295症例でしたが)2017は363症例と(300 overの)目標達成したことをご報告します。

○内訳

温存術 201

全摘術 154(同時再建は14症例)

その他    8(腋窩郭清、胸壁切除など)

◎分析

温存術では 全201症例の中で13症例(僅か6.5%)がリンパ節転移陽性で郭清していますが、殆ど(93.5%)がリンパ節転移陰性でした。(つまり、殆どがセンチネルリンパ節生検で終わっています。)

全摘術では 全154症例の中で66症例(43%)で腋窩郭清しています。

★ここで全摘の「郭清症例」を分析します。

○これには、最初から「リンパ節転移陽性(cN1 or cN2)」で郭清した症例と、「画像上転移陰性(cN0)」でセンチネルリンパ節生検を施行して陽性⇒追加郭清(これをSN⇒Axと表現します)の2通りがあります。

○前者(cN1/cN2)が48症例に対し後者(SN⇒Ax)は18症例であった。

1.「乳腺内の拡がり」が術式選択の最優先事項だとすれば、「全摘=乳腺内に広範囲に拡がること」が「リンパ節転移の確率が上がる」ことに繋がるといえる。

2. 当院では前医で「リンパ節転移があるから手術はできない(術前化学療法を強制)」されたが、「手術先行」を希望されて当院で手術を受けるケースが多いことがこの数値(cN1/cN2 48症例)の高さに表れている

 

「(乳癌)手術患者さんの全国分布」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「東京都内の内訳」