乳がん手術は江戸川病院・東京


今週のコラム 120回目 リンパ節転移が直接遠隔転移を起こす事はありません。あくまでも「予後因子」の一つにすぎないのです。

こんにちは。田澤です。   当院の「全摘同時再建」   「全摘同時再建」は形成外科枠で手術をするので(乳腺外科の月金ではなく)木曜日に手術を行います。 ただ、木曜日は貴重な外来日なので、当然「外来の合間に手術」となります …

「術前抗がん剤」を勧められて、疑問に思っている方は、(管理番号 6033)「とても心配なステージ3cの治療について」をまずはご一読ください。

下記のリンクをクリックしてください。 とても心配なステージ3cの治療について

今週のコラム 119回目 『(エコーで認識されてから、腋窩郭清されるまでの)「3年間が勝負(その後の遠隔転移の出現の有無)を決めた」私は、そう考えるのです。

FMからながれたshort story 面接の一風景 「えーっ、では面接の最後にあたなの一番の長所をおっしゃってください。」 「はい。今まで15回クビになったことです。」 「えっ、(驚いて)長所ですよ?」 「だって、(胸をはって)私から諦め …

乳頭分泌の(納得いかない)長期の経過観察で悩む方は「5735」をまずご覧ください。

これを読むと、「自分も当てはまっているかも?」と言う方が全国にはいらっしゃる筈です。 それを「どう、捉えるか?」は皆さんの判断にお任せします。 [管理番号:5735]乳頭からの出血と経過観察について

今週のコラム 118回目 胸壁再発は(再発した部位の)皮膚側か胸筋側に「癌細胞が(手術時に)残存」していて、それが(時間をかけて)増大したと考えられます。

こんにちは。田澤です。 「イシュラン」というところからハガキが来て、「2017年版「日本の乳がん治療医“Warm 30”」というところに載りましたよ。 ということでした。 (興味本位に)ちょっと見てみましたが、何か気恥かしいですね。 そこに …

今週のコラム117回目 更に、術中に『出血しながら手術している』医師の場合には「血液も視野の妨げ」となるので、ますます、「SNの誤認のリスクが増す」のです。

 こんにちは。田澤です。 もう一週間前になりますが… 月曜日、雪降りましたね。 正直、こんなに降るとは思っていませんでした。(それにしても、首都高が数日間「通行止め」続くとは!)   雪と言えば、いつも思い出す風景。 岩手高原スキ …

もしも『まだ』硬癌が心配な人がいたら、まず『スキルス乳がんについて』をご一読ください。

私は、このQandAで「何度も」いや、「何十度」も①「硬癌は(胃がんのスキルスとは異なり)むしろ大人しい」②硬癌だからといって悩むのは「全くナンセンス」とコメントしています。   本文より一部抜粋 ○事実は、乳がんは70%を占める …

今週のコラム116回目 (せっかくの全麻なので)マージンは2cm以上確実につけています。

みなさん、今日は。田澤です。   天気予報では、明日(月曜日)東京でも雪が降ると言っています。 ここ東京に来てからスタッドレスタイヤを履く事も無くなっている私には「とても脅威」となります。 願わくば… 天気予報が「カラ振り」に終わ …

今週のコラム115回目 (正しい)乳管腺葉区域切除をするには、まず「乳管造影」ができなくてはいけません。

こんにちは。田澤です。 遅くなりましたが、「今週のコラム」です。(実は日曜日から医局のネットが繋がらなかったので公開できませんでした。)   FMから流れたshort story 「お客様! 困りますよ。鯉にむかってお金を投げたり …

「脇のしこり」が気になる方は、管理番号「4917」「5449」+「5928」をまずはご一読ください。

こんにちは。田澤です。 「脇のシコリ」=「(腋窩)リンパ節」=「転移(もしくは悪性リンパ腫」という、怖い連想をする方が多いように思います。 おそらく、この(極めて誤った)連想には「中途半端な情報(特にネット?)」が『悪』影響しているのではな …