乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

こんにちは。田澤です。

状況は解りました。

左鎖骨上リンパ節転移で見つかった乳癌ということです。お気持ちお察しします。

 

♯私が(自分の経験から)掲げる「積極的治療」について考えてもらいたいと思い、「ブログで先行公開」します。

この連休で「公開がどうしても遅れる」からです。

 

Q

タイトル:

ステージⅢC・トリプルネガティブです。

 

性別:

女性

 

年齢:

48歳

 

メッセージ本文:

はじめまして。

情報を得ようとインターネットでいろいろ調べていたら、こちらにたどりつきました。

 

左胸に違和感を感じて、自分で触診してみましたが、何も触れませんでした。

その後、左の首の付け根にしこりを発見し、血液内科を受診。

超音波検査、CT、MRI、リンパ生検、PET検査を受け、CTの画像で気になるところがあるので、乳腺外科に行くよう指示されました。

その時点で、リンパ生検をしてくださった耳鼻科の先生からも、血液内科の先生からも悪性の腫瘍だろうといわれていたので、ある程度覚悟はしていました。

乳腺外科で超音波検査、マンモグラフィーと針生検を行い、先月 乳がんであるとの診断を受けました。

 

首の付け根のしこりは乳がんの転移だったようです。

左胸上部外側にひとつ2.1cmの腫瘍があり、ほかにも左わきの下にひとつ。

マンモグラフィーでははっきり写らなかったようでした。いまだに胸とわきは、はっきりしこりに触れることができません。

首のほうは、たくさんのしこりが集まって形成されているということでした。

 

そのほかの臓器への転移は今のところないようです。

がんの種類  硬癌

異型度    2

ER      陰性

PgR     陰性

HER2     0(陰性)

ステージ   ⅢC

私の持っている情報はこれだけです。

 

リンパに転移しているので手術はせず、トリプルネガティブなので、治療の選択肢も限られると言われました。

AC療法(ドキソルビシン100mg・エンドキサン1000mg)を半年間行う予定で2回目が終わったところです。

 

担当の先生に聞いておいたほうがいいことはありますか。

8段階の7番目(先生は「ステージⅣの手前」という言い方をされました。)で、この先ほかの臓器への転移の可能性はあるのでしょうか。

もし抗がん剤が効かなかったら、ほかに治療の方法はないのでしょうか。

私のような場合、生存率はどのくらいなのでしょうか。

 

立て続けに質問をし、申し訳ありません。

私はどうなってしまうのか、あとどのくらい生きることができるのか、家族のことなど考えると不安で仕方ありません。

 

どうかアドバイスをお願いいたします。

 

 

A

 

cT2(21mm), cN3c, cM0, cStageⅢC, triple negative

 

鎖骨上リンパ節転移があるから「手術不能」とされているようですが、

①(全身療法としての)抗癌剤により、(画像上、鎖骨上リンパ節転移の消失となり)手術をする。

②手術先行させて(鎖骨上リンパ節には)、「術後に放射線治療(特にトモセラピー)で治療する。その後(全身療法としての)抗癌剤を行う。

 

実際はいろいろな方法があります。

「鎖骨上リンパ節転移がある=手術不能=緩和医療」というような短絡的な考え方をする医師も多いですが、私は全く反対です。

 

○「鎖骨上リンパ節」であれば、「放射線治療(特にトモセラピー)による長期コントロールが十分可能」です。

「手術しても仕方がない」とは思いません。

リンパ節転移は「鎖骨上であっても、胸骨傍でも縦隔でも」あくまでも「局所」と捉えて「手術+放射線治療」で「積極的に治療にいく」べきだと思います。

 

 

■回答

「リンパに転移しているので手術はせず」

⇒この考え方には、私は反対です。

 

局所療法で十分な効果が狙えます。

「リンパ節」には放射線で対処して「原発巣」には手術で対処するのです。

 

 

 

「治療の選択肢も限られると言われました」

⇒「ホルモン療法も効かない」「抗HER2療法も適応外」ということです。

 

担当医は「抗がん剤(主としてアンスラサイクリンやタキサン)」しか頭にないようです。

★リンパ節転移だけであれば(それが鎖骨上であろうと)局所療法としての「手術」「放射線照射」もあるのです。

 

 

「担当の先生に聞いておいたほうがいいことはありますか」

⇒『「原発巣」を手術して「鎖骨上リンパ節」は放射線照射をする』では駄目ですか?と聞いてみてください。

 

 

「この先ほかの臓器への転移の可能性はあるのでしょうか」

⇒癌である以上、その可能性は「誰にも」あります。

 

ただ「必ず」ではありません。

 

 

「もし抗がん剤が効かなかったら、ほかに治療の方法はないのでしょうか」

⇒局所療法としての「手術+放射線」です。

 

 

「私のような場合、生存率はどのくらいなのでしょうか」

⇒ステージ3は10年生存率で50~60%です。

 

 

★私のアドバイスはただ一つ「根治を是非、狙ってください」

消極的な「抗がん剤のみ」ではなく、積極的に「手術+放射線治療」を行い根治を狙うのです。