乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


こんにちは。田澤です。

このQandAも「意思決定が明後日」となっているので、ここで「先行掲載」行います。

 

A

タイトル:

抗がん剤治療追加の有無

 

性別:

女性

 

年齢:

40歳

 

メッセージ本文:

初めて質問させていただきます。宜しくお願い致します。

8/26に左乳ガンの部分切除を受けました。明後日までに治療方針を決めなければなりません。

40歳未婚、閉経前で浸潤性がんです。

主治医は、おとなしめのがんだが、ki67が40%であり、放射線治療、ホルモン療法に加え、抗がん剤治療をした方が良いと考えています。

 

組織型;乳頭腺管がん

しこりの大きさ;2.1センチ     リンパ節転移無し

ホルモン受容体の有無;あり:ER+   PgR+

HER2;1   組織学的悪性度;1   切除断端;-     脈管侵襲;-

 

私は、脱毛など副作用から抗がん剤治療を追加したくありません。

私のようなおとなしめのがんでもki67が40%だと抗がん剤治療を追加しなければいけませんか。主治医は抗がん剤を追加したとして数パーセントの再発防止

だから本人の意思を尊重してくれるそうです。

当初、非浸潤性がんと説明されていたので戸惑っています。

 

 

Q

田澤先生の見解をお聞かせください。宜しくお願い致します。

pT2(22mm), pN0, luminal Bですね。

 

Luminal typeではホルモン療法が中心となるのですが、「化学療法による上乗せ効果」があるのかどうかが「化学療法を追加するかのポイント」となります。

Ki67=40%は「細胞分裂期にある細胞が40%を占める」ということであり、一般には「抗がん剤のターゲットとなる細胞が多い=抗がん剤が良く効く」と考えます。

 

○Ki67が20-30%であれば迷う処ですが、40%なので一般的にはluminal B(化学療法の適応がある)として化学療法を推奨されるでしょう。

因みに、Adjuvant!Onlineによると「上乗せ効果は5.6%程度」となり決して高くない値となります。

 

 

■回答

「田澤先生の見解をお聞かせください。宜しくお願い致します」

⇒私で有れば、ガイドライン上は「luminal Bなので化学療法の適応はある」ことはお話した上で、「上乗せ効果が5.6%なので」無理に抗がん剤は勧めません。

 

むしろタモキシフェン+LH-RHagonistを勧めるでしょう。