乳がんプラザ|乳がんの手術・マンモトームは東京の江戸川病院乳腺外科

こんにちは。田澤です。

急いでいるようなので、ブログで先に公開します。

 

pT1mi, pN0, luminalB

一ことで言えば、ホルモン療法単独でいいと思います。

T1miであれば、(例えトリプルネガティブであっても、HER2陽性であっても)化学療法の適応はありません。

 

核グレードとかKi67を気にする必要は全くありません。

 

 

■回答

「ホルモン療法(タモキシフェンとゾラデックス)のみを勧められています」

⇒私であればタモキシフェン単剤とします。

ただし「T1miで全摘」≒「非浸潤癌で全摘=無治療」であるので、ホルモン療法に抵抗があれば強いては行いません。

 

ゾラデックス(LH-RHagonist)は35歳以下もしくはハイリスクに行うべきで、質問者には到底当て嵌まりません。

 

 

「ルミナールBでもあり、抗ガン剤が必要かどうか」

⇒不要です。

 

冒頭でコメントした通りです。

 

 

「抗ガン剤を使ったらどれ程の上乗せ効果があるのでしょうか?」

⇒T1mi(微小浸潤)のデータは無いと考えてもらって結構です。

 

 

「再発率、生存率を教えて下さい」

⇒T1mi(微小浸潤)のデータは無いと思います。

 

強いて言えば「限り無く非浸潤癌と同等」と思われ、質問者のように「全摘手術を行えば再発はほぼゼロ」と思います。

 

 

○ホルモン療法は「するべき」ですが、「化学療法で迷う必要は全くありません」

 

 

 

 

 

タイトル:

病理の結果、グレード2でki67が高値でした。抗ガン剤は必要でしょうか?

 

性別:

女性

 

年齢:

45

 

メッセージ本文:

初めて質問させて頂きます。

よろしくお願い致します。

 

一ヶ月ほど前に左乳がんで、全摘手術を受けました。

病理の結果が出て、明後日までに治療方針を決めなければなりません。

 

45歳、閉経前です。

 

浸潤性乳管癌

乳頭腺管癌

 

浸潤部<0.1cm(=T1)

10cm×5cm程の範囲に非浸潤癌が広がり、

その中に1mm以下の浸潤部が10箇所程あるとの事です。

核グレード(NG)は2

組織学的波及度:乳腺組織内にとどまる(g)

リンパ管侵襲 なし

静脈侵襲 なし

リンパ節転移:なし

センチネルリンパ節:0/3   リンパ節 計0/4

 

ER 陽性(90%)

PgR 陽性(60%)

HER2:0 陰性

Ki67:48.1%

 

ステージ;(pT 1   N 0, M 0, pStage IA)

サブタイプ:ルミナルB(HER2陰性)

 

 

浸潤部がたくさんあるのですが、全て1mm以下という事で、

ホルモン療法(タモキシフェンとゾラデックス)のみを勧められています。

しかし、核グレード2で、ki67がかなり高値なのが

とても気になります。

 

この結果から考えて、ルミナールBでもあり、抗ガン剤が必要かどうか

教えて頂ければと思っております。

 

もし抗ガン剤を使ったらどれ程の上乗せ効果があるのでしょうか?

 

また、もし抗ガン剤が必要であれば、何を使うのが良いのでしょうか?

経口の抗ガン剤は効果がありますか?

 

また、この結果から見た、再発率、生存率を教えて下さい。

 

乳がん告知からたくさんの検査、手術と流されるままに来ました。

手術が終わり、やっと自分の状態を受け入れ、向き合う気持ちに

なってきました。

術後の治療方針は今後を決める大切な決定になると思います。

最善の方法を選択したいと思っております。

 

どうぞよろしくお願い致します。