乳がん手術は江戸川病院・東京


病理組織結果

5月の中旬に温存手術をし、病理組織結果がでました。硬がん グレード3 Her2 陰性 ホルモン陽性ki67 49%でした。ステージ2a センチネル0/3 リンパの侵略なし 大きさ2.1センチ。でした。ki67が49も高く、硬がんグレード3ですごくショックでした。<女性:38歳>

回答はこちらをクリックしてください。

癌確定ですか?

生理開始、数日前から胸の張りを感じていました。生理前だから仕方ないと思い特に気にしてませんでした。癌センターにて、触診、マンモ、超音波エコーをしました。詳しい説明はまだなく「触診ではリンパの腫れはない」とだけ言われました。 次回PETを予約されました。PETをすると言うことは、癌確定として他に転移がないか調べるためでしょうか?<女性:39歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳房の病気

8日に改めてのマンモと触診では特に異常はなく、エコーで左乳房の左斜め上辺りに横2cmくらいのしこり?があるとの事。15日に針を刺す生検を受けて、22日に結果が出ます。2ヶ所、取りました。15年前に子宮けい癌の検診で異形細胞があったり。子宮筋腫が年々大きくなったりで。そちらの事には何度も診察を受けているのですが、乳房の病気や乳癌のことは全くわかりません。<女性:46歳>

回答はこちらをクリックしてください。

温存手術と今後の治療について

先月末に乳房温存手術を受けました。術前はステージ0で術後放射線療法でとの医師の説明を受けました。先日病理の結果が医師より連絡あり、ほぼ0期に近い一部ステージ1だったこと、切った部分から癌細胞がでたと連絡がありました。今後ホルモン感受性の強い癌なので内分泌療法をするかどうか相談しようとのことです。<女性:49歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳癌の診断結果について

4月の始め頃から左脇あたりに違和感があり、4月の終わり頃に乳頭左下に小さなしこりを見つけました。不安だったので乳腺外来へ行き、そこで視触診+超音波+マンモをしてもらい「良性だと思うが、細胞診しておく?」と聞かれ細胞診をしてもらいました。その細胞診の結果がクラス5でした。<女性:31歳>

回答はこちらをクリックしてください。

リンパ節転移について/背中の痛みについて

ドセタキセル4回目以降、ずっと背中(術側肩甲骨あたり、脇センチネルのすぐ近く)が痛いのです。それが、術後に痛みを増しています。主治医に何度訴えても、2月の骨シンチでは異常がないし、転移の可能性は100%ないと、あまり真剣に受け止めてくれません。まだ若いので増殖率が高いのではないか、転移しているのではないかと不安です。<女性:27歳>

回答はこちらをクリックしてください。

浸潤性小葉ガンについて

自分で調べましたら浸潤性小葉ガンとわかり、予後が悪いようでお先真っ暗になりました。①浸潤性小葉ガンの場合でも、温存後→放射線で全摘と同等の効果はありますか?②今からでも、全摘したほうがいいですか?③放射線の追加はしたほうがいいですか?④タスオミンが浸潤性小葉ガンにはホルモンタイプでも効果はあまり認められないとの文献がありましたが、先生のお考えはいかがでしょう。⑤今の段階での予後や再発率、遠隔転移について先生のお考えはいかがでしょう。<女性:48歳>

回答はこちらをクリックしてください。

抗がん剤による脱毛

今EC→タキサン系の予防治療の最中なのです。病院側からは生えてくるとは言われておりますが、ネットで、ある乳がんの医療の記事で(いくつかのブログを覗いてみても)、脱毛した方の7割の人が生え方になにかしらの不満を持っていて、3割の人が2、3年経っても薄毛等でまだウイッグや帽子を手離せないというのを目にしました。<女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

左胸にしこり 病院の選び方

左胸内側乳輪近くにパチンコ大のしこりがあります。二週間後に市の検診でマンモグラフイーをやります。それまで待っていいものかすぐに病院へ行くべきか…それと病院も乳腺外科のある開業医か総合病院がいいのか迷います。ガン家系というのはあるのでしょうか?<女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳頭分泌液

乳ガン検診で、乳首から血が出たのでエコーと細い針を刺して検査をしました。細い針の検査で膿疱内ガン疑いと言われました。今月MRIを受けたら浸潤ガンではないけど非浸潤ガンを否定はできないから、腺葉区域切除手術をした方が良い、と言われました。<女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

授乳中のしこりのようなもの

左胸上部にしこりのようなものがあります。丸というよりは少し平べったい感じで、押すと動き、痛みはありません。インターネットなどでかかれている乳がんのしこりのようにゴリゴリ硬い感じはしません。母方の祖母が50代で乳がんと診断されています。乳がんは遺伝の可能性もあるとのことなので心配です。授乳中ですが、すぐに乳がん検診を行った方がいいのでしょうか。<女性:28歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳ガンと診断されました。

結果は浸潤がんでした。腫瘍は11mm、核異形グレード3、ki67 70%と言われています。CT、MRIも済ませ30日に、乳房温存手術を受けることになりました。ホルモン療法も、有効ですが抗がん剤も使用します。との話でバタバタと決まりすぎて、これで大丈夫なのか。今後の治療も、不安で仕方がありません。<女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ステージ3A、リンパ節転移あり

①現在の病院では76歳と高齢の為、抗がん剤を進めていないようですが、母の症状から見てホルモン療法と手術だけで大丈夫なのでしょうか。リンパ節に転移している場合は抗がん剤は必須ではないのでしょうか。②手術をすることになった際、温存と全摘どちらが適しているのでしょうか。又、放射線もした方が良いのでしょうか。<女性:76歳>

回答はこちらをクリックしてください。

石灰化が増えて細胞診結果待ちです。

その石灰化は2ミリほどの範囲にたぶん5、6粒ぐらい集まっていたと思います。そこの細胞をとって検査すればはっきりするけど、2ミリしかないのでとってしまうとどこに石灰化があったかわからなくなるので、金属を埋めることになると言われました。その先生は半年後にまた再検査で良いのではないかとおっしゃったのですが、先生ならどう判断しますか?<女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

LCISと浸潤性乳管ガン

3年前にLCISと診断され、MRI,エコー検査で経過観察を続けてきましたが、先日、右胸に浸潤性乳管ガンが見つかりました。マンモトーム生検の結果は、浸潤性乳管ガン、5ミリ、ステージ1b、ムミナルAタイプと言う事でした。今後は、部分切除手術後→生検、放射線、ホルモン療法と続くようです。そこで質問なのですが、LCISと言うリスクがある中で、温存手術は適しているのでしょうか。<女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

胸のえくぼ乳癌でしょうか。

母の右胸に凹みがあるのに気付きました。母に聞いたところ1年ほど前からあるそうです。3年ほど前にマンモグラフィーの検査では異常はなしでした。それから検査は受けていません。インターネットで調べるとえくぼがあると癌である確率が高いと記載されているものが多く、とても不安になっています。<女性:59歳>

回答はこちらをクリックしてください。

血性の分泌液 考えられる原因

集団検診で左胸に集族性、淡く不透明な石灰化がみつかり、乳腺専門の医師がいるクリニックで、マンモトーム生検を受け2週間後の結果待ちです。ただ、クリニックで改めてマンモグラフィーを受けたときに、左胸から血性の分泌液が出ており、明らかに血が混ざっているので、何かしらの病変があるに違いないと心配です。<女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

非浸潤性乳管がんと診断されました。

右乳房非浸潤性乳管がんと診断されました。先生から上半分切除か全摘かどちらか選択できる説明がありました。検査では非浸潤性ということですので、乳頭、乳輪を残した皮下全摘手術を受けようと考えています。<女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。