乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

Micropapillary pattern   [管理番号:6075] 
質問1)
micropapillary patternとは、微小乳頭がんのことなのですか?
私の腫瘍は、粘液癌と微小乳頭癌のMIXということでしょうか?
micropapillary patternのため、体にはまだ見えない癌細胞が散っているかもしれないといわれました。

質問2)
病理検査の結果、田澤先生の見解も抗がん剤治療(タキサン系とアンスラサイクリン系を四回ずつ3週間おき)を必要としますか?勧めますか?

質問3)
リンパ管侵襲+micropapillary patternの場合、ホルモン療法(タモキシフェン+リュープリン)のみでは再発や転移の確率が高くなるのでしょうか?

質問4)
抗がん剤をやる場合は、6月頃からと考えてもおりますが、もっと早く始めたほうが良いのでしょうか?
術後なのでそれほど急がなくても大丈夫ですか?
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

異時性両側乳がんについて   [管理番号:6074] 
左胸乳がんで全摘手術を終え、初期と言うこともあり、術後治療は行っておりません。

先日、3カ月後の定期検診を行ったところ、右胸に乳腺症を疑う所見が2ヵ所ありました。

担当の先生に確認したところ、乳腺症だと思うけど、絶対とは言い切れません、との事。

左胸の乳がんが発見された時点でも同じ影があったようで、手術をした大きな病院でも、何も言われてないので、恐らくは大丈夫だと思いますが、
心配なら針せいけんで検査も出来ますがと、言う事でした。

私は、出産、授乳経験もなく、飲酒もします。
母の親族に1名乳がんになった叔母もいます。

異時性両側乳がんの可能性が高いのではないかと、心配です。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

オンコタイプDX   [管理番号:6073] 
◆質問
①Ki67がこれだけ高くてもオンコタイプDXの結果が低リスクで出ること
もあるのでしょうか。

101回目のコラムを拝読しましたが、41以上の中で低リスクだった方はやはりその中では数値が低い方ですか?
②ki67が非常に高く、核グレード3、抗がん剤治療を拒否していない状況で、この検査を進められるというのはどういう理由からだと考えられますか?
(先生の過去の記事ではki67は20から40のグレーゾーンの場合にオンコタイプDXを受けると記載されていて、そこに該当しません)
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

今後の治療について   [管理番号:6072] 
平成23年4月全摘を希望し右胸筋温存乳房切徐術をおこなう。
手術中のセンチネルリンパ節生検では異常はなかったがその後の病理検査で4個中2個に微小転移がみつかった。
結果は1,9cmホルモン依存90HERなしT-1Nー0
Mー0でした。
その後治療としては抗がん剤はしてもしなくてもどちらでもいいとのことでしたのでホルモン剤のアロマシンを5年間服用。

平成29年3月頃右わきのリンパの腫れにきづき針生検するも異常なし。
その後2,3ヶ月一度エコーと針生検で経過観察をしていた。
9月にホルモン剤を再開したいと申し出てレトローゾルを飲み始めた。

10月頃腫れているリンパの傍に米粒くらいのしこりに気づきそのしこりを針生検したところ癌細胞が見つかり平成30年1月(上旬)日右腋下リンパ節廓清術をしレベル1のリンパ9個を切除、内6個に転移があったとのことだった。
今後の治療として
フェソロテックスとレトロゾール。
イブランスとレトロゾール。
UFT300mg2年間とレトロゾールのどれかということですがどれを選択していいのか。
白血球も普段から3000位と低く副作用も心配です。
先生のご意見をお聞きしたいと思います。
<女性:64歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。