乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

非浸潤性乳管癌の放射線治療について   [管理番号:5608] 
マージンを聞いたところ2cmはとれているとのことでした。

放射線治療をすると目に見えない残っている癌細胞を死滅させられるということです。

非浸潤の状態で見つかったこともあり、放射線治療を迷っています。

治療後の肺炎などの副作用も気になります。
(5%程度と聞きました)

非浸潤癌でも再発することはあるとはあるようですね。

また再発時には浸潤癌での再発も半分くらいだということでそれも怖いです。

先生ならこの状態での放射線治療はどう思われますか。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がんのホルモン治療について   [管理番号:5640] 
現在、46歳、閉経前です。
温存で手術をしました。
診断はルミナールAタイプ、ステージ1、大きさは9ミリで、リンパ転移なしです。
先生いわく、進行も遅いし、顔つきも悪いタイプではありませんとの事でした。

今後の治療として、放射線治療とホルモン治療をするのですが、ホルモン治療が投薬5年注射2年と言われました。
投薬だけでいいと思っていたので、ちょっとびっくりしています。

そこで質問なのですが、注射を同時にすることで、治療としてどんなプラス効果があるのでしょうか。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

治療法について   [管理番号:5639] 
術後の病理結果です。

硬癌
ステージ1
腫瘍径2.3×2.0cm
浸潤径1.6×1.3cm
リンパ節転移 なし
静脈侵襲 リンパ管侵襲 あり
断片 ±
ホルモン受容体 陽性ER+ PR+
HER2 陰性 SCORE1
グレード1
Ki67 10%

ルミナールAですが、静脈侵襲と脈管侵襲がありなので、抗がん剤をやった方が良いと言われました。

また、静脈侵襲、リンパ管侵襲があるということは、再発率がかなり高くなるという事でしょうか?
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

治療方針   [管理番号:5638] 
9月下旬 右乳房切除
腋窩リンパ節郭清

病理検査結果

組織 浸潤癌
浸潤癌の大きさ 21×17㎜
組織学的グレード 2
脈管侵襲 リンパ管侵襲 + 血管侵襲 +
リンパ節転移 あり 17/20
切除断端 陰性
病期 ⅢC
ホルモン受容体 あり
ER: 6 PgR: 4
HER2 タンパクの発現 陽性 3
Ki67発現 高い
サブタイプ ルミナルB HER2 あり
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。