乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


いよいよ、今週のコラムも今年最後となりました。

昨年最後の今週のコラムを振り返ってみると『今週のコラム 8回目 NewAdjuvant.comとして復活しました!』でした。 私の好きな「一之輔」が初出場していました。(1年はあっという間ですね)

 

年末になると、いろいろと「まとめたく」なります。

前回は手術症例数(2016)をまとめましたが、その内訳として「どこから患者さんが来ているのか?」興味があったので(意外と時間がかかりましたが)調べてみました。

 

○このQandAのお陰で、当院は全国と繋がっています。

本来の医療圏である江戸川・葛飾は34%程度

他県が半数以上を占めています。(なかなか、こんな病院はありません)

 

(他県内訳)

関東が多いのは当然ですね。

千葉 66

埼玉 36

神奈川 25

茨城 7

群馬 5

栃木 2

 

その他には…

多いところで

大阪 9

愛知 6

静岡 6

♯大阪や愛知は人口が多い事を反映していると思います。

静岡は(感覚的に)比較的近いと言えます。

 

また、(私の出身地である)東北地方からも来ていただけました。

宮城 3

岩手、山形、秋田 各1

 

遠いところでは

九州(福岡2、熊本1、宮崎1)

北海道 2

中国地方(山口3、島根1)

関西(大阪9、兵庫1、和歌山1)

東海(愛知6、静岡6、三重1、岐阜1)

甲信越(長野3、新潟1)

 

○注意して欲しいのは、あくまでも「手術患者さん」だけの数字であり、外来受診だけの方は含まれていません。

 

 

さて、本題です。

今年最後のテーマは「超音波検査の重要性」とします。

私は常日頃から、「医師自身がエコーすることの重要性」について強調しています。

 

(実際に自分でやってみれば解るのですが)エコーは(見落としが発生し易いので、その分)集中力を要する「結構、負担のかかる手技」なのです。

逆に言うと、その分(その積み重ねにより)「技術の差が生まれやすい」重要な手技となります。

 

『検査技師が撮影した写真だけ見て、判断する』こと。

それは、(とっても、とっても)楽な事です。

それにより(医師自身の)「外来の負担の半分以上(言い過ぎではありません)」は軽減することになります。

しかし、それは(乳腺外科医にとって)決して屈してはならない『禁断の果実』なのです。

一度でも、その蜜の味を体験してしまうと…

それは「止められない覚せい剤」のように、(その医師自身を)蝕んでいくのです。

 

つい先日、そのような診療を受けた患者さんの実例を提示します。

皆さん、良く考えてみてください。

 

Aさん

「先生(前医)から、1期だから再発の心配なんか要らない。と言われていて安心していたのに、先日1年目の検査で、乳房内に再発しているって言われました。」

 

「どんな検査をしたのですか?」

 

Aさん

「マンモとエコーです。」

「マンモを撮影して影が写っているからと、(技師さんの)エコーを追加されて、再発している。散らばっている。これからCT撮影して針の検査すると言われました。」

「早期だからって、一度も診察もせずに、それで1年目に3cmのシコリだなんて… 先生(前医)のことを信用できなくなって、それでここに来たんです。」

 

「なるほど。事情は解りました。ホルモン療法で3カ月に1回通院しているのだから、時々は診察してあげるべきですね。」

 

○私は内心(3カ月に1回通院していたのに)「いきなり3cmのしこりがあります。」は酷過ぎるな。と思いながら、診察してみました。

 

まず「触診」

あれ? 3cmという割には触れないなぁ?

 

意外に思いながら(そのまま)「超音波」

(以下、私の心の内)

あー、これか!

でも、随分深いな。深いから触診で触れなかったのか!

しかし、これは(乳腺ではなく)その奥の「筋膜の裏側」だぞ。

これは(乳腺より、ずっと深い層にあるから)乳房内再発ではない。

腋窩リンパ節の部位とも随分、離れている。

 

「何だ、こりゃ?」と(エコーの)プローブの角度を変えると…

「心配ありません。これは筋膜裏に溜まった(おそらく手術時に形成された)血腫です。」

 

Aさん

「どういうことですか?再発ではないのですか?」

 

「再発ではありません。ただの(1年前の手術の際にできたであろう)血腫にすぎません。」

「もしも担当医が、時々エコーしていれば、その存在に(最初から)気付いていいた筈なのですが、一度もエコーしてこなかったから、急に出現したように思っているだけです。」

「担当医は、今回自分でエコーしてみたのですか?」

 

Aさん

「先生(前医)はエコーしていません。技師さんのエコー写真を見るだけでした。」

 

(やっぱりと思いながら)

「スクリーニングとして技師さんのエコーと言うのは、いいとしても。(今回のように)もしも疑わしい所見が有った場合には、(その際には)やはり医師自身がエコーすべきです。」「今回も、担当医が(おかしいな。と)自分でエコーすれば、プローブの角度を変えることで腫瘍ではないことに気付いた筈なのです。」

 

○質問者を安心させるため(+確定診断のために)針を刺して、血腫内容(凝固した血液)を確認して診察を終えました。

 

今回のポイントは

①腫瘍(?)の位置が深すぎる

 

 

 

 

 

 

 

皮下脂肪(赤)の奥に乳腺(青)の層がありますが、腫瘍?は、更にその奥の筋膜(オレンジ)を押し上げるように、その裏に存在している

 

 

 

 

②(一件)腫瘍のように見えるが、「プローブの角度を変える」ことにより、それが(液体の)貯留であることを確認できる。

(実際に角度を変えて撮影)

角度を変えると、腫瘍のようにみえたものが、ただの液体であることが容易にわかります。

 

 

①②ともに、技師さんに判断させるのは酷なことであり、医師自身が経験を積み重ねることで習得することなのです。