乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

化学療法の選択について教えて下さい   [管理番号:4014]
今年10月中旬に乳房温存術受けました。

浸潤がん乳頭せん管がん、充実せん管がん、硬がん
腫瘍の大きさ8mmx6mm
センチネル生検は陰性で、リンパかく清はせず
その後の精密検査で、3個中1個2.1mm転移あり。

高ホルモン反応性あり
グレード2
脈管浸潤なし、HERS2陰性
Ki67は25%
ルミナールB

術後内出血、血腫あり、今落ち着き12月中旬より放射線予定です。
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

突然できた脇のしこり   [管理番号:4034]
脇のしこりで悩んでいます。

このしこりを見つけたのはもともと2cm弱の首のしこりができ悪性リンパ腫を疑って血液検査と全身CTをし、その後首のしこりは小さくなり検査結果もリンパ腫の疑いがある結果ではなく、結局しこりの原因は分からずじまいで、その後ずっと新たなしこりが出来ないかを毎日お風呂でチェックしているからです。
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

高齢者の放射線療法、補助療法について   [管理番号:4162]
70歳以上ですと、抗がん剤治療はもちろんデータなく適用外。

高齢者の早期乳癌で乳房温存率の後に放射線治療を受けることのメリットは小さいとお聞きしております。

また一度放射線療法を行うと、再発した場合の治療に支障が出るとか・・・本当でしょうか?
それは、ホルモン療法を行う場合のみでしょうか?
循環器、腎不全等併存疾患も抱えており副作用も心配なので、できるだけ慎重に検討したいと思っております。

田澤先生の「高齢者乳がん患者への治療方針」をお聞かせ頂けましたら幸いです。
<女性:80歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

家内が乳がんになりました   [管理番号:4025]
主治医は遠隔転移は現在では考えにくいが、11/(下旬)日にPET-CT, 11/(下旬)日にMRI検査するとのこと。
化学療法はやる予定ですが、気になっているのが放射線療法。
私はやった方が局所再発を防ぐためには良いような気がしますが、主治医の先生のお話では温存でなく、化学療法をやる場合は放射線はやらないとのこと。
リンパ節をどこまで切るかの決定には、センチネルをやってどこまでメスを入れるか決めるとのこと。
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティヴ   [管理番号:4161]
術後の病理検査は1月にでて、その後抗がん剤と放射線を行う予定です。

今回、ご相談したいこととしては、受精卵の凍結です。

次回の私の生理は1月中旬と思いますので、その時から排卵の誘発を行っていこうかと考えているのですが、タイプやki67の値から凍結をしている時間はあるのかと不安に感じています。
主治医は悪いものは取ってるからねと言われていますが、予後が悪いとの情報が多くあるので、毎日が不安で不安でたまりません。
<女性:26歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

3ヶ月でできた乳がん   [管理番号:2774]
1番疑問であり不安なのが、なぜ、こんなに短期間で大きなしこりができたかについてです。
例を見ない悪性なのではとの思いばかりめぐります。
乳腺外科では、こういう方もいる、という説明でした。
先生で何かおわかりになる点がありましたらぜひ教えて頂きたいと思い、
問い合わせさせて頂きました。
検診もして、3ヶ月前に乳腺外科を受診し、このようなことに
なりショックが大きく、まだ、乳がんであることを
受け入れられずにいます。
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。