乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳癌の治療法について   [管理番号:4156]
左乳房下外側部乳がんと診断され、10月半ばに温存手術、病理で断面に細胞が接近していた為、11月半ばに再切除を行いました。
1月より放射線を行います。

病理の結果
Invasive ductal carocinoma
Solid-tubular carocinoma
ER 70% PgR 80% HER2 1+ リンパ節1個に転移あり。

異型度1 浸潤径 28×16×10mm ki67 27.2 T2 N1 M0 ステージ2b
でした。
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ひも状の石灰化   [管理番号:4155]
健康診断でマンモグラフィを行い、両胸にあるひも状の石灰化を指摘され専門での検査をするよう言われました。

この病院では、2015年と2016年にも健康診断を受けており、その時にも同じものが写っていました。
が、2回とも要観察でした。

今回、ひも状の石灰化は、過去2回のものと殆ど変化が見られないとの事でしたが、乳がんの初期症状はゆっくり進行するので、今回変化はさほどないが、検査をしたほうがいいとの事でした。

ガンの場合、1年半以上たっても変化が見られないという事はあるのでしょうか?
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗癌剤治療をするべきかどうか   [管理番号:4129]
放射線治療は今後やることに決定しています。

担当医より抗がん剤治療が基本ですがやってもやらなくても再発リスクの差があまりない。
自分で決めてくださいと言われました。

再発は怖いですが、抗がん剤の副作用もとても怖いです。

元々不整脈があるので心臓への負担がかかるのも心配ですし、2年前から骨密度が大幅に減少してきたので骨粗鬆症になる可能性も気になります。

白血球も標準よりいつも少ないので副作用でもっと減少して免疫力がなくなるのも嫌です。

一番心配なのが二次癌になる恐れもある、と聞かされたことです。
<女性:59歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

今後の定期検査について   [管理番号:4154]
今後の定期健診についてお伺い致します。

術後約半年を迎え、現在ホルモン療法をしています。

抗がん剤を強く勧められましたが、ボーダーラインでしたので考えた末、抗がん剤治療は受けず、放射線治療後ホルモン療法単独で治療中です(ステージⅡB、ルミナルA)。

来月検査があり、エコー、造影剤CT、血液検査(CEA・CA15-
3・NCC-ST439・1-CTP)の予定です。

一年に一回は骨シンチ、マンモもあります。

骨シンチやCTは必須ではないというコメントを何度か見たことがありますが、定期検査はどのような検査が良いのでしょうか。
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

早期ではないのでしょうか。   [管理番号:3920]
針生検の結果待ちです。
超音波で右胸に
1.2センチの腫瘍がみつかりました。
先生の様子と(分葉形?形が明らかにガンなのでしょうか)、「どう取るにしても手術日は?日にしよう」と言われた事から、ガンは確実なのかなぁと思っています。

また血流があり、周りにもしこりがいくつかあり、リンパが腫れているので、針生検の時に周りのしこりと脇の細胞診も行いました。
周りのしこり(細胞診したのは1ヵ所です)は乳腺症だとその場で言っていました。
同じ細胞診でも脇の方はその場で何も言われなかったので、転移していたからだと考えてしまいます。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

授乳中の乳腺の痛み(乳腺炎ではないです)   [管理番号:4104]
第1子出産?卒乳後から胸が痛むようになりました。

伺いたいのは
①授乳中で生理もまだ再開してないのになぜ胸が痛むのでしょうか?
②胸の痛みがひどい人は将来の乳ガンリスクは高いのでしょうか?
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。