乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

小葉癌でトリプルネガテイブの治療   [管理番号:4101]
・小葉癌なので、もし左乳房に新たな癌が発生した場合も同じ様な癌の性質(トリプルネガテイブ)が出来る可能が高いのでしょうか?

・今の時点で、トリプルネガテイブなので、遺伝子の検査をしておいた方が良いのでしょうか?
近親者に乳癌、子宮癌経験者はいません。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

悩んでます   [管理番号:4110]
1年間、経過観察をしてきましたが、幸い変化ありません。

乳腺科の先生から半年後の検査をやめて1年後に延期する話がありました。

1年後に予約を取りましたが、検査項目がマンモグラフィとエコーです。
妊娠するとマンモグラフィが撮れないと言われました。
私は、妊娠希望しており、妊活をしたら来年の検査が受けられなく可能性があります。
妊活を諦めて自分の身体を大切にして予定通り定期検査受けた方が良いか悩んでます。
<女性:31歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブの治療について   [管理番号:4048]
私としては、抗がん剤を強く希望しています。

ネットで見る限りでは、トリプルネガティブの早期がんでも、抗がん剤をしていない例は見つけられません。

左乳がんが見つかった時、右にも触診で1cmくらいのしこりがみつかりました。
右は石灰化なし、エコーにも造影CTにもうつらなかったようです。
右は生検もしていません。

もしかして、今後 右のしこりが大きくなって、生検して、悪性だった場合手術をしたあと、抗がん剤を使用する為に今はしないという方法はありますか?
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

HER2 ステージ4 肝臓転移 今後の治療について   [管理番号:3809]
53歳で、閉経しています。

今年4月に以下のような乳がん診断がなされました。

浸潤:あり
腫瘍径:50X43X20ミリ
エストロゲン受容体:陽性
プロゲステロン受容体:陰性
HER2:2+/fish:陽性
Ki67:40%
リンパ転移:あり
遠隔転移:肝臓(右半分)
サブタイプ:ルミナールB+HER2
ステージ4

治療として、ハーセプチン、パージェタ、ドセタキセルを7回投与したところです。
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

縦長しこりと分泌物(両胸)   [管理番号:1672]
7月のときの画像だと、乳腺しかわからくて、9月に縦長しこりがはっきりとしているのは、悪性の可能性が高いのでしょうか。
【質問6】
病理結果が出ました。
浸潤性乳管ガン硬ガン
浸潤は、0.07ミリでした。
これから25回放射線治療をし、完治と言われました。
浸潤で薬物治療なくても大丈夫ですか?
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ハーセプチンについて   [管理番号:4109]
右乳房全摘(1.2センチ) トリプルポジティブ
今年1月よりFAC4回 ドセタキセル4回 ハーセプチン11回まで終了しました。

事情により12回目のハーセプチンが延期になり、本来3週ごとのハーセプチンが今回だけ11回目から5週目のハーセプチン投与になりました。

主治医は「これ以上間が空くと量を増やさなければならないが5週目なら増やさなくても大丈夫でしょう。」とおっしゃいました。

ここで質問なのですが、本来3週ごとのハーセプチンが今回だけ5週目の投与でも量を増やさなくて大丈夫でしょうか?
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

遺伝性乳がん   [管理番号:4108]
母としては今現在で乳がんが進行しているのであれば、迷わず治験参加をしてると思うけど、予防としてとなると考えてしまうみたいです。

抗がん剤を1年間も服用して大丈夫なのでしょうか?もし偽物のほうにあたった場合でも有効成分が入っていないにせよ問題はないのでしょうか?

治験について田澤先生の医師として、個人としての意見を聞かせてもらえないでしょうか?
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。