乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

12月に左胸全摘出しました   [管理番号:2151]
手術後の病理検査は2月に結果がでます。
マンモトーム生検の結果はルミナルA型、Ki-67は10%、15%、グレード2、しこりの大きさ4ミリの浸潤性小葉がんです。<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

針生検結果について   [管理番号:3970]
1. 結果にはKi67が出ていないのですが、「Mitotic Rate: 1 (分裂速度1-3のうち、一番遅い1)」と出ていて、ERとPRがそれぞれ100% positive、HER2がnegative(0)なので、これはルミナルAでしょうか?

2. リンパ管・血管侵襲はnot identified、確認されなかったと出ていますが、リンパ節転移の可能性はどのくらいでしょうか?
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

両側乳がん術後の治療について   [管理番号:4064]
先生に教えていただきたいのは、
①病理の結果の読み方
ERやPgRやHER-2が陰性とか陽性とかはっきりした記載でないので
この3aや60%などの数値が意味することがわからない。
どこからどこまでが陽性
(陰性)なのか。

またMIB-1とは、Ki-67と同じなのか?

②この結果からの術後の治療は放射線とホルモン療法でよいのか?
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

右脇のリンパがいつも腫れています   [管理番号:4063]
私は1年ほど前に右脇の毛を剃ったとき
赤いできものが1つ見られるようになりました。

それができた頃から、脇の窪んだところを押すと痛みを感じ、腕の付け
根と胸の境目(腋窩リンパ節というのでしょうか)が腫れています。

以前までは微かに左より腫れているかな?という程度だったのが今では
はっきりわかるほどです。
そして定期的(周期ははっきりわかりません、
もしかすると生理前)に脇を締める時に痛むほど腫れがひどくなります。
<女性:17歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ術後化学療法について   [管理番号:4062]
乳腺外科の医師は、化学療法をやらないよりはやった方が、予後は長い間よい状態をキープできるが、必須というわけではなく、決断するのは自身であるとのこと。

腫瘍内科の医師は、トリプルネガティブで1cm以上の腫瘍の場合、術後化学療法を”した方がよい”ということでした。
(乳がんのタイプと腫瘍の大きさから調べられる、米国のサイトを使っての判断で、1cm未満なら化学療法を”consider,考慮する”という結果のようでした。)

化学療法は、AC(3週に1回×4回) + パクリタキセル(毎週×12回)です。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

スピキュラ?乳がんでしょうか?   [管理番号:3891]
乳腺外科医の診察の日、黒い影のことは全く触れずに違うマンモグラフィの画像を出して、「乳首の斜め下に白い丸があるでしょ?これしこりなんだけど、その横にモヤが前回より広がってるので、今度はエコー下マンモトームしましょう」と言われました。

このしこりの事は「様子を見てた」と言われましたが、これがあるのは初めて知りましたので、大きさを聞いたところ、しこりは1cm、モヤが広がってる所は2.5cmと言われました。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。