乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


急に寒くなりましたね。

昨日、FMを聞いていたら「あの」山下達郎も、そう言っていました。(ついでに言うと、一之輔も木村カエラも)

阿部礼二は「懐かしの主題歌特集」だったので、面白さには欠けましたが、いろいろなドラマを想い出して懐かしかったです。

今はドラマは全く見ませんが、当時(10年前までは)結構楽しみにしていたものです。

 

「スチュワーデス物語」懐かしかったですね。

代名詞である『どじでノロマな亀』 今なら「パワハラ」で訴えられそうです…

 

 

 

 

「パパはニュースキャスター」 とにかく当時は「田村正和」が輝いていました。

 

 

脇のしこり

皆さん、気にされる方が多いですね。

我々乳腺外科医はと言うと…

殆ど、注意を払いません。

 

何故、ここまで(皆さんの心配と)「我々の関心に乖離が生じるのか?」

一言でいうと(余計な)「情報過多」が原因でしょう。

 

それでは詳細していきます。

「脇のシコリが気になる」として受診される方の実状

①副乳

まず、これが最も多いですね。

これは、そもそも「脇の下」ではなく、(正確に言うと)腕の付け根です。

「左右差」があったり、「妊娠、授乳期に大きくなる(乳腺なのだから当たり前)」

♯副乳にも「副乳癌」ができますが、これは「硬い」から直ぐに解ります

 

②正常パ節

痩せている人だと「小豆ぐらい」の正常リンパ節は触れます。

 

③転移性リンパ節

おそらく、皆さんが気にしているのはこれでしょう。

それではポイントを幾つか挙げます。

1.乳腺に自覚する様な「相当大きな」腫瘍でも無い限り、(触れるような)転移性リンパ節はありません。

♯(検診や診察で)「乳腺異常無」となった時点で「脇を気にするなどナンセンス」です。

 

2.(もしも本当にあれば)「ガチガチに硬い」ものであり、すぐにわかります。(迷った時点でそれは違います)

 

3.転移性リンパ節には症状はありません。

♯ 「脇が痛い」とか「腕が痺れる」などは「ホルモン刺激症状」です。

 

④その他の「悪性」腫瘍

こんなものは「ものすごく頻度が低い」ので、想定するだけ馬鹿馬鹿しい。

(悪性リンパ腫、腋窩原発の悪性腫瘍など)

もちろん、もしも存在すれば「ガチガチに硬い」ので直ぐに解ります。

 

○お解りでしょうか?

要点を1つだけに絞れば…

『ガチガチに硬いもの以外は気にしない』これに尽きます。

やはり自己検診は「乳腺をサーとなでるだけ」でOKです。

♯絶対に「脇をグリグリ触ることだけは止めてください」(無意味な心配が増えるだけで百害あって一利なしです)