乳がん手術は江戸川病院・東京


この連休、「台風がらみ」でしたね。

各地で雨が降り、週末の仙台も(幸い)パラパラでしたがスッキリとした天気ではありませんでした。

 

仙台は季節が一つ(半分?)先に進んでいました。

肌寒いという程のことはありませんでしたが、街中の人達の服装はすっかり長袖で、ちょっとしたタイムスリップをしてきた異邦人の様に感じました。

まずは☆ヤマで一服。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

アイリッシュ(砂糖抜き)

この滞在中、4杯も飲んでしまった…。

♯(昔から)「お客さんに似合ったカップ」を選んで出してくれると言われていますが、私に薔薇?

 

 

 

行ってきました。「Restaurant 拓」

仙台の中心地にありながら、適度に静かな環境。隠れ家的な佇まい。

仙台在住の頃からだから、「3年ぶり」にはなります。

迎えてくれたシェフご夫婦の満面の笑顔!

記念撮影もさせてもらいました。

%ef%bc%93%e4%ba%ba

 

 

 

 

料理もワインも最高だし、近況をお話ししながらとても素晴らしい時が流れました。

%e6%96%99%e7%90%86

%e3%82%bb%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%82%a7

 

彩も素晴らしいメイン

そして「セサーニュモンラッシェ」

 

 

 

 

♯これは「食べ歩きブログ」ではないので料理の写真はこの位にしておきますが、全ての料理に感動しました。

 

是非、仙台に御寄りになる機会があったらお勧めです。

ワインを楽しみながらの素敵なひと時でした。

%e7%b5%b5

3年前にも、飾ってあった印象的な絵(一目で思いだしました)

坂が下っているようにも見え、逆に上っているようにも見えます。

「見えている人の運気を反映する?」なんて話が盛り上がりました。

皆さんにはどう見えますか?

 

 

 

 

 

○術後の定期検診の有り方

さて、ガラッと話はかわり術後の定期検診についてです。

このQandAでも時々、「術後はどのように検診を受ければいいのですか?」と聞かれますので、この機会にお伝えしましょう。

基本は

3カ月に1回の診察(左右乳腺、腋窩エコーを含む)

3~6ヵ月に1回の採血マーカー

1年に1回のマンモグラフィー

これで十分です。

♯3カ月に1回ホルモン療法で通院するケースが多いので自然とこうなります。

ホルモン療法をしないケースでは診察も半年に1回でいいでしょう。

また、非浸潤癌ならば「半年もしくは1年に1回の診察(マンモは1年)」で十分です。

 

○時々1年に1回のCTとか骨シンチ、PETなどをしている施設がありますが…

それらの検査はエビデンスがないのに「高い医療被曝と高い医療費」を要します。

♯1年に1回、それらの検査をするよりも3カ月(~6ヵ月)で腫瘍マーカーを取る方が、よっぽど(もしも再発した場合にも)早く検出できます。それらの検査は「腫瘍マーカーが上昇した際」に行うべきものです。

 

◎定期検診でSC node 腫大

sc-node

 

SC: Supraclavicular node(鎖骨上リンパ節)腫大

 

 

 

 

腫瘍マーカーは正常でしたが、念の為に全身検索。

やはりPETでもSCのみでした。

pet%e5%85%a8%e4%bd%93pet%e6%8b%a1%e5%a4%a7%e8%a7%a3%e8%aa%ac%e4%bb%98%e3%81%8d