乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

術後の抗がん剤治療について   [管理番号:3624]
病理の結果、
ステージ2a 4.3cm リンパ転移なし グレード3 kiー67 39%
ER陽性 PgR陽性 HER2陰性

ルミナールBとのことで、主治医からは抗がん剤を進めますとのことでした。
核グレード3、年齢などが要因のようです。

また、オンコタイプの検査を行いスコアは20。

低リスクに近い中間リスクで、抗がん剤の上乗せ効果が疑問です。

出来れば抗がん剤はしたくないです。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳頭の白いポチっとした所から角栓と液体   [管理番号:3561]
乳頭の分泌かと思っていたら、乳頭の、先にある小さい白いプツプツ(結構沢山あります)からにゅるにゅるっとした、鼻の角栓に似たような物であったり、そのにゅるにゅるっとしたものと一緒に透明の液であったりが出ます。

白いプツプツが少し溜まるとプチっと破れて透明な液としてでてきます。
<女性:30歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

腫瘍マーカー 1-CTPの上昇   [管理番号:3198]
腫瘍マーカの結果を聞いてきました。
3月下旬と、6月下旬の数値の変化です。
CEAが1.9→2.0  CA15-3が8.0→6.4   1-CTPが3.2→4.1 です。
1-CTPが2月には3.5で、3月に3.2に下がったのに、今回は4.1に上がったのが気になりますが、上限値は4.49ですので、これは気にしなくても良いでしょうか?

白血球の値が、抗がん剤終了後は3240まで回復したのですが、また、2700に落ちてしまいました。

放射線治療で白血球が落ちるとは聞いていましたが、治療終了して1ヶ月もたつのに、こんなに回復しないのは、大丈夫なのでしょうか?
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

浸潤性小葉癌 乳腺内リンパ節転移とは   [管理番号:3591]
リンパ行性転移と血行性転移があるということですが、
脇の下のリンパ節に転移していなくとも血行性で遠隔転移はありうるので全身治療が必要ということですよね?

血行性とリンパ行性ではどのくらい時間差があるのでしょうか?
遠隔転移が心配です。

(造影CTは術前にしましたが、PETとか骨シンチなどはしておりません。
骨はCTでもわかるものですか?MRI?)
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

石灰化   [管理番号:3631]
市の検診でマンモと触診を受け結果が要精密検査だった為
今日検査を受けてきました。

先生は本当に小さい石灰が5~6粒あるが心配ないとのことで半年後にまた来てくだい。
その時またマンモをして経過をみましょうとのことになりました。

エコーも入念にみてくれましたが腫瘍はないと言ってました。

田澤先生も石灰化は良性がほとんどと仰ってますがマンモトームしなくていいのでしょうか?
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。