乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

病理検査結果の再検討について   [管理番号:3434]
今回質問させて頂きたい点は、病理検査結果の件です。

本来明日結果を確認する予定だったのですが、
再検討のため二週間後に変更となりました。

非浸潤でしたので、結果も非浸潤もしくは微少浸潤程度と
思っておりましたが、再検討との連絡を頂きショックでした。

再検討ときくと、予想より悪かったので詳細確認が必要なのでは
と思ってしまうのですがよくあることなのでしょうか。
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

検診の結果 乳腺腫瘤と   [管理番号:3585]
「乳腺腫瘤」の意味するところが、昨年発見された「のう胞」がマンモで写っただけなら良いのですが、重ねて不安なのは、賛否あるとは思いますが今回一緒に受けた「アミノインデックス検査」で、乳腺と肺に「C」判定が出てしまい、不安が倍増しております。

肺はCTは撮りませんでしたが、X線では何もありませんでした。

乳腺に癌があると、肺などの数値も上昇してしまうそうです。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療法について   [管理番号:3584]
今年の8月に左全摘・同時再建の手術を受けました。

4月の針生検では非浸潤でしたが、術後の病理結果が思った以上
以上に悪く(ki67高値)困惑しています。

Breast carcinoma,left EBD area,3
area,34×7×25mm,Invasive ductal

caricinoma,scirrhous,caricinoma,f,ly0,v0,pN1mi(1/1
(1/1)

浸潤癌34×7×25㎜、腫瘍全体では長径58㎜
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

今後の治療について   [管理番号:3583]
主治医より抗がん剤(FECとタキサン)を勧められています。

Q&Aを拝見するとルミナールAでリンパ節転移3個は抗がん剤の必要(効果)ないのではと思うのですが、
主治医より抗がん剤をした場合の上乗せは9%位あると言われ、後々、後悔しないようにやっておいたほうがいいでしょうとの事。

もしホルモン治療のみを選択した場合、気になる点として手術標本で
ER/PgR/Her2/グレード/Ki67等の検査をしていない。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。