乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳がんの術後、反対の胸にしこり   [管理番号:3448]
1.このような場合乳がんの再発の可能性が高いのでしょうか?
昨年からあったので、癌の見落としになるのでしょうか?
(化学療法をお断りしたせいか、この1年間血液検査だけでエコー検査などは一切行っていただけませんでした。
血液検査ではとりわけ問題なみつかりませんでした。)

2.ネットなどでみるとエコーで青く広く移るのは、良性腫瘍、濃く丸く腫瘍の形がわかるように移るのが癌といったようなものもみかけるのですが、どうなのでしょうか?
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

どれも悪性   [管理番号:3460]
左右エコー、マンモ、造影剤MRIで悪性疑いでした。

左:6mmしゅりゅう
右:微小石灰化集族→領域性変化
エコーでも悪性疑い、MRIも悪性疑い→癌と考える
どちらも生検勧める。
との事でした。

そこまでの結果で生検までして悪性を確定する必要があるのか と疑問です。

今の段階で、診断をつけなくてよい(癌でも治療する気はない)と申し出ています。

が、色々悩んではいます。
手術しようかな?とか。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

妻が乳ガンのようです   [管理番号:3405]
総合病院での現時点での診断は、しこり2.8センチ、脇のリンパに腫れが見えるため、転移の可能性があるとの事。
腫瘍の性質は来週まで分かりませんが、脇のリンパ節にも転移していたとしたら、ステージⅡbでしょう。
かなり重たい乳ガンになるのでしょうか?
針生検の結果も来週なんですが、怖いのは遠隔転移で手術が出来ない状態です。
妻も私も診断結果が出るまで生きた心地がしません。
それと、妻は毎年会社の乳ガン検診を受けていて去年は異常なしで、いきなりしこりが2.8センチになるものなんでしょうか?
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン治療と妊娠の可能性について   [管理番号:3440]
(質問1)私の場合、第一子でなく、第二子希望であるということ(年齢も充分に高齢です)、また上記の病理結果からして、ホルモン治療を
1-2年遅らせるというのは、大変リスクのあることなのでしょうか?

(質問 2) 田澤先生の見解として、ホルモン療法を遅らせることに問題が
無い場合においてですが・・・なぜ、病院や先生方によって、考え方が
大きく異なってくるのでしょうか?(何かガイドライン等があるのでしょうか?)

(質問 3) また、ホルモン治療に関してですが、ASCOの新しいガイドラインにおいても、私のケースの場合はタモキシフェン単独でいいのでしょうか?
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

今後の治療法にについて   [管理番号:3458]
主治医から今後の治療方針として、抗がん剤(TC 3w/4クール)+ホルモン治療をすすめられました。
(年齢、リンパ管侵襲、ki67の数
値、グレード2 ルミナールタイプだがリスクが高いからとの事でした)
ki67の数値がグレーゾーン、リンパ節転移2個…という事で私としてはホルモン療法単剤で…という思いが強くあります。

出来れば抗がん剤は避けたい…と思っているのでオンコタイプDXの事を聞きましたが、閉経前でリンパ転移があるので適応ではないと言われました。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。