乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

術後補助治療について   [管理番号:3442]
浸潤性小葉癌(ステージ2A)で7月に右乳房全摘とリンパ節郭清しました。

主治医からフルコースを提示されましたが、ルミナールAなので、化学療法は拒否し9月から放射線25回とホルモン療法(フェマーラ)10年を受けることにしました。

☆微妙なところですが、化学療法を受けないと再発・転移・生存率にそんなに影響をうけるものなのでしょうか?リンパ節郭清の個数の多さ(しかもレベル2まで)が、ひっかかります。

☆術後後遺症症候群?(無感覚・筋のつっぱり等)は、生涯 完治しないものなのか、リハビリを何年も続ければ少しはマシになってくるものなのか。
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

病理診断結果   [管理番号:3441]
「膠原線維の増生を伴ったscleroticな変化を認める乳腺組織です。
乳管は萎縮性となり、一部の乳管周囲には軽度の炎症反応を伴っています。」とありますが、これは硬化性腺症の事ですか?
硬化性腺症について調べてみたら、特徴がよく似ているようなので心配になりました。
硬化性腺症の中から癌が発生する事がある。
リスクがある乳腺症と書いてあり、心配です。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン治療と妊娠の可能性について   [管理番号:3440]
(質問1)私の場合、第一子でなく、第二子希望であるということ(年齢も充分に高齢です)、また上記の病理結果からして、ホルモン治療を
1-2年遅らせるというのは、大変リスクのあることなのでしょうか?

(質問 2) 田澤先生の見解として、ホルモン療法を遅らせることに問題が
無い場合においてですが・・・なぜ、病院や先生方によって、考え方が
大きく異なってくるのでしょうか?(何かガイドライン等があるのでしょうか?)

(質問 3) また、ホルモン治療に関してですが、ASCOの新しいガイドラインにおいても、私のケースの場合はタモキシフェン単独でいいのでしょうか?
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

分泌液と発赤について   [管理番号:3439]
質問なのですが、乳頭分泌液とは粘着性があるものなのでしょうか?
固まってハナクソのようになるものなのでしょうか?(汚い話ですみません)色は白から黄色?まさにハナクソそのもののような感じです。

絞ってみると透明な汗のようなものが両胸とも出てきます。
また右胸の上部内側に毛穴が膨らんだ、1㎜ほどの発赤もあります。
<女性:31歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳頭分泌液   [管理番号:3161]
右胸から乳頭分泌液があります。
単孔なのか多孔なのかよくんからないです。
色は透明から黄透明です。

3週間前に気になりガラスプレートにとり検査しましたが、細胞がよく分からなくもう一度と言われましたが分泌液が落ち着いてしまいやらなくて良いと言われました。
丁度排卵日あたりのことでした。
それからエコーで検査しましたが異常なしでした。
<女性:29歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。