乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

皆さん。こんにちは。

最近は、「今週のコラム」にかまけて、このブログの更新がおろそかになっていました。

さて、2週間前「今週のコラム13回目」で紹介した(他院で針生検をして)「ADH, DCIS疑い」と出たのに、『これ以上の検査はできないので、1年後の経過観察にしましょう』と言われた方、覚えていますか?

当院で「マンモトーム生検」した結果、やはり癌でした。

幸い「非浸潤癌」でした。

 

何とも怖い話ですよね。

「癌(非浸潤癌)なのに、1年間も放置される」ところだったのです。

「自分の身は自分で守りましょう」

 

○私は、その大学病院の医師から(その患者さんを)紹介された訳ではなく(患者さんが不安になり、自主的に受診されたのですが)、お節介?を承知でその医師に「報告」しようと思います。

『あなたが1年間放置しようとしていた患者さんは、癌でしたよ』と。

 

★反省点として、今後の診療に『是非』役立ててもらいたいものです。