乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:361]
性別:女性
年齢:48歳

定期健診でマンモとエコー検査をうけました。マンモでは異常がみられませんでしたが、エコー検査で異常があり、針検とMRIを受けました。

その結果、癌とは判断ができないけれど、生検でその範囲をすべて取り除き、そこを5ミリ単位で調べ、癌細胞の有無を調べなければならないそうです。

生検でその範囲を取り除くと、(範囲が広く) 形が崩れるので全摘出のほうが良いのではと勧められました。

いまから転移性の癌になる可能性があるので、放っておくわけにはいかないとも言われました。

いままで、定期的に健診をうけており、毎回、エコーの検査で少し反応があるけれども、脂肪が少なく乳腺が密集しているのでしょう。

マンモで異常が見られないので大丈夫だと思いますが、定期的に健診を受け続けてください。

はっきり覚えていませんがこのようなことを言われていました。

ところが今回は乳腺科での精密検査を勧められ、受診したところ、
いきなり、「全摘出」を勧められることとなり、動揺しております。
 

セカンドオピニオンを求めるために、ほかの乳腺科を受診してみようか、迷っているところです。

ご意見をお伺いしたいです。

 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 「毎年、マンモとエコーで大丈夫」と、言われていたのに突然「乳腺全摘」と言われたお気持ち、お察しします。

回答

(針生検)「その結果、癌とは判断ができないけれど、」
⇒「画像所見で乳癌を疑うが」(針生検の結果が『乳癌疑い』もしくは『鑑別困難』であり)「(針生検の結果では)癌と確定できない」という状況だと推測します。

 こういう場合、針生検の再検をする場合がありますが、「結局また同じ結果になる可能性」もあります。
 この流れで、「外科的生検」をするのはいいのですが、『癌の診断なしに、乳房切除(全摘)』は、かなり乱暴だと思います。
※当院であれば、超音波ガイド下マンモトーム生検を用います。標本採取量が比較にならない程多い為、診断は100%信頼できるのです。
 

◎「乳腺全摘」をしておきながら「結局、癌ではなかった」では許されない。と思います。
 ※担当医は「今の時点では癌では無かったけど、『将来的に癌になる』病変でしたよ」とでも、いうつもりでしょうか?
 

 「MRI」でいくら広範囲に見えても、「生検」は部分切除であるべきです。
★本来の手順
 「外科的生検(あくまでも『乳腺部分切除』)」により、『もしも癌と確定診断となれば…』 ⇒ ここで初めて「MRI」による『拡がり診断』を参考に「治療方針を決める」という順番です。
 

「セカンドオピニオンを求めるために、ほかの乳腺科を受診してみようか迷っているところです。」
⇒まずは『病理レポート』を確認すべきです。
 主治医は「病理レポートを渡してくれなかった」のでしょうか?
 

◎セカンドオピニオンの前に(主治医に)「病変の中心を生検(部分切除)」では駄目なのか「聞いてみましょう」
 それで、「説明に難」がある際には「セカンドオピニオンよりは、むしろ転医」を選択してもいいと思います。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。