乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:2507]
性別:女性
年齢:46歳

初めて質問させていただきます。
よろしくお願いいたします。

昨年11月に乳ガン検診を受け、石灰化カテゴリー3と言われ、マンモトーム生検をし、乳ガンの診断を受けました。

非浸潤がんと言われ、サブタイプは聞いていません。

乳頭の真下に約2センチの大きさですが、
部分切除プラス放射線で行けるかもと言われています。

私としては局所再発の不安を抱えての生活や
放射線への不安等を考え全摘した方がいいのでは?
と思っているのですが、
非浸潤でドクターが部分切除と言っているのに
切除はやり過ぎでしょうか?

また皮下乳腺切除でも放射線は必要ですか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「乳頭の真下に約2センチの大きさですが、
部分切除プラス放射線で行けるかもと言われています。
私としては局所再発の不安を抱えての生活や
放射線への不安等を考え全摘した方がいいのでは?と思っているのですが、
非浸潤でドクターが部分切除と言っているのに
切除はやり過ぎでしょうか?」
⇒そんなことはありません。

 治療する側からみて「全摘は安全」と考えます。
 「残すかどうか」は(治療する側の要望ではなく)「患者さん側の希望」なのです。

 ○患者さん側が「安心のために全摘を選択」したとすれば、それを(治療する側の、我々が)拒絶する事はないのです(もしくは、あってはならないのです)
 

「また皮下乳腺切除でも放射線は必要ですか?」
⇒乳頭直下であれば、「乳頭は取るか、放射線照射」が安全です。

 
 

 

質問者様から 【質問2】

先日はご回答いただきありがとうございます。

三週間後全摘、再建手術を受ける事が決まりました。

昨年11月の乳ガン診断からずーっとモヤモヤした思いがあったため
やっと日にちが決まり納得の上の手術なので清々しい気持ちさえしています。

そこで術後についてですが、非浸潤がんと言われていますが、術後の病理等は何に注意して確認すべきでしょうか

また、少しでも浸あった場合は放射線療法が必要ですか?

乳ガンの診断を受けてから毎日こちらで勉強させていただきました。

ナースをしていましたので担当医に質問すると「細かいね」等と言われて質問の機会を失いました。
(担当医は代わりました)なので心の拠り所でした。
お忙しいと思いますがご自愛ください。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「そこで術後についてですが、非浸潤がんと言われていますが、術後の病理等は何に注意して確認すべきでしょうか」
⇒結局、病変全体が非浸潤癌と確定すれば「根治」となります。

 その場合には(サブタイプも含め)一切気にする必要はありません。
 

「また、少しでも浸あった場合は放射線療法が必要ですか?」
⇒違います。

 「乳房切除後の放射線照射の適応」は「リンパ節転移4個以上」です。
 浸潤癌だからといって「術後照射」するわけではありません。
 

「担当医に質問すると「細かいね」等と言われて質問の機会を失いました」
⇒あってはいけない事です。

 患者さんからの「あらゆる質問に答える」ことができない(もしくは、やろうと努力しない)ようでは「医師としての資質」が疑われます。

 
 

 

質問者様から 【質問3】

いつも丁寧に回答いただきありがとうございます。

先日左乳房全摘手術をしエキスパンダーが入っています。
術後約2週間経ちましたが乳房全体と腋下の痛みが日に日に強くなっています。

腫れたり、熱を持ったりはしていませんが、傷口周辺の皮膚の色が黒ずんで来たように感じます。

鎮痛剤は処方してもらっており服用しています(1日一度くらい)
皮膚の感覚が戻って来ているからなのでしょうか?
我慢出来ない程ではないので、通常の経過なのか、受診するべきなのか判断がつきかねます。

もうひとつ
術後指定されたブラジャーを着用していますが先生の所でも指定のものはありますか?それとも授乳ブラジャーなどで対応していますか?

エキスパンダーが上がってこない様にするバストバンドは24時間していないとだめですか?

担当医や看護師さんに質問するべきなのに
こんな小さな質問で貴重な一枠を使ってしまいすみません。
先生になら安心して何でも聞けてしまって…

もう少ししたら病理の結果が出ますのでその時にもまたお願いしたいと思っています。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

「術後約2週間経ちましたが乳房全体と腋下の痛みが日に日に強く」
⇒エキスパンダーに生食を入れていると特に痛みがあります。
 

「腫れたり、熱を持ったりはしていませんが、傷口周辺の皮膚の色が黒ずんで来たように感じます」
⇒様子を見てもいいようです。
 

「鎮痛剤は処方してもらっており服用しています(1日一度くらい)皮膚の感覚が戻って来ているからなのでしょうか?」
⇒その可能性はあります。

 様子をみましょう。
 

「先生の所でも指定のものはありますか?」
⇒ありません。
 

「それとも授乳ブラジャーなどで対応していますか?」
⇒特に指定していません。
 

「エキスパンダーが上がってこない様にする
バストバンドは24時間していないとだめですか?」
⇒そこまで神経質にならなくても大丈夫です。

 
 

 

質問者様から 【質問4】

いつも丁寧な回答をありがとうございます。

病理の結果が出ました。

今後について相談させてください。

左乳房全摘、再建中です

術前は非浸潤がんで術後の治療はないと言われていましたが病理では浸潤がありました。

早期には変わりありませんが
ホルモン治療が必要と言われてもなぜか踏ん切りがつきません。
私の場合先生も必要だとお考えですか?

詳しい病理のレポートは貰えなかったので
情報が足りないかもしれませんがよろしくお願いいたします。

腫瘍の大きさ13ミリ
浸潤 1.8 ミリ
ER 100
P 100
HER2 0
グレード、ki-67はわかりません。

またここ数年生理が不安定で、昨年3月が最終生理となっています。

閉経を確認する採血をし結果待ちですが、ホルモン剤の服用をする場合はどの薬剤にすべきでしょうしょうか。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは。田澤です。

1.8mmですか。
ホルモン療法の適応はありますが、「強く勧める」ことはありません。

「またここ数年生理が不安定で、昨年3月が最終生理」
⇒最終月経後1年経っているので「閉経後」と判断します。
 

「ホルモン剤の服用をする場合はどの薬剤にすべきでしょうか」
⇒(もし行うのであれば)アロマターゼインヒビターです。

 
 

 

質問者様から 【質問5】

いつもありがとうございます。

1年ほどまえに色々な質問にご回答いただきました。
その後全摘手術→インプラント
入れ替えと終え、小さな不安はありますが
順調に過ごしております。

現在無治療の状態ですがこのままでいいのか心配があり
またメールさせていただきました。
私の状況です
左乳管がん
広がり13ミリ
浸潤1.8ミリ
ER100%
RGR100%
KI-67 5%
グレード1
ハーツー0
昨年3月手術、10月シリコン入れ替え手術

主治医からホルモン剤の服用と言われましたが副作用等の不安があり、また田澤先生にも強く勧めませんと言っていただき、自分で判断し服用は1ヶ月でやめました。

質問です。

①私のがんは浸潤径も小さくグレード、
KI-67も低値で早期のおとなしいがんと理解しています。
ですが、診察の度主治医は
ホルモン剤の服用を勧めます。

「後悔のないように」といつも言います。

ホルモン剤の服用のある、なしで5年、10年の再発率、生存率はそんなに変わるものでしょうか?
又、主治医がそんなに勧める理由はホルモン値がどちらも100%と言うことと関係が
あり再発や転移のリスクが高いということでしょうか?

②私の場合はがん検診の際の石灰化から見つかったもので、対側にも石灰化(カテゴリー2)があります。
こちらは年1回のマンモグラフィーとのことですが問題ないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答5】

こんにちは。田澤です。

「ホルモン剤の服用のある、なしで5年、10年の再発率、生存率はそんなに変わるものでしょうか?」
⇒超低リスクであり、(勿論データなどありませんが)、そもそも再発率は限り無くゼロなので「ホルモン療法の上乗せも殆ど無い」ということです。

「再発や転移のリスクが高いということでしょうか?」
⇒リスクは限り無くゼロです。

「対側にも石灰化(カテゴリー2)があります。こちらは年1回のマンモグラフィーとのことですが問題ないでしょうか?」
⇒問題ありません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。