乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

[管理番号:4770]
性別:女性
年齢:61歳

非浸潤性乳管癌と診断され皮下乳腺全摘をしました。
術前にリンパの転移がPETで確認され、細胞検査で癌と診断されましたので、リンパ郭清をしました。
4つ取り転移は1つでした。

問題は術後の病理診断で乳房はやはり非浸潤性で浸潤がありませんでした。
リンパの病理はトリプルネガティブとの診断です。
この乖離した病理の診断に戸惑っています。
担当医は病理診断を再度、精査してくれましたが、やはり乳房から浸潤は見つかりませんでした。
担当医師は術後の治療はリンパ転移があったリンパの病理に合わせて抗ガン剤といいますが、どのように判断すれば良いか困っています。
術後病理のセカンドオピニオンも検討すべきでしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

物事はシンプルに考えましょう。

非浸潤癌では(理論上)リンパ節転移が無いので微小浸潤が存在(するが、5mm間隔の切片に出ていない)
    ↓
★微小浸潤癌(トリプルネガティブ)リンパ節転移あり、つまりpT1mi, pN1,pStage2Aとなります。

「担当医師は術後の治療はリンパ転移があったリンパの病理に合わせて抗ガン剤といいますが、どのように判断すれば良いか困っています。」
⇒トリプルネガティブである以上、微小浸潤であっても、リンパ節転移陽性(微小転移でなければ)ならば抗癌剤が必須なのです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。