乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5540]
性別:女性
年齢:52歳

はじめて質問させていただきます。

左胸にしこりがふれていた為、9月2日に乳腺科を受診しました。
マンモ・エコーなどで検査したところ、乳がんの可能性が高いとの事で同日針生検をしました。

9月(中旬)日、乳がんで確定したと告げられ、浸潤がんであるとの事で、スケジュールを組んでいただき、CTやPET・MRI検査を行いました。

そして、検査結果の説明が10月(上旬)日だったのですが、PET検査にて胸骨転移の疑いがあり、更に背骨の1箇所にも小さく転移の疑いが見られます…との事でした。
その他の臓器等に転移は見られないようでした。

主治医はステージIVだから手術はせず、生活の質を下げないようにがんと付き合っていきましょう、と仰っていました。

今後の方針は(閉経しているため)レトロゾールの服用と、歯科で検診を行った後でランマークを投与しましょうとの事でした。
レトロゾールは(中旬)日から服用しています。
また、抗がん剤は使わない予定ですとの事。

また、希望するなら治す目的ではないが1年程したら、胸の手術も検討しましょうとも仰っていました。

検査結果表を転記↓
左 浸潤性乳がん
しこりの大きさ およそ60mm
乳がんの広がり およそ60mm
リンパ節転移あり
ER 陽性 PgR 陽性 HER2 陰性
ki-67 >30% 核異型 2

質問は治療方針についてなのですが、やはり主治医が言うとおり根治に向けては取り組まず、延命目的の治療を行っていくしかないのでしょうか?
無知なため、何が最善なのか分からず日々不安です。

転移がなければ手術して腫瘍を切除しましょうと、準備をして頂いてたこともあり、こういう結果になってしまったことに落胆しています。

原病巣をそのままにしておくのも不安ですし、治せる見込みが少しでも
あるのならどんな事でも取り組みたいと思っています。
ご意見頂ければと思います。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「PET検査にて胸骨転移の疑いがあり、更に背骨の1箇所にも小さく転移の疑い」
⇒「疑い」とありますが…
 本来ならMRIで確認すべきです。

◎以降は「骨転移有」と仮定した上での話です。

無論、「転移性乳癌」の治療については、(医師によって)様々な意見があります。
 それに、そもそも(その転移の程度により)「転移性乳癌」と一括りにできないことを理解できない医師も多い(この辺りになると経験量の違いとなります)

質問者に理解してもらいたいことは「積極的治療」と「消極的治療」という観点です。(いずれ、今週のコラムで取り上げたいと今、思いました)

1.積極的治療
 (遠隔転移を)抗癌剤で積極的にコントロールして、その時点で「手術」⇒(その後は)「ホルモン療法や(時には)抗癌剤の再登場などで長期維持を図る」

2.消極的治療
 (どうせ、何をしても予後は変わらない。←本当??)とした考え方から、患者にとっても(医師にとっても??)負担のかからない治療(まずはホルモン療法)をして、(それが駄目なら)次第に「負担のかかる治療」へ移行していくもの
  
私は2を完全に否定しているわけではありません。
 ただし、最初に弱い治療をすることで病勢の進行が決定的となり、手術不能となってしまうリスクがあることを、正しく患者側へ伝えるべきだと思います。
 「超高齢」であったり、「命にかかわるような高度の転移」であれば、2を提案しますが、私から2を提案することは皆無です。

☆背景には「手術」に対する認識の違いがありそうです。
 私にとって「手術」は(あらゆる乳癌の治療の中で)「最も楽な治療」という認識がありますが、それら「消極的治療に傾きがちな医師達」は「手術は大変なもの」という認識があるようです。(手術時間が無駄に長かったり、入院期間が長いため)

「今後の方針は(閉経しているため)レトロゾールの服用と、ランマーク」「抗がん剤は使わない予定です」
⇒典型的な「消極的治療」です。

 胸骨と椎体(1箇所)位なら(無症状なようですし)消極的治療を選択する理由がありません。(患者さん自身が「できるだけ楽な治療」との希望出ない限り)

「また、希望するなら治す目的ではないが1年程したら、胸の手術も検討しましょうとも仰っていました。」
⇒ホルモン療法だけでは「原発巣の増悪」によって(現時点では手術可能でも)「手術不能状態まで追い込まれる」リスクがあります。

「根治に向けては取り組まず、延命目的の治療を行っていくしかないのでしょうか?」
⇒(骨転移があるとすれば)「根治を目的」とすることはできないかもしれません。
(一般に遠隔転移での根治は数パーセント未満となります)
 
  第1の目標を「最良の状態(癌が最も少ない状態)」とすること。
  そして、(第1の目標を達成したら)第2の目標として「その状態を(副作用を最小限として)できるだけ維持すること」とすべきです。(そして、その先には根治があるのかもしれません)

「ご意見頂ければと思います。」
⇒私なら…

 積極的治療とします。
 まずは(最強であり、副作用が最小である)抗癌剤「bevacizumab + paclitaxel」とします。
 これで(原発巣及び骨転移?のコントロールを図り)3カ月~6ヵ月で 手術とします。

 術後に「抗癌剤をするか、どうか」は、その時点での(骨転移の)状況によりけりです。
 ここから先は(骨転移の状況を見ながら)「ホルモン療法±(時々)抗癌剤」でQOLを維持しながら「長期維持(その延長線上に根治?)」を目指します。
 





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。