乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:2920]
性別:女性
年齢:67歳

母(67歳)についてご相談させて下さい。

3月(中旬)日に左胸にシコリを見つけ、
近くのクリニックでマンモとエコーをし、2センチの腫瘍を外側上部に確認・エコー画像上リンパ転移無し、約2週間後に最寄りのがんセンターを受診しマンモとエコー、翌日針生検をしました。
その結果が先月(中旬)日に出ました。

シコリ:2センチ
エコー画像上リンパ転移無し         
悪性度:3       
      
増殖力:中等度
ホルモンレセプター:陰性
Her2:確認中

その後先週骨シンチ、来週CT 、再来週MRI の予定です。

まだ検査すら済んでおらず、トリプルネガティブの可能性が高いので不安で仕方ありません。
治療開始は6月上旬になること、それまでに5ミリくらい大きくなり、リンパに入るかもしれないと言われました。

最近左胸に電気が走るような痛みがあるらしく、進行や転移しているのではないかと思うと食事も咽を通りません。

落ち込みながらも気丈に日常生活を送る母を見て、私が毎日泣いてしまっています。

治療開始まで時間が空きすぎるのではと担当医に言ったところ、
転院するならば骨シンチ検査の前に決めてほしいと言われたらしく、時間も無く、大きなショックで、他を探す気力が本人にありませんでした。
それから皆で励まし、少し前向きになっていたのですが、最近の痛みでまた大きな不安と恐怖に襲われています。

担当医は決して悪い人ではないのですが、
上記のようなことを言われたのにまだ何も進んでいないのと、
心から信頼出来る方に母をお任せしたく、
田澤先生にお世話になることは出来ないでしょうか。

○○県在住で2時間程かかりますが、一刻も早く治療を開始したい気持ちです。
紹介状を依頼すると更に時間がかかるのと、骨シンチは済んでおりますが、早急な転院可能でしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

御心配な様子、伝わってきました。
「治療開始が6月上旬」とありますが、これは「術前化学療法」のことでしょうか。

○術前化学療法をご希望なのか、それとも手術先行なのか一度 
小平秘書 へメールをしていただけますか?

江戸川病院 乳腺外科 小平秘書
電話:070-6977-7527
メール:secretary@nyuugan-plaza.com
メールには①Q&A管理番号(ある方のみ) ②現在の症状 ③氏名 ④生年月日 ⑤性別 ⑥電話番号 ⑦住所 を記載してください。
 
*ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方の場合、江戸川病院 乳腺外科 秘書室から送るメールを確認することができません。
 ドメイン設定を解除して頂いただくか、又はドメイン edogawa.or.jp を受信リストに加えてください。

 
 

 まずはご相談しましょう。

○それと、「骨シンチやCT」を撮影しているようですが、転移など無い筈です。
 その点は心配されぬよう、落ち付きましょう。

 
 

 

質問者様から 【質問2】

先日は、お忙しい中ご返答下さり、有難うございました。

母と話しましたが、数日後にCT 検査があり、こちらのキャンセルが難しかったことと、1日も早く手術を受けたい気持ちから、このまま癌センターに通うことに決めました。

担当医から術前・術後化学療法の話があった際、とても迷い、最初に受診したクリニックの医師の意見を聞きました。
その医師からは、「術前療法にて90%の人が縮小、10%の人が変わらず。
縮小せずとも術後の治療方針に役立つ。
これからは、術前療法が主流になるだろう」と言われ、術前療法を選択しようと思い始めていました。
しかし、腫瘍を抱えたまま生活する不安や、こちらのQ&Aで勉強させていただき、手術先行にすると決めました。
(母は元々全摘と決めていました。)

まだ来週MRI 検査が残っており、手術すら不可能な状態だったらと、不安が募るばかりです。

最初にクリニックを受診した際、エコー画像を見て、「散っている」と言われたそうです。
癌センターでは何も言われなかったようですが、多発の可能性があるのでしょうか。

また、手術予定は来月上旬なのですが、それまでに(2ヶ月間)5ミリくらい大きくなるかもしれないというのは、進行がとても速いということでしょうか。

痛みと進行は関係無いと聞きますが、シコリを見つけた頃には無かった、
電気が走るような痛みがあるとのことで、腫瘍が増大しているのではないかと、とても心配です。

お忙しい所申し訳ございませんが、ご回答いただけますでしょうか。

宜しくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答2】

今日は。田澤です。

「縮小せずとも術後の治療方針に役立つ。」
⇒誤りです。

 術前術後に行う治療はサブタイプにより「抗ガン剤の種類も含めて」適応が決まっています。
 「小さくなったから」とか「小さくならなかったから」ということで変更できないのです。

 治療方針には「全く役立ちません」
 

「これからは、術前療法が主流になるだろう」
⇒10年前に「そういう時代」がありました。
 

「エコー画像を見て、「散っている」と言われたそうです。癌センターでは何も言われなかったようですが、多発の可能性があるのでしょうか」
⇒「散っている」という表現が不明ですが…

 もしも「多発」していても「乳腺を全切除」するのだから、「全く影響なし」です。
 ○皮膚に後半の顔をだしている様な状態出ない限り、手術不能とはなりません。
 

「(2ヶ月間)5ミリくらい大きくなるかもしれないというのは、進行がとても速いということでしょうか」
⇒あくまでも「可能性」としてコメントしているだけでしょう。

 「2カ月間で大きくなったりしないのですか?」と聞かれたら、私でも「大丈夫、大きくなるとしても、せいぜい5mm程度だから…」と答えるかもしれません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。