乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:3049]
性別:女性
年齢:89歳

初めまして。

よろしくお願いいたします。

母の手術後の治療についてです。

2月下旬に右胸にしこりを見つけ、
4月下旬に部分切除しました。

先日検査結果の報告と今後の方針についてのお話がありました。

今後放射線照射を受けるかどうかを決めなくてはなりません。

助言をお願いいたします。

アポクリン癌 2.0×0.8cm 浸潤径 0.4×0.3
ホルモン受容体 無し
HER2タンパクの発現 陰性 1+
組織学的悪性度(核異形度)3
切除断端 マイナス
脈管侵襲 リンパ管 マイナス
     血管 マイナス
増殖マーカー Ki-67 48%
Stage 切除した部分だけでみればⅠ
   (リンパを見ていないのでわからないが、
    もし問題があればⅡAくらい)

ここ数年衰えは目に見えてきておりますが、
年齢の割には元気で健康な方と思います。

手術前の検査で全身麻酔の手術が可能であるとのことでしたが、
リンパに転移している可能性はそれほど高いわけではないという印象と、
やはり高齢ですから全身麻酔による万一の危険を避けて部分切除を選びました。

というわけで、リンパは調べておりません。

手術前日から手術後4日間、血圧が上200前後で下がらず心配でしたが、
その後、特に問題もなく通常どおり過ごしています。

今後の治療について、
ホルモンとハーセプチンは効かない。

年齢と体力を考慮して抗がん剤は使わない。

ということで説明を受け理解しています。

放射線照射について、予防的にはした方がよいが、
毎日通うことと、いくつかの副作用について困難を感じるなら、
無理にでも、ということでもない印象です。

放射線の技術が上がっているとはいえ、何の危険もないわけではないし、
放射線をかけなかったところに転移する可能性もあるわけだし…と思う
一方、
再発するとしても5年くらい先だろうというお話ではあるけれど、
わずかな苦痛と危険をさけて、
もしかしたら10年元気でいられる可能性をつぶしてしまうのもどうかと思います。

寿命の計算と、
治療をした場合としなかった場合の生存確率と、
いろいろな数字が頭の中をぐるぐる巡っておりますが、
数字に踊らされずに決めることができればと思います。

本人の自力の可能性に賭けるのも一つの選択ではあります。

比較的おとなしいタイプのがんであることや、
高齢であることを鑑みてもなお、
放射線治療を選ぶ有用性は高いでしょうか。

先生は放射線の治療を受けることをお勧めになりますか?
お考えを聞かせていただければ幸いです。

最後になりますが、
このような場を提供してくださることに感謝いたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

89歳, pT1a
これだけで、治療は「手術で終了」です。
放射線は不要です。
というよりは、そもそも「放射線が不要でもいい」ような「マージンを十分以上取る」手術とすべきです。
そう言う意味では(全身麻酔をおそれて)「局麻で小さく切って、放射線が必要」よりは(きちんと全身麻酔で)「十二分以上のマージンとして、放射線は不要」の方が正しい選択だと思います。
 

「比較的おとなしいタイプのがんであることや、高齢であることを鑑みてもなお、放射線治療を選ぶ有用性は高いでしょうか。」
⇒不要です。
 
 
「先生は放射線の治療を受けることをお勧めになりますか?」
⇒勧めません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。