乳がん手術は江戸川病院・東京

[管理番号:6176]
性別:女性
年齢:77歳

はじめまして。

2月始めに母(77歳)が、乳頭より少量の出血があり、色々と調べている中でこちらのサイトに出逢いました。

母の手術に関してのご相談をお願いいたします。

全摘か温存かで悩んでおります。

2月始めに左乳頭より少量の出血(単孔性)があり、マンモグラフィ、
エコー検査、針生検の結果、左乳房にしこりが見つかり乳がんだとわかりました。

その後、PET、CT、MRIの検査を行いました。

がんは左乳房の左側に、1センチくらいのものが2個並んでいて、ほぼくっついているので2センチのものと思っても良いとのこと。

浸潤がんで極めて悪性のがんと言われました。

ホルモン剤は効かないタイプ、HER2 2+でトリプルネガティブ
遠隔転移なし、リンパも腫れていないようなので今のところ転移はなさそう、手術時にセンチネルリンパ節生検や断端、広がりなどの病理検査をしてくださるとのことです。

おそらく一年前くらいにがんが芽生えていただろうことから、すでに血管を介して全身を巡っていることも考えられるため、全摘でも温存+放射線治療でも予後は変わらないとのことでした。

いずれにしても、術後は抗がん剤を2年くらい服用すると言われています。

母は147センチ、35kgと大変小柄なため、抗がん剤についても心配をしていますが、このような状況で全摘と温存手術とどちらが望ましいでしょうか。
乳頭からの出血もあったため、温存手術に不安もあるのですが、田澤先生のご見解を伺わせてください。

本人も家族も出来るだけ再発のリスクも体への負担も少なくしたいと考えています。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「がんは左乳房の左側に、1センチくらいのものが2個並んでいて、ほぼくっついているので2センチ」
「リンパも腫れていないようなので今のところ転移はなさそう」

→つまり「早期」だということです。

浸潤がんで極めて悪性のがんと言われました。」
→こんないい方をする医師のセンスが疑われます。(何のために患者さんを脅かすのでしょう?)

「術後は抗がん剤を2年くらい服用すると言われています。」
→不要です。
 そもそも内服抗がん剤にはエビデンスがないし、(70歳以上での術後補助療法としての化学療法のエビデンスはないので)早期癌である質問者のケースでは当然「無治療」です。

「このような状況で全摘と温存手術とどちらが望ましいでしょうか。」
→77歳と言う年齢ならば…

 私であれば「大きく切除して(マージンを大きくとって)放射線無し」とすることが多いです。(つまり温存)

「乳頭からの出血もあったため、温存手術に不安」
→乳頭浸潤とは意味が違います。

 乳癌は乳管から出るので、たんに乳管が乳頭と連続しているので(腫瘍からの出血が)乳頭から出ても「何の不思議もないこと」であり、乳頭に浸潤しているわけではない(=乳頭を残せる)のです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。