乳がん手術は江戸川病院・東京


[管理番号:3087]
性別:女性
年齢:51歳

田澤先生
いつもこちらのサイトを拝見し、治療に向かう意欲をいただいております。
自分の場合についても御意見をいただきたく、どうぞ宜しくお願いいたします。

51歳 右AC領域の癌がみつかり3月に乳房全摘しました。
術前のPET-CTで
は腋窩リンパ節レベルⅠ
領域に転移疑い    
遠隔転移はありませんでした。
Margine negative
腫瘍径5.1×3.1×2.8 浸潤
径3.3×3.0 multiple 組織
型 2a3 scirrhous
carcinoma? Invasive
carcinoma of no special
type pT2 ?pN2a NA:2
MC:2 →NG2
TF:2→HGⅡ(6) 組織的
波及度 f(++) 1y1 ?v0
ER: Allred score6 (40%
程度) PgR:Allred
score8(90%程度) HER2:
1+(弱陽性60%程度 in
situ で中等度陽性像あ
り) Ki67:10%程度 リン
パ節6/20  術中迅速診
断1SNL1(+)8㎜  通
常診断lebelⅠ+Ⅱ 5/19
 2㎜ ? FEC4回
→weeklyPTX  放射線
ホルモン療法 を予定し、現在FECを3回終了したところです。

①weeklyPTXでよくあると聞く手足の痺れはどの程度の方が多いでしょうか。
細かい作業もある仕事に従事しているため心配しております。

? ②リンパ節転移と腫瘍の大きさから ルミナルAとはいえ長い期間体内にあった腫瘍と思われますが、stageが進んでいるほど早い時期に再発転移しやすい傾向がありますか。
? ③FECを始めてから月経はありません。
開始前のエストラジオールは60pg/mlでした。
LHRHアゴニストを使用することになると考えてよいでしょうか。

④10年再発率 生存率をお教えください

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

ルミナールAですがリンパ節転移4個以上なので「アンスラサイクリン+タキサン」は妥当な治療選択と思います。
 

「①weeklyPTXでよくあると聞く手足の痺れはどの程度の方が多いでしょうか。
細かい作業もある仕事に従事しているため心配しております。」
⇒それ程酷くはありません。
 

「 ②リンパ節転移と腫瘍の大きさから ルミナルAとはいえ長い期間体内にあった腫瘍と思われますが、stageが進んでいるほど早い時期に再発転移しやすい傾向がありますか。」
⇒luminal typeだから「早期再発はない」と思います。

 あくまでも「再発リスク」に関係します。
 

「③FECを始めてから月経はありません。開始前のエストラジオールは60pg/mlでした。LHRHアゴニストを使用することになると考えてよいでしょうか。」
⇒化学療法閉経となった場合には、その後LH-RHagonistの投与が推奨されます。
 
 
「④10年再発率 生存率をお教えください」
⇒ホルモン療法+抗ガン剤で
 再発率は27%
 10年生存率は74%
 となります。
 





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。