乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

[管理番号:1126]
性別:女性
年齢:64歳

管理番号214「乳ガンの生存率 乳ガンのステージ」の先生のご説明を読みましたが、これに関しおたずねします。

しこりが3つ(CT検査の結果によると1.1cm, 1.0cm. 0.8cm)あり、最大のものはがん
と確定、あとの二つは針生検の結果待ちです。CTと超音波で見る限りはわきの下のリ
ンパ節への転移はないとのことです。

がんと確定したものについてお伺いします。これは皮膚に近いところに発生し、皮下
脂肪が薄いため、すでに皮膚にくっついているとのことです。見たところでは、その
個所の皮膚が変色しているようなことはありません。これは超音波の画像を見ながら
説明されました。MRIの検査はこれからです。

ある記事で「しこりの大きさやわきの下のリンパ節への転移の有無にかかわらず、し
皮膚にしこりが現れるとステージは3bである」と読んだのですが、これは正しいで
しょうか?

かかっている医師からは、その部分の皮膚を取り除くと傷あとが通常より上にくるの
で云々・・という程度の話でした。検査をしている間に皮膚を突き破ってがんが表面
に現れてくる可能性もあるのでしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

ご本人が気にされているのは「T4b乳癌」です。

「皮膚の発赤、潰瘍形成、衛星皮膚結節(皮膚転移)」を伴う乳癌のことです。

○質問者のように「1.1cm」の腫瘍では「考える必要は全くありません」
 皮下脂肪が薄くて「皮膚に接すること」と「皮膚浸潤を起こし、皮膚に広範囲に拡
がる=T4b」とは全く別物です。

回答

『「しこりの大きさやわきの下のリンパ節への転移の有無にかかわらず、し皮膚にし
こりが現れるとステージは3bである」と読んだのですが、これは正しいでしょう
か?』
⇒正しいです。

 ただ、「皮下脂肪が薄くて」皮膚を押し上げることとは「意味合いが全く異なり」
ます。
 

「検査をしている間に皮膚を突き破ってがんが表面に現れてくる可能性もあるので
しょうか?」
⇒ありません。

 「皮下脂肪が薄い部位にできて皮膚に接する事」と「皮膚を突き破る事」は次元が
異なる話です。
 全くの杞憂です。

 
 

 

質問者様から 【質問2】

田澤先生、いつもあたたかく丁寧なご回答をいただきありがとうございます。

Her2の検査結果に関しお伺いします。手術前に、乳腺専門のクリニックで行なった免疫染
色法による検査ではHer2は0とされていたのですが、手術をした病院での術後の病理検査の
結果は2+でした。(この病院で手術前に独自に免疫染色法による検査をしたかどうかは確
認していません。)

1+からならまだしも、0からいきなり2+となるということはあるのですか? 
それとも、最初の乳腺クリニックの判定が誤りだったのでしょうか?

今FISH法で調べており、最終的にFISH法での検査結果に従うべきであることは理解しております。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「Her2の検査結果に関しお伺いします。手術前に、乳腺専門のクリニックで行なった
免疫染色法による検査ではHer2は0」「手術をした病院での術後の病理検査の結果は2+」
⇒術前抗がん剤をしていないとしたら「考えられる理由は2つ」となります。

 ①最初のクリニックでの針生検の検体の固定不良により「免疫染色の染色性の低
下」であり、「本来染色されるべき癌細胞が染色されなかった」
 ②癌組織のたまたま「HER2陰性」の部分に「針」が刺さった
 この場合には「有る程度の大きさの腫瘍で、性質の異なる部分が存在」してい
る必要がありますが、質問者の場合には「腫瘍径11mm」とありますので、その可能性
は低いと思います。

 よって、①の可能性の方が高いと思います。つまり質問者の言う処の「最初の乳腺
クリニックの判定が誤りだった」となります。

 いずれにせよ、(固定などの)ミスが有った場合に『染色性が低下する事はあって
も上がる事はない』のです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。