乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5586]
性別:女性
年齢:47歳

田澤先生、はじめまして。

一昨年末に、ルミナールタイプの左側乳がんステージ2bと診断され、術前化学療法(cef+ドセタキセル)を経て昨年7月に乳房温存手術、その後放射線治療を30回受けました。
現在ホルモン療法中です。

ここ1カ月ほど、息苦しさと左側の胸痛を覚え、近医にてレントゲン撮影をしたところ、薄い影が認められました。
その時の近医のコメントは、放射線治療の後遺症じゃないの?とのことでしたが、日に日に息苦しさと胸痛が増しており、不安が募っています。

術後一年で肺に転移とかは考えたくないのですが、この症状は転移なのでしょうか。

お忙しい中大変お手間をおかけしますが、御回答いただけますとありがたいです。

よろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

このメール内容からは『典型的な放射線肺臓炎』と考えます。(放射線肺臓炎の好発時期は照射後半年以降となります)
症状があるのであれば、主治医ないし、(照射をした)放射線科のドクターと治療の必要性について相談すべきです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。