乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


[管理番号:4008]
性別:女性
年齢:58歳

 抗癌剤治療について大変悩んでおります。

2000年に乳管癌 ステージ2のため左乳房温存手術、リンパ節切除
 放射線。

2003年に浸潤性小葉癌 8mm 右乳房温存手術、放射線、ホルモン療法(ゾラデックス)
2015年右乳房再発のため全摘出手術
 ER:ほぼ100%陽性 PR:約50%陽性、HER2:SCORE1
 Ki67 30%が陽性 他の内臓に転移はなく、リンパ節転移もありません。
術後CMF療法を選択しました。

2016年浸潤性乳管癌の硬癌のため全摘出手術
 異形度 グレード3 Ki67:25%
オンコタイプdx結果 ER:10.8positive PR:4.1negative
HER2:9.5negative,recurrence score:22
           Tam Alon:14%(95%CI:11%-17%)
この結果主治医は、抗癌剤を勧めています。

私の出来ればホルモン療法だけにしたいのですが、先生のご意見をお聞かせ下さい。
宜しくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

両側乳癌で両側温存後、2015年右乳房内再発、2016年には(左右の記載がありませんが)左の温存乳房内再発という理解で間違いないですね?
○まず重要なことは「乳房内再発」と(所謂)「遠隔転移再発」は全く別物ということの理解です。

Oncotype DXでRS22なのに、抗癌剤を勧めている担当医は『そこの区別ができていない』ということです。

「私の出来ればホルモン療法だけにしたいのですが、先生のご意見をお聞かせ下さい」
⇒ホルモン療法単独です。
 私なら1秒も迷う事はありません。

 乳房内再発は「あくまでも、手術に起因するファクター」であり、(端的に言えば)「最初から全摘していたら(当然ながら)起こらなかったこと」にすぎません。
 これは「再発治療」ではなく、「取り残し治療」なのです。あくまでも『初回手術時の、取り残しを(16年ぶりに)摘出しただけ』と言えます。

 ○術後10年以上の場合には「温存乳房内再発」というよりも「温存乳房内に新たに出現した癌」という考えの方が一般的だと思います。
 この考えで行っても、(当然再発ではなく)luminalAの術後療法として「ホルモン療法単独」となります。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。