乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5702]
性別:女性
年齢:40歳

10月中旬に左乳輪下近くに小さなしこりを見つけました。

すぐに近くの総合病院乳腺外科を受診しました。

触診、マンモ、エコーの結果、乳管内乳頭腫または非浸潤癌の疑いがあるので、細胞診となりました。

3週間後に結果が出るということで、11/(中旬)に行きました。

結果は判定不能。
しこりの大きさは5mm 。

2つあったので、両方細胞診したが、両方とも判定不能でした。
採れた細胞が少なくてこれ以上調べられないと言われました。

おまけにエコーでもうひとつグレーゾーンのしこりもあると言われ、逆に不安材料が増えてしまいました。

分泌物はありません。
大きさが5mm で浅いところにあるため、針生険はむり。
また、他にもしこりがいくつかあるようです。
乳汁の塊など。
生理があるうちは良性のしこりは沢山できる。
1年後にまた来て下さいで終わってしまいました。

とても1年も待つのは不安で不安でたまりません。
来週22日に田澤先生に診ていただきたく、病院に行く予定です。

シングルマザーで仕事も中々休めません。

メディカルプラザ市川に電話したところ早くて来年の3月とのことでした。

今のままでは、怖いのです。

初診でも、針生険までしていただけますか?
今回受診して出た結果は結局なんだかわからないということですが、癌の可能性はありそうですか?
宜しくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「今週のコラム105,106」を見てもらえば解っていただけるでしょうが、世の中には「細胞診や組織診が上手くできない」乳腺外科医は山ほど居るのです。(技術を磨かずに「MRIに頼る」傾向が、この手の医師には見え隠れします)
きちんと診断されないために、不安をかかえている患者さんが多い事に心を痛めています。

今週のコラム 105回目 「前医で細胞診良性」を信じられない私をご理解ください。
今週のコラム 106回目 「前医でCNB(バネ式)良性」を信じられない私をご理解ください。

「大きさが5mm で浅いところにあるため、針生険はむり。」
⇒こんなことを言っているようでは…
 期待しない方がいいでしょう。(まだMRIを撮りましょうと言わないだけ、救われています)

「来週22日に田澤先生に診ていただきたく、病院に行く予定」
「初診でも、針生険までしていただけますか?」

⇒水曜日(予約外)外来は、止めましょう。

 この日は大変混雑するために、(よっぽど緊急性が高くない限り)沢山の患者さんをお待たせしない様に「当日生検はしない」ことにしています。(まともにやっていたら、かつてのように、日を跨いでしまうことでしょう)
 秘書メールしてもらえば(緊急度に応じた)案内をします。
 

「今回受診して出た結果は結局なんだかわからないということですが、癌の可能性はありそうですか?」
⇒100%無いとはいいきれません。

 だから100%確定診断が重要です。(5mmだから緊急性はないにしても)


秘書室へメールは、
各ページの右上にある 「秘書室へメール」からご相談ください。
もしくは、こちらのリンクをクリックしてください。

 
 





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。