乳がん手術は江戸川病院・東京

[管理番号:6145]
性別:女性
年齢:49歳

田澤先生

初めて質問をさせて頂きます。
いつも乳がんプラザを拝見しながら思うのは、皆さんが、田澤先生のお言葉に支えられ、勇気づけられ、前向きに進もうとされていることです。
主治医の先生の役割は?などと考えていました。

私は8年前に乳がん(右胸)になり温存手術、その後、放射線(30回)、ホルモン治療2年間をやりました。
その際は、腫瘍の大きさ1.1×1.1×0.8cm,
1.1×1.1×0.8cm, リンパ節転移なし、ER(7), PgR(6), HER2 (0), 核グレード2でした。

今年の1月に乳がん(左胸)がみつかり、2月温存手術実施。
その結果、断端陽性になり3月末に再手術(全摘・同時再建)実施予定。
詳細は以下の通り。

・肉眼的な腫瘍の大きさ:1.7×1.4×1.3cm
・浸潤癌の大きさ:1.0×0.9×0.8cm
・Pt分類:Pt1b
・in situ病変を含めた大きさ:3.2×2.3×1.3cm
・HER2 :FISH(2+ ?陽性)
・ER(7), PgR(7)
・Ki67 index:35%程度
・E-cadherinは陰性→浸潤性小葉癌。

・核グレード3
・乳管内病変の程度(++)
・リンパ癌侵襲:1y0
・静脈侵襲:v1
・リンパ節転移:陰性、センチネル(0/3)

以下の点、教えて頂きたく宜しくお願いいたします。

1) 今回、原発性ではあるものの、2回目の乳がんになります。
また全摘(左胸)を予定していますが、今後の再発・転移対策として検査はどの程度(検査内容・頻度)実施したらよいのでしょうか?
また食生活も含めてどのような対策をしたらよいのでしょうか?

2) 今回、本来はおとなしいはずの小葉癌にもかかわらず、私の場合は核グレード3、及びHER2陽性となります。
全摘を予定していますが、ハーセプチン(+抗がんがん剤)、及びホルモン剤(5年?)が必要になるかと思います。

仕事をしながらの治療を予定しているので、抗がん剤の副作用がなるべく小さい方法での治療ができないか、考えています。
どのような治療が最適でしょうか?(勿論、治療効果がないような治療はする必要はないことは承知しておりますが)

3) 抗がん剤は体へのダメージが大きいと認識しています。
それでもメリットのほうがでデメリットを上回ると理解して進めるべきなのでしょうか?

以上、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「検査はどの程度(検査内容・頻度)実施したらよいのでしょうか?」
⇒ホルモン療法で3カ月に1回通院するのだから、3カ月毎に診察エコーしてもらうといいでしょう。(採血は半年)

「また食生活も含めてどのような対策をしたらよいのでしょうか?」
⇒特別なものは不要です。

「ハーセプチン(+抗がんがん剤)、及びホルモン剤(5年?)が必要になる」
⇒「・HER2 :FISH(2+ ?陽性)」という表記が曖昧ですが…

 HER2 2+でFISHを行い「陽性」だったということならば、そうなります。

「どのような治療が最適最適でしょうか?」
⇒非アンスラサイクリンレジメン(TC+HER, weekly PTX+HER)など。

「メリットのほうがでデメリットを上回ると理解して進めるべきなのでしょうか?」
⇒勿論です。
 抗HER2療法は再発率を半分にするのです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。